【天皇賞(秋)】ガチ予想 過去傾向重視も変調を訴えかける感性!!

投稿日:2015年11月1日 更新日:

どうもガチろっくんです。

【釣りのネタ帳】恒例のGⅠ前夜予想を始めます。

 

その前に、管理人の今シーズンのGⅠ競馬の成績を発表しておきます。

菊花賞を終えた段階で・・・

・秋シリーズ 3戦2勝1敗(3的中) 収支プラス26,510円

・2015年トータル 14戦6勝8敗(8的中) 収支マイナス16,050円

 

秋シリーズは3戦3的中で、狙いの3連単も菊花賞でようやく的中した。

今週は良い流れを継続させたいところだが、果たしてうまくいくだろうか!?

 

 

それでは早速・・・

 

 

スポンサーリンク

天皇賞(秋)の展望

2015年のGⅠ15戦目となる天皇賞(秋)

コースは東京の芝2000mで行われるが、毎年このレースを迎えると思い出すのが、栗毛の快速馬サイレンススズカの最後の雄姿。

同レース出走馬の全てが、この馬へ挑戦することを諦めたレース運びをしていた。

管理人は未だこの馬以上に好きになった馬はいないが、同時に競馬史の最強馬の一頭だということを信じて疑わない。

 

奇しくも今年、武豊が騎乗するエイシンヒカリも快速を活かした大逃げ馬。

折り合いの心境が伺え、少し落ち着いたレース運びをするようになったのは面白くないが、果たして今回はどのようなラップを刻んでいくのだろうか・・・

 

 

天皇賞(秋)はそのコース形態や、3歳馬と古馬の力の比較が難しいレースであり、波乱の多いレースだ。

近年も単勝10倍以上の馬の優勝が続いており、今年のメンバーなら同傾向は続く可能性は十分にある。

GⅠホースも数頭いるが、何かしら不安要素があり、信頼に足る馬が少ない。

一番人気を争うラブリーデイの川田が騎乗停止で、浜中へ変更になったことも、何やら暗雲立ち込めているような気がしてならない。

 

もう一つ、このレースで波乱が多いのは、GⅠ実績馬が秋3戦を続けて使うために、叩きのレースに選択することが多いということも関係している。

このステップを踏む馬は歴史に名を残すほどの名馬が多いのだが、今年は現時点でそこまでの馬は見あたらない。

3歳馬や遅咲きの馬が活躍するレースでもあるので、GⅠの過去実績に拘らず、今現在上り調子の馬を狙うのが正解かもしれない。

 

 

中距離重賞の実績馬は多いので、東京限定で考えて候補を絞る

強豪が集う天皇賞なので、馬券圏内に来ようと思えば、芝中距離の重賞実績は必要だ。

ただし、この条件で切り捨てられる馬はいない。

ここを使うレベルの馬は、ほとんどが何らかの中距離重賞の実績を持っているからだ。

 

この条件で絞るなら、東京の中距離重賞に絞ってやる必要がある。

これにより、有力馬の中からも取捨選択の対象に上がってくる馬が出てくるのだが、この条件を適用すると、管理人の狙い目が消えてしまいそうなので、ここはそっと目を瞑ろうかとも考えている。

 

 

外枠の不利はコース改修後も変わっていない

東京2000mはスタート後にすぐコーナーが控えているため、外枠の先行馬は不利だ。

コース改修前に比べれば随分マシになったが、外枠が不利だという証拠は、過去の成績として表れている。

今年は7枠、8枠に入った先行馬はイスラボニータだけで、この馬は自在性が高く、本レースは先行馬自体も少ないので、今回それほど大きな有利不利はなさそうだ。

 

 

