WordPressブログのカスタマイズ【お問い合わせ】フォームの設置

投稿日:2016年6月11日 更新日:

本記事はWordPressやプラグインのバージョンアップに合わせた更新を行っておらず、情報が古くなっているおそれがあります。

記事は引き続き掲載しますが、その点ご理解頂いた上でご参照下さい。

 

【釣りのネタ帳】では、管理人が行ったFC2からWordPressへ引越し(移転)方法と、ブログサイトのカスタマイズ方法について、順次紹介しています。

過去の紹介内容はコチラからどうぞ

icon-book FC2からWordPressへのブログ移転(引越し)方法のまとめサイト

 

今回はブログを運営するうえで、是非とも用意しておきたい【お問い合わせ】フォームの作成方法について紹介します。

ここで紹介する方法は、多くのブロガーに利用されているプラグイン【Contact Form 7】を用いて作成する方法になりますが、シンプルかつ必要条件を満たしたものです。

これからブログを始める初心者さんでも、簡単お手軽に設定できる方法ですので、【お問い合わせ】ページの作成を考えておられる方は、是非ともご検討下さい。

 

スポンサーリンク

プラグインContact Form 7を用いた【お問い合わせ】ページの作成方法

【釣りのネタ帳】お問い合わせメニュー

上図は当ブログサイトのトップページになりますが、ドロップダウンメニューの右隅に【お問い合わせ】タブを設置しています。

こちらをクリックすると、以下のようなページが開かれます。

 

【釣りのネタ帳】お問い合わせページ

ご覧頂けば分かるように、読者の皆様からの質問や感想、指摘や要望などを受け付けるフォームになります。

読者様からの声は、ほとんどが記事そのものに対してのものであり、通常はコメント機能を使って伝えられます。

当サイトへも読者様からのお問い合わせを頂くことは稀ですが、一応サイトの運営者として高い意識を持つために、このようなお問い合わせフォームを用意しています。

それでは順を追って、当サイトで設置している【お問い合わせ】ページの設定手順について紹介します。

 

プラグイン『Contact Form 7』のインストール

お問い合わせ設定(1)

まずは、WordPressに『Contact Form 7』をインストールするところから始めます。

WordPressの管理画面で、『プラグイン』タブの『新規追加』を選択します。

 

お問い合わせ設定(2)

新たなプラグインを探すページに移りますので、画面右上のプラグインの検索窓に『contact form 7』と入力し、Enterキーを押します。

検索用語は、contactだけとかですと、様々なプラグインを無数に拾ってきますので、全て入力した方が手っ取り早いです。

Contact Form 7が見つかれば、『今すぐインストール』ボタンをクリックし、WordPressにプラグインを導入しましょう。(上図は、管理人はすでに導入済みなので、ボタンは『インストール済み』となっています。)

 

お問い合わせ設定(3)

インストールが完了しましたと出れば、『プラグインを有効化』ボタンをクリックします。

なお、管理人がこのプラグインを導入した際のバージョンは4.2.2.でしたが、は現在(2016年6月)では4.4.2が最新バージョンとなっています。

このバージョンはWordPressの必須バージョンが4.3以降となっており、現在4.5との互換性も確認済みですので、管理人も4.4.2に更新済みです。

以上で、WordPressへの『Contact Form 7』の導入は終わりです。

 

Contact Form 7を使った【お問い合わせ】フォームの設定

それでは、早速【お問い合わせ】用のフォームを設定していきましょう。

 

お問い合わせ設定(4)

WordPressの管理画面の中にで、新たに『お問い合わせ』というタブが作成されていますので、この中から『新規追加』を選択します。

 

お問い合わせ設定(5)

日本語で良いと思いますので、『新規追加』ボタンをクリックします。

万一言語を選択する場合は、リストの中から目的の言語を選択し、リストの横にある『新規追加』ボタンをクリックしましょう。

 

お問い合わせ設定(6)

コンタクトフォームを設定する画面が表示されます。

まずは、一番上の入力項に作成するコンタクトフォームの名前(タイトル)を入力します。

ここで入力したフォーム名は、ユーザーの目には触れませんので、自身が分かり易い名前で良いでしょう。

上図は、『フォーム』タブが開かれた状態ですが、ここはフォームに表示させる内容の設定(15種類の中から選択)を行う画面です。

既にデフォルト設定で、以下のものが表示されます。

  • 送信者の『お名前』
  • 送信者の『メールアドレス』
  • メッセージの『題名』
  • 問い合わせの『メッセージ』
  • 問い合わせの『送信ボタン』

このうち、『お名前』と『題名』は【テキスト】タグから、『メールアドレス』は【メールアドレス】タグから、『メッセージ』は【テキストエリア】タグから、『送信ボタン』は【送信ボタン】タグから、それぞれ作成されたものです。

他にもたくさんの設定項目が用意されていますので、必要性に応じてフォームの中から各種タグの設定を試してみましょう。

ここではお問い合わせフォームの作成であり、デフォルト設定で必要十分な項目が設定されていますので、このまま次へ進みましょう。

 

お問い合わせ設定(7)

