姫君・若君の運動会 雨予報の週末も嬉しい誤算

投稿日:

どうもガチろっくんです。

日程上の問題で昨年と全く同じ始まりになりますが、先週末は土曜日がウチの姫君の保育所の運動会、日曜日が若君の小学校の運動会、そしてその後のGⅠシリーズ開幕戦のスプリンターズS、更に締めとなる凱旋門賞観戦に至るまでイベント続きで大忙しでした!!

前夜にスプリンターズステークスの予想を、ブログ記事で投稿した管理人ですので、『スプリンターズはコチラ icon-arrow-down 』などと、書きたかったところですが、結果が大外れだったこともあり、むやみに傷口を広げるだけですので、今回は自重しておきます。

 

凱旋門賞もまた、期待が大きかったマカヒキでしたが、結果は14着惨敗となり、非常に残念な成績に終えてしまいました。

いつまで経ってもなかなかたどり着けない凱旋門賞の頂点ですが、日本馬のレベルは世界でも最高峰なので、これからもチャンスの有る馬には積極的に挑戦させ続けてもらい、近い将来には競馬関係者全ての夢を叶えて欲しいものです。

 

というわけで、週末が多忙なこともあり、釣りネタの記事作成に取り組めませんでしたが、姫君と若君の運動会の様子については思い出の記録として残しておきたいので、少しだけ筆を走らせておこうと思います。

 

スポンサーリンク

姫君・若君の運動会 雨予報の週末も嬉しい誤算

まずは、完全な雨予報で、開催は絶望的だと思われた、10/1(土)の姫君の保育所の運動会ですが、蓋を開けてみれば、まさかの【曇り後、正午前には晴れ】。

事前に『多少の雨なら開催します』とのいつもの保育所のスパルタ方針に、ずぶ濡れも覚悟していたわけですが、夜明け前には深夜の大雨が嘘のように去ってしまいました。

 

そして、無事に運動会開催の号令とともに、今や年長組となった姫君が・・・の音楽に合わせて、太鼓エイサーでオープニングを飾ります。

 

太鼓エイサー

太鼓エイサーでオープニング

年長者がオープニングを飾るのは、この保育所のお決まりですが、保育所での運動会そのものが、例年のことながら、卒園を控えた年長者の成長の披露の場という感じがします。

というのも・・・

 

黒ずくめの年長者

黒ずくめの年長者

これまで過去に若君の運動会の時も含めて、この黒ずくめの衣装を5度見てきました。

この黒で統一した衣装は、年長者のみに与えられた正装であり、子供たちが立派に成長した証なのだと管理人は思っています。

それは、年長者はこの運動会開催中、自分達の出番以外にも、下の子達の競技や遊戯中のサポート役も行っています。

まさに黒子のように運動会を支え、表の主役と影の脇役をこなす姿に、子供の成長を感じない親はいないでしょう。

この黒ずくめを見て思い出したわけではありませんが、ウチの子供たちにとってだけでなく、管理人にとっても、これが最後の保育所での運動会なんだと思い起こすと、少しセンチな気分になります。

 

自分の出番以外にも、時折サポート役で登場する姫君を写真に捕らえ、愛らしい運動会は順調に進んでいきました。

そして、締めに近いところで、年長者のリレーが始まりました。

 

リレーで躍動する姫君

リレーで躍動する姫君

普段はおっとりしていて、運動嫌いの姫君ですが、いざスタートを切れば意外にも様になっています。・・・決して速くはないのですが。

こういったイベントへ参加すると、口の聞き方が悪くなったり、言うことを聞きにくくなったりと、日常の生活で感じる子供の変化とは、異なる子供の成長を感じさせてくれます。

休みの日以外はほとんど接する時間のない、姫君の成長した姿を堪能できた一日となりました。

 

そして、翌10/2(日)は若君の小学校の運動会へ行ってきました。

この日はお天気の心配もいらず、むしろ陽が射している中で観戦していると、日焼けするほどのお天気で、見ている方も少し疲れました。

 

個人走

個人走でロケットスタートを見せた若君

若君の最初の出番は個人走でしたが、スタート直後にロケットスタートを決め、一瞬期待を抱かせられましたが、大外からのスタートで距離損をしたこともあり、カーブで内から抜かれて残念ながら3着に終わりました。

だいたいいつも通りの結果といったところで、管理人は特に驚きもありませんでしたが、本人は少し悔しそうにしていました。

もしかしたら練習では、もう少しやれていたのかもしれません。

 

若君の演技

若君の団体演技

午前中には、もう一つ団体演に参加しました。

こちらもいつものことですが、常に撮影している管理人の方を気にしており、時折手を振ってきます。

なんともまあ、演技に集中しないのは困ったものですが、カメラやビデオを構えている管理人にとっては、ベストショットを取る良い機会が提供されます。

そして、ここで意外だったことが一つ、この演技で流れた音楽なのですが、前日の姫君のエイサーで流れた音楽とまったく同じものでした。

楽曲名は奥方様も知らないと言っていましたが、偶然なのか?、流行っているのか?、あるいは定番なのか?

 

更に午後からも、一つ競技に参加しましたが、こちらも無難に終え、子供達は勝った負けたで大騒ぎです。

最近は競技結果に優劣を付けることに否定的な意見もあり、特に保育所などでは、みんなでゴールなどという取り組みを行うところもあるようですが、馬鹿げていると思います。

勝って大喜びする子、負けて悔し泣きをする子、その子の個性によって様々な感情を顕わにしますが、いずれも子供たちに取って大切な経験になることだと思います。

協力すべきは協力し、競い合うべきは競い合う、そして、良いことをすれば褒め、悪さをすれば叱る、ウチの子達は当たり前のことを当たり前に行ってくれる保育所と小学校に通わせることが出来てホントに良かったと思います。

 

少し話が逸れてきましたので、このあたりにしようと思いますが、今年もまた無事にこの秋の運動会イベントで、子供の成長を目の当たりに出来て良かったと思います。

来年からは姫君も小学校にあがるので、運動会の観戦は一日だけになりますが、現在の心境は、楽になって嬉しい気持ちと、物足りなさで残念な気持ちが半々といったところでしょうか・・・

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-気まぐれ日記
-, , ,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 AllRights Reserved.