2016年GⅠ競馬東京優駿(ダービー)【ろっくんガチ予想】

投稿日:2016年5月28日 更新日:

どうも、ガチろっくんです。

先週のオークスも的中はさせるも、引き続き収支はマイナスという結果となりました。

ただ、レースの結果は過去傾向に則ったものとなり、この負け越し中においても、素直に自分の予想スタンスに従い、奇を衒わずに買えたたことはプラスだと思っています。

今回のダービーについては、過去傾向を中心とした予想スタンスよりも、気になる馬を好きなように買いたいところですが、一応はいつも通りの予想はしておこうと思います。

 

まずは、2016年度の管理人のGⅠ成績を紹介しておきます。

牝馬優駿(オークス)を終えた段階で・・・

icon-asterisk 春GⅠシリーズ 8戦2勝6敗(5的中) 収支マイナス72,320円

今回を含めて残り3戦となりましたので、もはや強気にはなれませんが、今夜も先週同様、まずは的中させることを念頭に置いて、【釣りのネタ帳】恒例のGⅠ前夜予想に取り組みたいと思います。

 

スポンサーリンク

東京優駿(ダービー)の展望

今回は2016年のGⅠ9戦目となる日本ダービー

先週のオークス同様、東京の2400mで行われるが、すべてのホースマンと競馬ファンの夢を乗せた熱き戦いが演じられる。

昨年のダービーは名立たる強豪が一堂に会したが、今年のメンバーも11頭が重賞ホース、6頭が重賞2着経験馬、残り一頭がオープン勝ちと世代No.1を決めるに相応しい面々が揃った。

皐月賞がハイレベルであっただけに、このレースの内容次第では、史上最強のメンバーであったと後々に語り継がれるようになるかもしれない。

 

ダービーで馬券圏内に来る馬は、それなりの重賞実績が必要であるため、本来は近走で重賞の馬券圏内に入った実績がない馬は、無条件で切れるのだが、今年はこの条件で切れる馬はほとんど存在しない。

なんとも予想屋泣かせの混戦模様を呈しているように見えるが、予想の中心はステップであり、至極単純な結論に達する。

すなわち、過去の傾向では皐月賞組が他を席巻している。

今年は皐月賞組の1着から6着までの馬が出走しており、前述のように当該レースが非常にハイレベルであったことから、予想の組み立ての中心がここになるのは間違いない。

人気どころばかりの馬になるが、皐月賞組を1頭切るごとに的中率は大幅に下がっていくだろう。

トライアル出走組は、青葉賞組の1着・2着馬、京都新聞杯組の1着・2着馬がともに出走してきた。

本来であればいずれも馬券の候補に入れるべきだろうが、今年はこの中の1頭が馬券圏内に来れば良しぐらいの気持ちが必要か!?

また、NHKマイルからの強行軍も多く、2着・3着馬も出走してきているが、このローテをクリアしてダービーで活躍するには、相当な潜在能力が必要であると同時に強靭な馬体が必要になる。

今年の2騎は本気でダービーを取りにきたとは思えず、故障覚悟で走らせることもないだろうから、ここは外す方が賢明だろう。

 

今回は内目に先行脚質の馬が数頭入り、デムーロも前走と同じ轍は踏まないだろうから、皐月賞のように極端に速くなることはないだろう。

このレースは内目でしっかりと脚を溜めれる馬に好走傾向があるが、現在の馬場状態で上がりの早い競馬になれば、極端な位置から豪脚を繰り出す馬よりも、ある程度の位置でいつでもスパート可能な馬が有利のように思える。

強烈な差し脚を持つ馬が数多くいて人気になるが、今回はそれぞれ一歩ずつ下げて評価し、最速ならずも先に抜け出せる馬の評価を上げてみたい。

 

その他、血統的な背景は先週のオークスと同じように考えれば良い。

すなわち、ディープインパクト産駒とキングカメハメハ産駒が中心になるが、今回の人気どころは悉くこの血統なので、深く考える必要はないだろう。

管理人としては再度、母エアメサイアとシーザリオの因縁を引っ張り出してきて、夢を膨らませたいのだが、馬券の的中は極めて厳しいだろう。

それでも、困った時の『競馬は血で走る』を引き合いに出そうか・・・

それでは、【ろっくんのガチ予想】を披露しよう。

 

日本ダービー【ろっくんガチ予想】

【ダービー】ろっくんガチ予想

日本ダービーガチ予想

 

管理人の本命(◎)は【サトノダイヤモンド】

この馬にとっての皐月賞は前哨戦でここが本番

皐月賞での一番人気は驚くも、やはりどこか緩いところがあったが、今回は本気の仕上げで、マイナス要素は皆無。

 

対抗(〇)は【マカヒキ】

上がり最速の貴公子で、不利が無ければ好勝負は必至

前述の通り位置取りの不安があり、評価を一歩下げるカタチにした。

 

単穴(▲)には、今度は中団からの競馬が予想され、前に馬を置いて折り合えば力を発揮する【リオンディーズ】、連化(△)には、距離の不安は大きいが、一歩先に抜け出してしぶとい【エアスピネルとした。

・・・とうのは実はこじ付けで、実際は『競馬は血で走る』に夢を抱き、父キングカメハメハのダービー(1着)と同じ12番を引き当てた【リオンディーズ】、母エアメサイアのオークス(2着)と同じ5番を引き当てた【エアスピネル】とした・・・が正直なところだ。

 