本番へのレース過程は、宝塚記念と毎日王冠だが・・・

天皇賞(秋)に挑戦するなら、直近のレースには宝塚記念と毎日王冠を選択するのが王道だ。

今年は宝塚記念からの直行組がいないが、天皇賞(春)とダービーからの直行組が2頭いる。

当然休養明けになるので不利は否めないが、前述の名馬と呼べるほどの馬になる見込みがある馬なら、青田買いをするのも悪くはないだろう。

 

問題は例年通りに毎日王冠組を、予想の組み立ての中心にするか否かだ。

本来であれば、毎日王冠組で、なおかつ馬券圏内に来ている馬を選択すれば、好走率はなお上がる。

ただし、今年の毎日王冠のレースレベルは程々で、上がりが早い馬が非常に多く、後方一気の馬には不向きな展開であった。

あまり着順に捕らわれ過ぎると、密かに好走していた馬を見逃しかねない。

本番が200m長く、一伸び利く馬と利かない馬が出てくることも考慮したい。

 

これ以外のステップを踏む馬にも、高いレベルのレースをしてきた馬がいる。

これらの馬はいずれも人気薄になるだろうから、狙いとしては面白いが、上記の過去傾向の条件からは逸脱した馬が多い。

管理人としては、爆穴(★)として取り上げることを検討した。

 

どうやら今年の天皇賞は、過去傾向だけではとても絞り切れない。

過去傾向を信じると人気馬も馬券対象から外すことも可能だが、素直にズバズバ切って良いものか疑問に感じる。

『今年の天皇賞は何か違うなぁ・・・』と感じる点もあるので、総合的に判断して一捻りした予想を立ててみようか・・・

 

 

では、【ろっくんのガチ予想】を披露しましょう。

 

 

天皇賞(秋)【ろっくんのガチ予想】

 

【天皇賞(秋)】ろっくんガチ予想

akiten-2015-01

 

 

管理人の本命(◎)は【ショウナンパンドラ】

管理人自身も、まさかこの馬に本命を打つとは思わなかった。

新しい女傑の誕生を願う思いもあるが、それ以上に今年のメンバーなら、追って確実な末脚を持つこの馬で十分足りるのではないかと感じたためだ。

 

対抗(〇)は素直に前哨戦を圧勝した【ラブリーデイ】

宝塚記念では本命(◎)を打ったが、本番に繋がらないステップを選んだのと、鞍上の乗り替わりで少し割り引いた。

何が悪いという訳ではないが、狙いは次のレースのような気もする。

 

単穴(▲)に外目の枠を引き、少し人気を落とし気味の実力馬【イスラボニータ】、連化(△)に9戦8勝でケチの付けようがない【エイシンヒカリ】とした。

 

その他、穴(✕)には何を見ても『内枠有利』と持ち上げられた内枠の3頭【ディサイファ】と【アンビシャス】と【サトノクラウン】、爆穴(★)には実績十分の【ラストインパクト】、密かに前走好走で鞍上も魅力の【ダービーフィズ】、香港成績が胸を張れる【ステファノス】の3頭とした。

 

この中から6頭を選ぶのに四苦八苦したが、最終決断とした【ろっくん3連単の買い目】を披露しましょう。

 

 

天皇賞(秋)【3連単6頭BOX前夜購入分】大公開!

 

akiten-2015-02 

 

今回の3連単BOXの買い目は、印通りに【◎】【〇】【▲】【△】と、【★】から2頭の計6頭とした。

 

大方の予想はスタートが遅い馬もいるのに、内枠有利説ばかりを取り上げているので、それに反発して敢えて外枠から順番に6頭を選んでやった。

ただ管理人としては、無茶をしているように見えて、それなりに良い組み合わせだとも感じている。

 

 

2015年GⅠ秋競馬【ガチろっくん】の成績

総合成績:3戦2勝1敗(3的中) プラス26,510円

 

スプリンターズSの予想・購入実績はコチラ icon-arrow-circle-down

【スプリンターズS】ガチ予想 秋緒戦は難解な一戦もレース傾向で勝負!!

