2016年GⅠ競馬 朝日杯フューチュリティステークス【ろっくんガチ予想】 

投稿日:2016年12月17日 更新日:

どうもガチろっくんです。

最近では珍しく2週続けての釣行となりましたが、先週の日曜日は久しぶりに両親と下津に出掛けてきました。

寒くなってくると釣り物も少なくなり、下津でも難しい釣りになりますが、辛うじておかずになるだけの獲物は確保できました。

残念ながらバタバタとしており、まだ釣行記事は作成中ですが、近々に投稿する予定ですので、また機会があればご覧下さい。

そして、同日行われた阪神ジュベナイルフィリーズですが、釣りから帰って録画を見ると・・・まああのガチガチは仕方のない結果ですね。

何とか1番人気でオープン勝ちしかないソウルスターリングが飛ぶことに、期待していましたが、結果的には横綱相撲で勝ち、世間の評判と期待に見事に応えました。

管理人としては、ガチガチで収支はマイナスでしたが、的中しただけ良しと思うことにします。

さて、今週は朝日杯フューチュリティステークス、泣いても笑っても今年のGⅠも残すところ2戦、今夜も儲からない予想に励みます。

 

まずは管理人のこの秋と今年の成績を、記載しておくと・・・

・秋シリーズ 9戦1勝8敗(4的中) 収支マイナス91,390円

・2016年トータル 20戦4勝16敗(11的中) 収支マイナス181,360円

積み重なったマイナスを一気に払拭し、奇跡の逆転劇を起こしてくれる馬を見つけられるでしょうか!?

 

スポンサーリンク

朝日杯フューチュリティステークスの展望

2016年のGⅠ21戦目となる朝日杯フューチュリティステークス

コースは阪神の芝外回り・1,600mで行われるが、実質今年の2歳王者を決めるだけでなく、来年の活躍馬を占う重要なレースである。

ところが、先週の2歳牝馬戦の豪華メンバーに比べ、どうにも本レースの出走牡馬の小物感は拭えない。

これで牝馬のミスエルテが先週のレースに間に合ってたらと思うと、何とも面白味のないレースになってしまっただろう。

イヤイヤ、そうなれば逆に、タガノアシュラに跨がる武豊の、中央競馬の平場全GⅠ制覇の可能性も高まる。

歴史の目撃者(立ち合い者)になれるかもしれないと、別の楽しみ方が出来たか?

いずれにしろ、武豊の偉大な記録については、達成するまで毎年のように話題に上ってくるだろうし、武騎手ももう決して若くはないので、一刻も早く絶対無二の金字塔を打ち立てて欲しいと思う。

 

少しばかり話は逸れたが、いつも通り本レースの過去の活躍馬の傾向を中心に、予想に取り組んでいきたい。

まずは、これまで本レースで実績を残した馬の人気だが、上位の人気馬が、人気に応えるケースがかなり多い。

先週もそうだったが、近年の2歳馬は単なるヤンチャではなく、この時期で既に高い完成度を誇る馬も多い。

2014年に中山開催から阪神開催に変わったが、この傾向は続いており、今年も上位人気と下位人気で実績の差が大きそうであることから、まずは上位人気を中心に検討を進める必要がありそうか。

阪神開催に変わってからの2年は、2年連続で2桁人気馬が絡んでおり、捨て置けないデータではあるが、この2頭に関してはオープン勝ちの実績があり、出走メンバーのレベルの高さから結果的に2桁人気に甘んじた感がある。

 

次に、明確に成績に影響を及ぼすデータとして、1,500mの優勝経験のある馬から勝ち馬が出ており、対象を馬券圏内に広げても、1,500m以上で優勝経験がない馬の成績は芳しくない。

これは、単なる血統や馬体適正だけの問題では無く、早くから翌年のクラシックを意識した馬への期待の表れでもある。

今年はこの条件にマッチしない馬が7頭いるようだが、その中にGⅡ馬が含まれているのが悩みの種になりそうだ。

 

昨年は1勝馬のリオンディーズが、超良血ということもあり、兼ねてからの前評判の高さで2番人気に押され、武豊の大記録を阻む豪快な追い込みを決めて勝利を飾った。

その前年は500万勝ちのダノンプラチナ、更にその前年はダート500万勝ちのアジアエクスプレスといったように、臨戦過程は問わない傾向が強い。

この傾向は勝ち馬に限らず、馬券圏内に絡む多くの馬に言えることであって、この時期は出走経験の浅さから、重賞を経験していない馬も多い。

予想を組み立てる上で、どうしても重賞出走組に目を奪われがちだが、この点に拘る必要はないだろう。

とは言っても、昨年の再現を狙ってのことか、ディープインパクト産駒でデムーロ騎乗の1勝馬クリアザトラックの人気の高さは、行き過ぎの感もあるが・・・果たして、そこまでの馬なのか、この点も悩みの種の一つになりそうだ。