その他、穴(✕)には、他馬からのマークは薄かっただろうが前走圧巻だった【ディーマジェスティ】と、勝ち馬は出ないが好相性の青葉賞の勝ち馬【ヴァンキッシュラン】の2頭とし、爆穴(★)には、同じく青葉賞で最速上がりを記録した【レッドエルディスト】と、これまた青葉賞組で叩き二走目で本番のディープ産駒の超高額馬【プロディガルサン】の2頭とした。

 

それでは、シュミレーションになるが、最後に【ろっくんの買い目】を披露しよう。

 

東京優駿(日本ダービー)【ろっくんの買い目】

・3連単BOX 100円

[1]-[3]-[5]-[8]-[12]-[13] 12,000円

・馬連

[3]-[5]-[8]-[12] 500円BOX 3,000円

[8]-[1],[3],[5],[12],[13],[14],[18] 500円流し 3,500円

合計金額:18,500円

 

今回の3連単は印通り連穴(△)までの4頭と、穴(✕)から1頭、爆穴(★)から1頭を組み入れるも、皐月賞の5着までの5頭になり、配当は着順の組み合わせ頼みとなった。

馬連は少しばかり配当妙味もあり(◎~△)のBOXと、本命(◎)からの流しとした。

概ね過去傾向に則った予想にはなったが、捻ったのは青葉賞の勝ち馬では無く、2着馬を選択したところぐらいだ。

今回は、前走で展開のあやもあって、見せ場が作れなかったことから人気を落とした良血2頭、【エアスピネル】【リオンディーズ】にぜひとも頑張ってもらいたい!!・・・さすがに本命・対抗には押せなかったが・・・

 

2016年GⅠ春競馬【ガチろっくん】の成績

総合成績:8戦2勝6敗(5的中) マイナス72,320円

フェブラリーステークスの予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年競馬フェブラリーステークス【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中払い戻し19,410円 プラス1,410円

高松宮記念の予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年競馬高松宮記念【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中払い戻し4,450円 マイナス13,550円

桜花賞の予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年競馬桜花賞【ろっくんガチ予想】

投資金額18,500円 的中払い戻し29,930円 プラス11,310円

皐月賞の予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年競馬皐月賞【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中なし マイナス18,000円

天皇賞(春)の予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年競馬天皇賞(春)【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中なし マイナス18,000円

NHKマイルの予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年競馬NHKマイル【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中払い戻し9,400円 マイナス8,600円

ヴィクトリアマイルの予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年GⅠ競馬ヴィクトリアマイル【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中なし マイナス18,000円

優駿牝馬(オークス)の予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年GⅠ競馬優駿牝馬(オークス)【ろっくんガチ予想】

投資金額19,000円 的中払い戻し9,990円 マイナス9,010円

 

レース後にはレース回顧と予想結果を、本記事への追記というカタチで発表する予定ですので、また時間がある時に覗きに来てもらえれば幸いです。

 


【レース後追記】(2016年5月29日)

競馬史に残る日本ダービーにおいて、もっとも強豪が集ったともいわれた本レースは、手に汗握る直線の叩き合いのすえに勝敗が決した。

スタートよく内の中段からレースを進めた3番人気の【マカヒキ】は、道中のペースの緩みでじっくりと脚を溜め、直線は2着馬との壮絶な叩き合いを制し、皐月賞では届かなかった栄冠を見事に手中にした。

鞍上の【川田将雅】は、通算8勝目のGⅠ勝利であったが、30歳にしてダービージョッキーの称号を手に入れるとともに、6大クラシックを完全制覇する偉業を成し遂げた。

1着 マカヒキ

2着 サトノダイヤモンド

3着 ディーマジェスティ

2着には道中マカヒキの外からレースを進め、直線一歩先に抜け出すも勝者との叩き合いの末にハナ差で敗れた【サトノダイヤモンド】が、3着には皐月賞馬としてきっちりと力を示した【ディーマジェスティ】がそれぞれ入った。

 

レースは前半60秒程度の平均で進んだが、中緩みと芝の状態の良さもあり、上がり33秒台前半の競馬となった。

東京2,400m特有の後方一気では届かない展開ではあったが、前週のオークス同様に今年も切れ脚自慢達の末脚較べの展開になった。

今年は皐月賞のレースレベルが非常に高く、ここの上位メンバーはすべて馬券対象にすべきというような内容を書いたが、終わってみれば皐月賞での1着~5着までが掲示板を埋める結果に終わった。

さらに血統背景をみれば、1着馬・2着馬・3着馬がディープインパクト産駒、4着・5着がキングカメハメハ産駒と、こちらも前週のオークス同様に絵に描いたようないつもの決着に終わった。

 

さて、ろっくんガチ予想の結果を発表すると、→◎→✕となり、的中はするだろうが・・・

・3連単 icon-arrow-circle-o-right 的中 オッズ:4,600円

[1]-[3]-[5]-[8]-[12]-[13] 100円BOX 4,600円

・馬連 icon-arrow-circle-o-right 的中 オッズ:700円

[3]-[5]-[8]-[12] 500円BOX 3,500円

[8]-[1],[3],[5],[12],[13],[14],[18] 500円流し 3,500円

3連単、馬連ともに的中!!

合計18,500円の購入に対し、11,600円の払い戻し

本レースの収支はマイナス6,900円だった。

 

以下の2文は、前週のオークスの時に書いた内容ですが、まったく同じ気分を味わっているので、もう一度繰り返しておきましょう。

『この春は本当に誰でも取れそうな堅い馬券しか的中させておらず、取ってもプラスにならない、その流れを未だ止めることが叶わない。

あるいは最後までこのままということもあるのかもしれないが、今夜は予想は悪くなかったと自分に言い聞かせて次に繋げようと思う。』

では次回、安田記念でお会いしましょう。

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-2016年ガチ予想
-

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 All Rights Reserved.