次に『メール』タブをクリックして内容を確認します。

ここでは、問い合わせが発生した際の、メールの受け取り設定を行います。

  • 送信先
  • 送信元
  • 題名
  • 追加ヘッダー
  • メッセージ本文
  • ファイル添付

いずれも、デフォルトで既に入力されており、このままでも十分に使用できます。

なお、送信先はWordPressの一般設定ページで入力されているものが採用されています。

いずれも、[your-name]、[your-email]、[url]、[your-subject]、[your-message]のメールタグが使用できますので、このタグとテキストを組み合わせて自分好みの受け取りメールにすれば良いでしょう。

管理人はメール設定は特に触らず、デフォルトのまま使用しています。

 

お問い合わせ設定(8)

更に『メッセージ』タブをクリックして内容を確認します。

こちらは内容を確認して頂ければ分かると思いますが、ユーザーがメッセージの送信ボタンを押した際に、ユーザーに返信される文章になります。

様々なケースに応じた返信文章になりますが、こちらも自分好みのものに変更しても良いでしょう。

 

お問い合わせ設定(9)

最後は『その他設定』タブになります。

こちらでは、カスタマイズのコード設定することにより、お問い合わせ直後の行動を指定することが出来ます。

最も有用な使い方としては、指定したURLへ飛ばし、正しく送信されたことの確認や次の行動を促すようにできることでしょうか。

作成するフォームの内容と、指定先のページ内容で使い途は多種多様です。

お問い合わせフォームには特に必要としないと思いますので、何も設定せず、このままとします。

最後に『保存』ボタンをクリックし、設定情報を保存しましょう。

 

Contact Form 7を使った【お問い合わせ】ページの作成

それでは、【お問い合わせ】用のフォームの設定情報を使い、【お問い合わせ】用のページを作成します。

 

お問い合わせ設定(10)

【お問い合わせ】用のページは、固定ページで作成すれば良いでしょう。

WordPressの管理画面で、『固定ページ』タブの『新規追加』を選択します。

なお、先ほどコンタクトフォームの設定情報を保存しましたが、その際に、コンタクトフォームの名前の下あたりに、『ショートコード』が表示されるようになりました。

この『ショートコード』は、ページの作成に必要になりますので、コピーしておきましょう。

 

お問い合わせ設定(11)

固定ページの作成画面を開けば、まずは本文中に先ほどコピーした『ショートコード』を貼り付けましょう。

なお、タイトルはページ上部に表示されるタイトルになりますので、このページが【お問い合わせ】フォームであることが分かるようなタイトルを入力しましょう。

また、上図のように一言添えて、お問い合わせの行動を促すような文章を記載しておいても良いでしょう。

内容の入力が終わりましたら、パーマリンクの設定の確認を行い、問題なければ『公開』ボタンをクリックし、ページをましょう。

 

お問い合わせ設定(11)

作成した【お問い合わせ】ページは、ブログサイト上のメニュータブにリンクさせておくのが良いでしょう。

ですので、WordPressの管理画面で、『外観』タブの『メニュー』を選択し、ここに作成した固定ページを設定します。

メニューの設定が終われば、ブログサイト上のメニューの中に作成された『お問い合わせ』ボタンをクリックし、作成済みのページを確認してみましょう。

 

お問い合わせ設定(12)

先ほど【お問い合わせ】フォームの設定で行ったものが、開いたページの中に表示されています。

上図の表示は全てデフォルト状態のものです。

特に設定を変えなくとも、コンタクトフォームの名前さえ入力し保存すれば、上図の様なフォームが出来上がります。

これにひと手間、ふた手間加えることで、見栄えやスパム対策の機能も加えることが出来ます。

この辺りは、また別に機会があれば紹介しようと思います。

 

以上で、【お問い合わせ】フォームを設定したページの作成方法の紹介を終わります。

ここでは『Contact Form 7』を、お問い合わせフォームの作成の紹介だけに使用しましたが、それ以外にもアンケートフォームや募集フォームなど、ユーザーからサイト管理人へ直接アクセスできる様々なページを、簡単に作成することが出来ます。

また、利用者が多いことから、様々なフォームの設定方法が数多く紹介されているプラグインでもあります。

使い勝手が良く有用、かつ初心者にも使い易いプラグインですので、これからブログサイトの構築を考えられている方は、導入を検討されてはいかがでしょうか。

 

ここで紹介したカスタマイズは、あくまで自己責任で行って頂きますようにお願いします。

新しいプラグインをインストールしたり、サイトのカスタマイズを行う前には、可能な限り事前にバックアップを取ったり、子テーマを作成してから記述を行うなど、十分に注意を払って行うことをお勧めします。

 

【ブログ移転のまとめサイト】

icon-book FC2からWordPressへのブログ移転(引越し)方法のまとめサイト

 

サイトの新規開設や移転を検討されている方は、ドメイン無料キャンペーンを行っているタイミングでのエックスサーバー(XSERVER)がお薦めです。

内容確認のうえ、サーバーレンタルの検討をされてはいかがでしょうか。

ドメインの取得(追加取得)を考えている方はコチラ icon-arrow-circle-down

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-WordPress
-, , ,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 AllRights Reserved.