【エリザベス女王杯】ガチ予想 この出走メンバーでも食指の動く穴馬はいるはず!!

投稿日:2015年11月14日 更新日:

どうもガチろっくんです。

【釣りのネタ帳】恒例のGⅠ前夜予想を始めます。

 

その前に、管理人の今シーズンのGⅠ競馬の成績を発表しておきます。

天皇賞(秋)を終えた段階で・・・

・秋シリーズ 4戦3勝1敗(4的中) 収支プラス117,820円

・2015年トータル 15戦7勝8敗(9的中) 収支プラス76,260円

 

秋シリーズは4戦4的中で、狙いの3連単も菊花賞、天皇賞(秋)と2戦連続で的中した。

2015年GⅠの総合成績もようやくプラス転換したし、何とか連続的中の記録を伸ばしていきたいが、今回は的中よりも配当の方が心配か・・・!?

 

 

それでは早速・・・

 

 

スポンサーリンク

エリザベス女王杯の展望

2015年のGⅠ16戦目となるエリザベス女王杯

コースは京都の芝・外回り2200mで行われるが、比較的紛れが少ないコースではあるが、どういう訳か一番人気の勝率は低い。

ただし、大荒れはないレースと考えて良いだろう・・・まあ、ブエナビスタの年は例外と考える。

 

毎年主役を張る候補がいる3歳馬だが、今年はクラシック2冠馬ミッキークイーンがジャパンカップへ、桜花賞馬レッツゴードンキがマイルチャンピオンシップへの出走を表明している。

古馬勢では、天皇賞4着で力の有るところを見せたショウナンパンドラも、次走はジャパンカップだ。

 

どうにも、メンバーが寂しく、人気の馬以外で食指の動く馬が見当たらない。

この状況では、世間様が怪物ルージュバックに掛ける期待は、否が応にも数10%増しか!?

 

4番~7番人気の中穴が来る傾向が強いレースだが、今年はガチガチも覚悟の上で臨まねばならないかもしれない。

人気馬でも十分信頼に足る馬であれば軸に据えるのも良いのだが、消去法で仕方がないからと上位にピックアップするのは不本意だ。

まあ、このメンバーでは致し方ないと諦めるか・・・それとも・・・

 

 

エリザベス女王杯は、単純に京都実績を重視、先行と差しが有利

京都は4コーナーへの坂の下りが独特で、ここで脚を使ってしまう馬の多くは馬群に沈むことになる。

かといって平坦直線だけの競馬では、届かないケースも多く、エリザベス女王杯の過去傾向も同様の結果を示している。

直線が長く逃げ残りも困難な事から、先行馬と差し馬の成績が顕著に抜けている。

 

今年のメンバーは鼻を主張する馬が少なく、レース展開は緩い可能性が高い。

末脚自慢は多いが、最速の脚は必要とせず、狙いは中団より前目で展開できて、ある程度速い脚を使える馬が有利ではなかろうか。

人気の中心となるだろうが、この点ではヌーヴォレコルトとルージュバックが一歩抜けている。

 

 

枠順の有利不利はなく、馬の性質に合わせた枠の良し悪しで判断

過去実績を見ても分かるように、馬券圏内に入ってきた馬の枠番・馬番を検討すると、どこも満遍なく来ている。

スタート後の直線が長いことが主要因だが、今後もこの傾向に変化はないだろう。

 

ただし、管理人としては、今年は馬群が一団になる可能性が高いと見ている。

引っ掛かる性質の馬は内目で、前に馬を置いた方が良いだろう。

 

昨年の覇者ラキシスは2年連続連対中だが、一昨年18番、昨年1番と極端に異なる場番で活躍している。

今年は10番を引いたが、最後にど真ん中でも連対を果たす予兆だろうか!?

 

その他の人気の2騎、ヌーヴォレコルトとルージュバックは外目を引いた。

前者は内目を欲しかっただろうが、後者は揉まれない外目の方が合うのでないか。 

 

 

本番へのレース過程は、3歳は秋華賞、古馬は傾向無し

秋華賞からこのレースへ挑戦するステップは、近年では理想的なステップだ。

早熟傾向の強い牝馬なら、この時期に2kgのアドバンテージをもらえるのは大きい。

今年は秋華賞2着のクイーンズリングと、6着のタッチングスピーチが挑戦する。

脚質的には不向きな2頭だが、鞍上が外国人ジョッキーであるというのは、このレースではプラス要素であり、位置取り次第では今年も上位を賑わすか!?

