2016年GⅠ天皇賞(秋)【ろっくんガチ予想】

投稿日:2016年10月29日 更新日:

どうもガチろっくんです。

先週の菊花賞では、秋シリーズ待望の一勝(いやいや、収支はマイナスなので、正確には一的中か・・・)を挙げ、少しばかりホッとしています。

余計な前置きをしなかったのが良かったのか、験を担いで先週と同じスタンスで望みます。

 

・・・っと、まずは、その前に載せたくもない管理人の今シーズンのGⅠ成績(菊花賞終了時点)を発表をしておきます。

・秋シリーズ 3戦0勝3敗(1的中) 収支マイナス36,950円

・2016年トータル 14戦3勝11敗(8的中) 収支マイナス126,920円

 

日々積み重なるマイナス収支の怖れに負けず、今夜も腹をくくって、恒例のろっくんガチ予想を始めます。

 

スポンサーリンク

天皇賞(秋)の展望

2016年のGⅠ15戦目となる天皇賞(秋)

コースは東京の芝2,000mで行われるが、昨年も書いたように、毎年このレースを迎えると思い出すのが、栗毛の快速馬サイレンススズカ

管理人の競馬の歴史の中でも、飛び抜けて愛した馬、同時に競馬史の最強馬の一頭だということを信じて疑わない馬。

今年も武豊が騎乗するエイシンヒカリが出るが、昨年は少しばかりヤンチャだったこの馬に大逃げの期待もしたが、レースが始まるとまさかの番手・・・

確かに折り合いに心境を見せ始めてたとはいえ、あの好メンバーの中で、GⅠ未勝利のチャレンジャーがするレースではなかった。

今年はGⅠの勲章を二つ持っての出走であり、昨年とは立場が違うが、あの武豊のレースぶりを見てしまうと、もはや逃げ馬では、武豊に勝利の芽はないとさえ思えてしまう。

天にいるサイレンススズカは、さぞ嘆いていることだろう。

管理人はこれといって、エイシンヒカリに魅力を感じている訳では無く、特別応援しようとも思っていない。

ただ、奇しくも今年は1枠1番に入った・・・『天皇賞(秋)は逃げては勝てない』などの統計情報は関係ないし、武豊にはメイショウサムソンやウォッカのような優等生の勝利はもう十分見せてもらった。

管理人が見たいレースは、他馬に影をも踏ませぬ玉砕覚悟の逃げだ!!

この天皇賞(秋)で、武豊が引退する前に、武豊が乗る馬で、もう一度大逃げの夢のその先にあるものを見れたら、馬券など外れてもきっと一生涯記憶に残るレースになるのになぁと思う。

 

果てさて、予想に入ると言っておきながら、ついつい自分の世界に入ってしまったが、それでは本題に戻ろうと思う。

天皇賞(秋)はそのコース形態や、2kg軽い3歳馬と古馬の力の比較が難しいレースであり、波乱の多いレースだ。

昨年こそラブリーデイが1番人気に応えたが、絶好調時だっただけでなく、前述のエイシンヒカリが控えたことによる展開の利もあった。

GⅠ実績馬が秋3戦を続けて使うために、叩きとして本レースを選択するケースが多いのも波乱の要因になっている。

ところが今年はどうしたんだろう!?

GⅠ実績馬が秋3連戦を考えているであろう馬は少なく、また、予想を難しくさせる3歳馬の出走がない。

どうにも、今年は例年の天皇賞(秋)とは風向きが違っていそうだ。

これといった上がり馬も見当たらないことから、素直にステップレースで順調に好成績を残した実績馬を狙えば良いのではなかろうか。

 

マイラーには長く、ステイヤーではスピードが足りない天皇賞なので、馬券圏内に来ようと思えば、当然のごとく芝中距離の重賞実績は必要だ。

今年は特に中距離に実績を持つ有力馬が揃ったので、あまり気にすることはないのかもしれないが、東京と他場の2,000m前後のレースを同一のクラスとして扱ってはならない。

スピードとパワーの兼備が必要なこのコースでの実績は、ワンランク上のものと考えて差し支えないだろう。

今年の実績馬の中で、この条件をクリアしていないモーリス、これだけの実績馬なので、決して軽んじることは出来ないが、これだけで当馬に重き印を打つ理由は失する。

 

因みに、このコースで外枠が大きな不利になる、特に先行馬は致命傷に成りうる、というのは誰もが知るところだろう。

コース改修前に比べれば随分マシになったというが、結果を遡れば明らかに不利なのは変わりない。

コース改修時に、どうしてもう少しうまくやらなかったのかといっても後の祭りなので、ここはその特性を利用して、素直にディフェンディングチャンピオンのラブリーデイの評価は下げたい。