 

次に脚質の点を見ると、中山からコースが阪神に替わり、差しが届きやすくなり、昨年はまさにその展開になった。

全体的には平均から後傾ラップの瞬発力勝負になる傾向が多いコースなので、基本的には先行馬が有利だが、早い上がりを持つ馬にとっては、位置取りは気にしなくても良い。

高い能力を有するのは認めるが、牝馬のミスエルテが牡馬を押しのけて、圧倒的な1番人気に支持されているのも頷ける。

 

最後に枠順だが、内枠が優勢と見て良いだろうが、以前の中山のように極端に内有利とは言えなくなった。

先週の勝ち馬もそうだが、前目の内ラチ沿いを距離ロスなく走り、直線で一伸びするのが理想的な展開か。

外を走り続ける馬の距離ロスは大きく、展開次第ではいくら伸びても差し届かないケースは考えられる。

今回逃げたい馬が3頭ほどいそうだが、内枠を占めているのは人気薄ばかりであり、展開のカギを握るのは武豊のタガノアシュラと柴田大知のトラストになりそうか。

前者は気性的に難しくゲートを出てみないと分からないが、後者は大外を引いた事で無理していくか、控えるかによってペースが大きく変わる恐れがある。

後者の出方次第で豊マジックの絶妙なペースが演出されれば、差し一辺倒の馬には厳しい展開になりそうだ。

ただ、差し一辺倒の人気馬があまりいないのが、残念な点なのだが・・・

 

昨年もそうだったが、どうしても武豊の大記録を応援する自分がいて、贔屓目が入って仕方がない。

予想が全く的中しない今の管理人なら、むしろ、予想の対象から外してしまった方が、馬券は取れなくても、歴史の目撃者になれる可能性も高まるのであろうか。

それでは、【ろっくんのガチ予想】を披露しましょう。

 

朝日杯フューチュリティステークス【ろっくんのガチ予想】

朝日杯フューチュリティステークスガチ予想

 

管理人の本命(◎)は能力出せずに前走成績は非凡【ダンビュナイト】

好きだったルーラーシップの子というのも後押ししたが、親も若駒の頃は能力の高さに身体面が付いてこない部分があった。まともに走ればここは勝ち負け必至!!

 

対抗(〇)は連勝の勢い続くディープインパクト産駒【サトノアレス】

厩舎も馬も今の勢いは狙い目で、展開に左右されないレースセンスの高さで、外枠を克服する。

 

単穴(▲)には、牝馬ながら非凡な能力を持つもう一頭のフランケル産駒【ミスエルテ】、連化(△)には、GⅡ勝ち馬も1,500m以上の経験なしで評価を下げた【モンドキャンノ】とした。

 

その他、穴(✕)には、1戦1勝のディープ産駒で昨年の再現を狙うデムーロ騎乗の【クリアザトラック】と、2戦2勝馬でマンハッタンカフェの切れ者【レッドアンシェル】の2頭とし、爆穴(★)には、前述の武豊期待で【タガノアシュラ】と、こちらも無敗馬で前目でしぶとい【アメリカズカップ】の2頭とした。

 

ミスエルテの能力は、気性面との諸刃の剣だと思うので、人気のあるところに印は集まったが、意外と高配もあるのではないかと、密かに期待している。

それでは、【ろっくん3連単の買い目】を披露しましょう。

 

朝日杯フューチュリティステークス【ガチろっくんの買い目】

・3連単BOX 100円

[6]-[8]-[10]-[13]-[16]-[17] 12,000円

・馬連

[8]-[10]-[13]-[17] 500円BOX 3,000円

[8]-[5],[6],[13],[15],[16],[17] 500円流し 3,000円

合計金額:18,000円

今回の3連単は、『◎』『〇』『▲』『△』と、『✕』から1頭、『★』(爆穴)から1頭とした。

 

2016年GⅠ秋競馬【ガチろっくん】の成績

総合成績:9戦1勝8敗(4的中) マイナス91,390円

 

スプリンターズS 予想・購入実績はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年GⅠスプリンターズステークス【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中払い戻しなし マイナス18,000円

秋華賞 予想・購入実績はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年GⅠ秋華賞【ろっくんガチ予想】