 

また、例年府中牝馬Sからの挑戦は多いが、成績は不振傾向にある。

特に古馬勢に関して言えば、ステップは問わないくらいで考えて丁度良い。

 

ステップとなるようなレースで良い成績を残した馬よりも、どちらかというと、直近数走内の牡馬混合戦で、好成績を残した馬を狙い打つのが正解ではなかろうか!?

 

どうも今年のエリザベス女王杯は、条件的にも過去傾向においても、ヌーヴォレコルトをガチ押ししているように感じる!?

大外を引いても不利は無いのなら、素直に乗るべきか・・・

鞍上の岩田については、この秋GⅠは正直あまり乗れていないが、ここらでボチボチ出番が来るということか・・・

 

予想を披露する前に結論を書くのは、これまでほとんど無いことだと思うが、『今年の出走メンバーでは仕方がないか・・・』と正直諦めムードも漂っている。

少しでも配当妙味の有る馬が見つかれば良いのだが・・・

そして、もう一つ悩みの種は、あの怪物をどのように評価すべきか・・・

 

 

では、【ろっくんのガチ予想】を披露しましょう。

 

 

エリザベス女王杯【ろっくんのガチ予想】

 

【エリザベス女王杯】ろっくんガチ予想

 

elizabeth-2015-001 

 

管理人の本命(◎)は【ヌーヴォレコルト】

管理人の予想印を打った馬柱を披露する前に、先に結論付けてしまった。

本レースの出走馬の中で、牡馬混合重賞で勝ち負けできる馬は少ない。

各種条件も後押しし、早め先頭から後続を完封する場面が頭に浮かぶ。

 

対抗(〇)は素直に昨年の覇者【ラキシス】

この馬も牡馬混合重賞で勝ち負けできる馬で、その実績を素直に評価する。

R.ムーアとのコンビも、まずマイナスになることは無いだろう。

 

単穴(▲)には牡馬混合の京都GⅡで好成績を残してきた【フーラブライド】、連化(△)には、もし印を打たずに飛んで来たら、今後素直に印を打てなくなるのが嫌だという理由で怪物【ルージュバック】とした。

 

その他、穴(✕)には無条件で押さえなければならない『秋華賞組』の2騎【クイーンズリング】と【タッチングスピーチ】、そして京都の走りに期待のディープ産駒【マリアライト】とし、爆穴(★)にはいずれも前走1600万条件勝ち(うち2頭は3連勝中)の【タガノエトワール】、【ウインリバティ】、【シュンドルボン】の3頭とした。

 

連穴(△)までに人気の3頭が入ってしまった。

馬券はいつものように、爆穴(★)からピックアップする必要がありそうだ!!

最終決断とした【ろっくん3連単の買い目】を披露しましょう。

 

 

エリザベス女王杯【3連単6頭BOX前夜購入分】大公開!

 

 

elizabeth-2015-002

 

今回の3連単BOXの買い目は、印通りに【◎】【〇】【▲】【△】と、【★】から2頭の計6頭とした。

 

人気の3強をBOXに組み込んだので、残り3頭は穴馬をピックアップした。

管理人としては、前目の馬を中心に据えたかったので、この構成ならまずまず悪くはないだろう。

 

今回は天気も考慮して重馬場向きの馬を選択という考えもあったが、松田調教師の『道悪がどうとか言っとるような馬はGⅠは勝てんよ!!』という持論に賛同し、馬場は度外視することにした。

 

さあ、果たしてこの選択が、吉と出るか凶と出るか・・・

 

 

2015年GⅠ秋競馬【ガチろっくん】の成績

総合成績:4戦3勝1敗(4的中) プラス117,820円

 

スプリンターズSの予想・購入実績はコチラ icon-arrow-circle-down

  icon-toggle-right 【スプリンターズS】ガチ予想 秋緒戦は難解な一戦もレース傾向で勝負!!

投資金額18,000円 的中払い戻し11,100円 マイナス6,900円

 

秋華賞の予想・購入実績はコチラ icon-arrow-circle-down

  icon-toggle-right 【秋華賞】ガチ予想 出走過程が結果に直結するレースは傾向で勝負!!