昨年は内枠有利説に反旗を翻し、外枠中心の馬券構成で見事に三連単をゲットしたが、管理人なりに様々な理由があった。

今年は馬の並びをみても、普通に内枠有利だろうし、大外のラブリーにとっては、気性的なところも含めて試練となるだろう。

ルメールがいくら上手く乗っても、直線の叩き合いで競り落とされるイメージが付きまとうが、果たしてどこまで頑張れるか。

 

そして例年のことだが、天皇賞(秋)に挑戦するなら、直近のレースには宝塚記念と毎日王冠を選択するのが王道だ。

ところが、昨年は宝塚記念からの直行馬はおらず、今年も唯一の宝塚記念直行がサトノクラウンだけと寂しい。

海外遠征が頻繁になり、この辺りの図式は今後改められる部分かもしれないが、そうなれば毎日王冠組の独壇場に成りうるかもしれない。

レースレベルに疑問のついた昨年ですら、2着と3着にステファノスとイスラボニータの穴2頭が飛び込んだ(穴と呼ぶには忍びない実力馬2騎だが、昨年は出走馬のレベルが高く、この2頭の人気順は10番と6番だった)。

本レースでは毎日王冠上位組と、海外GⅠの実績馬の間で人気は割れることから、素直に毎日王冠組から買っても、配当的な妙味は期待できそうだ。

それとも、好騎乗が目立つ福永祐一を配した、唯一の宝塚記念直行のサトノクラウンを敢えて狙うのも面白いか。

 

なお、人気薄で狙うなら、上がり馬のいない今年は、やはり昨年の勝ち馬も出した京都大賞典組ということになるが、ラブリーは前述の通りだし、アドマイヤデウスは東京の実績が無いのが気がかりだ。

どうやら、過去傾向で勝負する管理人としては、あれこれ書いているうちに、必然的に狙いが定まったようで、毎日王冠組の人気の2頭から・・・相手はなるべく中穴が欲しいが、押さえるべきは押さえる必要があるという結論になりそうだ!!

では、【ろっくんのガチ予想】を披露しましょう。

 

天皇賞(秋)【ろっくんガチ予想】

天皇賞(秋)ガチ予想

 

管理人の本命(◎)は怪物牝馬【ルージュバック】

強き牡馬を相手にする姿こそが、この怪物の本来の姿であり、遅すぎたGⅠの勲章を、世界に名を轟かせている相手から勝ち取る!

上がりの競馬になっても十分やれることを前走で証明し、本番では距離、状態に幾分の不安要素もあるが、それを乗り越えてこそのGⅠ戴冠だ!!

 

対抗(〇)は切れ味だけで鳴り物入りした昨年とは違う、今が充実期と思える【アンビシャス】

前走毎日王冠でのルージュとの叩き合いは、甲乙付けがたいものであり、レースにならなかった宝塚記念を除く今年の3戦、相手もさることながら、すべて異なる競馬場の中距離戦でみせた安定の豪脚は、軸としての信頼に値する。

 

単穴(▲)には前述の通り、宝塚記念から直行してきた実力馬【サトノクラウン】、連化(△)には中距離実績は乏しいが、これ以上印を下げることは避けたい【モーリス】とした。

 

その他、穴(✕)は昨年の天皇賞1着馬と2着馬ながら、外枠を引いてしまった【ステファノス】と【ラブリーデイ】、★(爆穴)には昨年とは仕上がりが違う【アドマイヤデウス】と、切れ合いなら決して引けを取らぬ【ヒストリカル】とした。

 

本レースでは、本命と対抗以外は、狙ってみたくて積極的に印を打つというよりも、狙いたい馬がいないので、仕方なく順位を付けたという消極的な予想になってしまったのが、正直なところだ。

いずれが好走してもおかしくなく、凡走してもおかしくない、人気が割れているのがそれを象徴しているのだろうが、三連単を的中させるには幸運も必要か!?