投資金額18,000円 的中払い戻し11,100円 マイナス6,900円

 

秋華賞の予想・購入実績はコチラ icon-arrow-circle-down

【秋華賞】ガチ予想 出走過程が結果に直結するレースは傾向で勝負!!

投資金額18,000円 的中払い戻し22,790円 プラス4,790円

 

菊花賞の予想・購入実績はコチラ icon-arrow-circle-down

【菊花賞】ガチ予想 素直に2強を信じて相手の穴馬を探すのが正解か!?

 投資金額18,000円 的中払い戻し46,620円 プラス28,620円

 

 

明日はもしかしたら釣りに行くかもしれない。

出掛けなければパドックを見てから、馬連や3連複を追加するつもりだが、出掛けることになると・・・追加分を購入するのに、また迷うことになるなぁ・・・

 

今回はかなりの混戦だと予想するが、秋GⅠシリーズは3戦連続で的中しているので、この勢いだけは継続させたいところだ。

 

 

いつものように、レース後には購入結果を本記事への追記というカタチで発表する予定なので、時間があればまた覗いて下さい。

 

 

ではまた・・・

 

下記に追加購入分と予想結果を追記しました(2015/11/01)。

 

 


波乱の多い天皇賞(秋)で、出走馬の力の比較が難しく、混戦と言われた2015年度の天皇賞(秋)は、道中前目の内々で多少掛かりながらも力を溜めた、一番人気の【ラブリーデイ】が、直線早め先頭から後続を完封し、GⅠ2勝目を手中に収めた。

鞍上の【浜中俊】は同馬とのコンビは久方ぶりだったが、騎乗停止になった川田将雅の代打を見事に務め、GⅠ7勝目となった。

 

1着 ラブリーデイ

2着 ステファノス

3着 イスラボニータ

 

2着には中団から外々を周り大外強襲、香港GⅠ2着がフロックでないことを証明した【ステファノス】が、3着には今日は中団から末脚を伸ばしたこの舞台を得意とする【イスラボニータ】がそれぞれ入った。

 

大方の逃げ予想はエイシンヒカリだったが、今日はクラレントが鼻を制した。

いずれにしてもエイシンヒカリの気性の成長が展開を遅くさせた。

勝ったラブリーデイは横綱相撲で、今日の展開なら勝って当然だろう。

 

しかしながら、展開が遅いにも関わらず、前目の馬は残れなかった。

直線で脚を伸ばしたのは、外目を周った差し馬ばかり。

アチラコチラで内枠有利が囁かれていたが、今回これに騙された人は多いだろう。

 

さて、ろっくんガチ予想の結果はというと、〇→★→▲となり、本命を打ったショウナンパンドラは鼻差の4着に甘んじてしまったが・・・

 

追加で購入した馬券も含めて結果発表といこう!

 

 

元記事の3連単に加え、追加購入した分はコチラ⇩

 akiten-2015-03

 

前日に購入した3連単が見事に的中して、1093.1倍×100円=109,310円の払い戻し

本日追加分に関しては、馬連二頭軸で流していたのだが、遊びの3連複を購入したことから、予算の6,000円をオーバーしたため、8番流しを数頭切ったのだが、切った中に14番が入ってしまってオーマイガッ!!

 

結局合計18,000円の購入に対し、109,310円の払い戻し

本レースの収支はプラス91,310円だった。

 

 

今日の馬場、決定した各馬の枠順で、なぜにあれほどに内枠有利が持ち上げられたのか分からない。

管理人としては昨日の記事に書いたように、内枠有利に反発しての馬券購入になったが、今回はそれが功を奏したようだ。

運も味方したカタチでの的中となったが、秋GⅠシリーズの4戦連続的中も達成し、5年連続総合勝ち越しにも大きな一歩を刻んだ。

 

では次回、エリザベス女王杯でお会いしましょう・・・

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-2015年ガチ予想
-

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 AllRights Reserved.