投資金額18,000円 的中払い戻し22,790円 プラス4,790円

 

菊花賞の予想・購入実績はコチラ icon-arrow-circle-down

【菊花賞】ガチ予想 素直に2強を信じて相手の穴馬を探すのが正解か!?

投資金額18,000円 的中払い戻し46,620円 プラス28,620円

 

天皇賞(秋)の予想・購入実績はコチラ icon-arrow-circle-down

 icon-toggle-right 【天皇賞(秋)】ガチ予想 過去傾向重視も変調を訴えかける感性!!

投資金額18,000円 的中払い戻し109,310円 プラス91,310円

 

 

明日は午前中で雨は止みそうな感じだ。

例の如く、急遽釣りに出掛けるかもしれないが、いずれにしても馬連や3連複は追加するつもりだ。 

今回は基本的に固い決着を想定しているが、秋GⅠシリーズは4戦連続で的中しているので、この勢いだけは継続させたい。

その考えで購入すれば、取ってマイナスも然るべき結果と諦めるか・・・

 

いつものように、レース後には購入結果を本記事への追記というカタチで発表する予定なので、時間があればまた覗いて下さい。

 

 

ではまた・・・

 

 

下記に追加購入分と予想結果を追記しました(2015/11/15)。

 


3歳馬と古馬が凌ぎを削ったエリザベス女王杯は、道悪を味方につけた6番人気の【マリアライト】が、道中中団から直線でうまく抜け出し、初重賞制覇をGⅠの舞台で飾った。

鞍上の【蛯名正義】は体調の弱かったこの馬に対し、長い時間をかけてゆっくりと馬づくりに取り組み、まさに人馬一体で獲得したGⅠ24勝目となった。

 

1着 マリアライト

2着 ヌーヴォレコルト

3着 タッチングスピーチ

 

2着には今日は後方から進めるも、やはり一歩届かない一番人気の【ヌーヴォレコルト】が、3着には直線を捌くのに少々苦労するも鬼脚を発揮した【タッチングスピーチ】がそれぞれ入った。

 

2番人気のラキシスは道中内ラチ沿いで脚を溜めながら進めるも、直線馬群の中でもがき苦しみ、まさかの11着に敗れた。

また、休養明けの怪物ルージュバックは、出走中はあまり目立つ存在ではなかったが、道中最後方付近に位置するも終わってみれば4着と、まずまず次走に繋がる競馬が出来たようで、怪物如何の結論は次走に持ち越したようだ。

 

レース展開はウインリバティが一頭飛ばす展開で、2番手以降は決して早い展開では無かったが、終わってみれば上位は全て道中後方で進めた馬ばかりであった。

レース直前の騎手情報で、『相当重い馬場』だと言っていたが、まさにそれを象徴するような結果になったようだ。

 

 

さて、ろっくんガチ予想の結果はというと、✕→◎→✕となり、固いと踏んでいたた2強の一角が馬群に沈んでしまい・・・

 

追加で購入した馬券も含めて結果発表といこう!

 

元記事の3連単に加え、追加購入した分はコチラ⇩

elizabeth-2015-003

 

前夜に購入した分も、今日パドックを見た後で購入した分も、無残に撃沈!!

前残りを想定して馬券を購入していたので、予想そのものの見る目がなかったと言わざるを得ない状況だ!!

 

結局合計18,000円の購入に対し、払い戻し無し

本レースの収支はマイナス18,000円だった。

 

 

今日のレースを見て、やはり牝馬のレースは難しいと思った。

ラキシスの旬はもう終えてしまったのか・・・今後の牝馬戦線は・・・

先の読めない競馬は少なくあって欲しいので、やはり一刻も早く新たな女傑の誕生を願うばかりだ。

 

そしてもう一点、昨日の記事に書いた松田調教師の持論に対してだが、勝ったマリアライトは『道悪がどうとか言っている馬』だった。

やはり馬場の適正は重要だと改めて感じたので、今後はこの持論に対しては賛同しないことに改めようと思った。

 

秋GⅠシリーズの5戦連続的中はならなかったが、この惨敗の結果を受けて、そして5年連続総合勝ち越しに向けて、次走より心機一転し、再スタートの気持ちで取り組もうと思う。

 

では次回、マイルチャンピオンシップでお会いしましょう・・・

 

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-2015年ガチ予想
-

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 All Rights Reserved.