投資金額18,500円 的中払い戻しなし マイナス18,500円

菊花賞 予想・購入実績はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年GⅠ菊花賞【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中払い戻し 17,550円 マイナス450円

天皇賞(秋) 予想・購入実績はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年GⅠ天皇賞(秋)【ろっくんガチ予想】

投資金額18,500円 的中払い戻しなし マイナス18,000円

エリザベス女王杯 予想・購入実績はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年GⅠエリザベス女王杯【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中払い戻しなし マイナス18,000円

マイルチャンピオンシップ 予想・購入実績はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年GⅠエリザベス女王杯【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中払い戻し 7,950円 マイナス10,050円

ジャパンカップ 予想・購入実績はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年GⅠ競馬ジャパンカップ【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中払い戻し 36,260円 プラス18,260円

チャンピオンズカップ 予想・購入実績はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年GⅠ競馬チャンピオンズカップ【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中払い戻しなし マイナス18,000円

阪神ジュベナイルフィリーズ 予想・購入実績はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年GⅠ競馬阪神ジュベナイルフィリーズ【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中払い戻し 9,350円 マイナス8,650円

 

レース後にはいつものようにレース回顧と予想結果を、本記事への追記というカタチで発表する予定ですので、また時間がある時に覗きに来てもらえれば幸いです。

 


【レース後追記】(2016年12月18日)

先週のフランケル産駒の楽勝劇で、同じ産駒の大物感漂う牝馬が1強の様相を呈した今年の朝日杯フューチュリティステークスだったが、蓋を開ければいつものパターンであり、阪神1,600mはディープインパクト産駒の庭であった。

好スタートから中団後方にて1頭でピタリと折り合い、外々を回りながら直線目の覚めるような末脚で前行く馬を撫で切ったのは、今年悲願の初GⅠ制覇を成し遂げたばかりの里見オーナーの持ち馬【サトノアレス】であった。

鞍上の【四位洋文】は、6年ぶりのGⅠ制覇であり、通算で15勝目のGⅠ制覇となった。

1着 サトノアレス

2着 モンドキャンノ

3着 ボンセルヴィーソ

2着にはスタート直後、持ち前のスピードを活かさず後方に下げ、勝ち馬の後ろから同じように直線で飛んできた【モンドキャンノ】が、3着には逃げてスローに近い平均ペースを演出し、最後の最後まで粘り通した【ボンセルヴィーソ】が入った。

 

勝ったサトノアレスは、ディープインパクト産駒らしく、直線の切れ合いで他馬を圧倒し、改めてこのコースにおける本産駒の相性の良さを証明した。

折り合いの良さから距離が延びても問題ないだろうし、今日の展開で外々を回り、直線であれだけの伸びを見せるのだから、これは物が違うかもしれない。

どうやら、来年のクラシックを沸かす一頭になりそうだ。

2着のモンドキャンノは短距離向きの感が強く、前へ行く脚もあるが、今日は敢えて位置取りを下げたことで直線の伸びに繋げ、上がり最速を叩き出したのは鞍上の好プレーであったように思う。

3着のボンセルヴィーソは、隣のタガノアシュラが控え、外からトラストも絡んでこなかったので、非常に楽な展開で逃げることができ、自分の競馬で力を出し切ったことによる結果であった。

 

さて、ろっくんガチ予想の結果を発表すると、→△→無印となり、馬連は的中したようだが、三連単はアウトのようだ。

・3連単 icon-arrow-circle-o-right 的中なし

・馬連 icon-arrow-circle-o-right 5,980円 的中

[8]-[10]-[13]-[17] 500円BOX 29,900円払い戻し

合計18,000円の購入に対し、29,900円の払い戻し

本レースの収支はプラス11,900円だった。

 

今回は阪神開催に変わって3度目になるが、過去2度の開催でいずれも2桁人気が絡んでいることに注視し、実績があれば狙い目である事は意識していた。

デイリー杯2着は立派な実績で、しかも本レースの3着馬はダイワメジャー産駒である事を考えれば、12番人気というのは滅多にない逃してはならない狙い目であった。

馬連は的中させるも、一世一代のマイナスを全て解消するだけの三連単を逃したことは、反省と悔いが残る一戦以外の何物でもない。

もはや、今シーズンのラストGⅠ戦に、本コーナーの進退を賭けるしかなくなったが、レースまでのカウントダウンを噛みしめながら、最終戦に臨みたい。

次回、本年のクライマックス、有馬記念の【ろっくんガチ予想】でお会いしましょう。

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-2016年ガチ予想
-

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 All Rights Reserved.