最後に、【ろっくん3連単の買い目】を披露しましょう。

 

天皇賞(秋)【ろっくんの買い目】

・3連単BOX 100円

[3]-[4]-[8]-[9]-[14]-[15] 12,000円

・馬連

[3]-[4]-[9] 1,000円BOX 3,000円

[9]-[3],[6],[8],[11],[14],[15] 500円流し 3,000円

合計金額:18,000円

 

今回の3連単は、『◎』『〇』『▲』『△』と、『✕』から2頭の合計6頭とし、珍しく『★』(爆穴)は組み入れなかった。

人気は割れているので、組み合わせ次第では取ってマイナスも大いににありそうだ。

また、馬連は3頭BOXに焦点を絞り、残りは本命ルージュバックからの流しとしたが、ここでも相手に人気馬が来てしまうと儲けも少なそうだ。

『まずは一勝』から『何とか一勝』を目指して取り組んだ先週のレースだったが、結果は『取りあえず一的中』になってしまった。

今度こそ、正真正銘の一勝を勝ち取りたい!!

 

2016年GⅠ秋競馬【ガチろっくん】の成績

総合成績:3戦0勝3敗(1的中) マイナス36,950円

 

スプリンターズS予想・購入実績はコチラ

 icon-caret-square-o-right 2016年GⅠスプリンターズステークス【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中払い戻しなし マイナス18,000円

秋華賞予想・購入実績はコチラ

 icon-caret-square-o-right 2016年GⅠ秋華賞【ろっくんガチ予想】

投資金額18,500円 的中払い戻しなし マイナス18,500円

 icon-caret-square-o-right 2016年GⅠ菊花賞【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中払い戻し 17,550円 マイナス450円

 

レース後にはいつものようにレース回顧と予想結果を、本記事への追記というカタチで発表する予定ですので、また時間がある時に覗きに来てもらえれば幸いです。

 


【レース後追記】(2016年10月30日)

海外で名を轟かせた馬が強いのか、国内で順調にステップを刻みこのレースを目標とした馬が強いのか、近年のGⅠレースはこのような図式になることも多い。

前半61秒を切る程度の遅めのペースに折り合い、直線早めの抜け出しから後続を完封したのは、最終的に一番人気となった世界のマイル王【モーリス】であった。

鞍上の【R.ムーア】は、本年は初来日で1勝目、通算6勝目となるGⅠ勝利となった。

1着 モーリス

2着 リアルスティール

3着 ステファノス

2着には力はあるも安田記念大敗後の休養明けで、人気を落としていた【リアルスティール】が、3着には今年も外目から目を見張る末脚を繰り出した【ステファノス】がそれぞれ入った。

 

まずまずの好スタートを切ったエイシンヒカリ、他馬の干渉もそれほど見られず、好きなペースに引きずり込める展開となったが、武豊が選択したのは5ハロン60.8秒のスロー気味の平均ペース、管理人が当馬に夢見た大逃げは、実現せずに儚く消えた。

遅いペースは逃げるエイシンにとって、決して最適なものではないとの疑問もあったはずだが、武豊が作ったペースはエイシンを大敗させただけでなく、もう一頭の巨頭の勝利を大いに後押ししてしまった。

モーリスにとって唯一の不安要素があるとすれば、東京の2,000m、これを乗り切ってなお末脚を発揮できるかどうかだったが、前述のペースにより全体時計が遅く、上がりだけの競馬ではモーリスのスタミナは消費されず、名手の導きもあり、当馬の切れは鈍らなかった。

そして、2着、3着には外目から最速タイの末脚で、リアルスティールとステファノスが追い込んできた。

スタート直後から末脚勝負に賭けたステファノスは、届かずともきっちりと自分の力を発揮しての3着だろう。

特筆はリアルスティールだが、スタート直後は中団に位置していたのだが、デムーロの操作術で徐々にポジションを下げて、直線手前では後方のステファノスと同じような位置まで下がっていた。

ゴール前では、モーリスの内を狙って差し込もうかというレースぶりであり、休み明けであれほどの末脚を繰り出すとは思いもせず、リアルスティールの自力と合わせて、デムーロの名手ぶりも目立った一戦だった。

 

さて、ろっくんガチ予想の結果を発表すると、→無印→✕となり、またまた大いに見当外れな予想をしてしまった。

3連単も馬連も的中なしで、本レースの収支はマイナス18,000円だった。

 

週を重ねるごとに、寒くなりつつある気候に合わせて、管理人の財布も寒くなっていくばかりで、このままではクリスマスや正月を乗り越えられない。

2回ほど競馬を休止すれば財政状態ももう少し健全になるのだが、この秋GⅠシリーズには【ろっくんガチ予想】の進退が賭かっている。

残りレースには限りがあり、いくら負けてもへこたれる訳にはいかない!!

次回、エリザベス女王杯の【ろっくんガチ予想】でお会いしましょう。

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-2016年ガチ予想
-

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 All Rights Reserved.