2016年GⅠ秋華賞【ろっくんガチ予想】

投稿日:2016年10月15日 更新日:

どうもガチろっくんです。

先週末あたりから急に朝晩の冷え込みが強くなり、そろそろパッチを・・・いやいや、格好良くレギンスを用意した方が良いかと、早くも寒がり全開の管理人です。

まあ、それ以上に寒いのは、外遊続き、外食続きで、競馬でも痛い目を見てる、管理人の懐の状況ですが。

秋初戦のスプリンターズステークスも、対抗に印を入れた馬を買わずに、無惨に散るという、なんとも自虐的な結果に終わりました。

 

もちろん、今週も当たらない馬券に勤しむのですが、まずは、管理人の今シーズンのGⅠ成績で、スプリンターズSを終えた段階での発表をしておきます。

・秋シリーズ 1戦0勝1敗(0的中) 収支マイナス18,000円

・2016年トータル 12戦3勝8敗(7的中) 収支マイナス107,970円

 

ご覧のように惨憺たる有り様で、このままマイナス収支で今シーズンを終えた場合は、【ろっくんガチ予想】のコーナーにも終止符を打つという進退を賭けた戦いに臨んでいます。

前置きが長くなりましたが、それでは恒例のろっくんガチ予想を始めます。

 

スポンサーリンク

秋華賞の展望

2016年のGⅠ13戦目となる秋華賞

コースは京都の内回り・芝2000mで行われるが、ここは過去に数々の波乱を演出してきたコースだ。

コース形状もさながら、出走メンバーによって展開が大きく変わり、出走馬中のエースの出方や脚質によって穴馬を連れてくるケースが多い。

近年は比較的人気に応えるカタチで勝ち馬が出ているが、それでもガチガチで収まるケースはほとんどない。

今年はシンハライトの故障回避もあり、安心して軸に出来る馬もおらず、堅い決着は無いと考えた方が良さそうか。

それにしても春のクラシック活躍馬が順調でないと、こうもレベルが低く見えるものなのか?あるいは新興勢力の中に大物が潜むのか・・・不確定な要素が強い時ほど、過去傾向の出番だろう。

 

まずは、第一に秋華賞といえば臨戦過程の重要度だろう。

そう、ローズS組を買っておけば間違いないのだ。

今年のローズS出走馬と活躍馬はと・・・これ、かなり心配になるねぇ。

ローズS組の3着以内率は、出走馬の多さゆえそれほど高い数字ではないので、余計に心配になるかもしれないが、これは決め打ちで信じるしかないだろう。

 

その裏付けとしては、もう一つのトライアルである紫苑S組が、まったくもって走らないからだ。

例年小粒なメンバーが揃うが、ここを選択した時点で、出ても秋華賞は記念出走と考えて良い。

ただ、今年はオークスで実績を上げたビッシュが順調に勝ち名乗りを上げ、例年と違う面も覗かせるが、それでも輸送を含めた不安材料も多く、人気でも重い印は打ち辛い。

昨年も書いたが、紫苑ステークスにトライアルとしての価値は無く、クイーンSを古馬に開放してしまったことが悔やまれる。

ローズステークス組に心配が付きまとっても、今年も紫苑S組はバッサリ切るという選択肢もありきか!?

 

あと、古馬1000万を勝ち上がった馬、特に阪神で勝ち上がった馬の評価は、素直に上げておきたい。

昨年に至っては、阪神500万勝ちの馬まで3着に絡んでしまった。

この時期の3歳牝馬は、古馬1000万クラスで勝つ力があれば、調子の良さで平気で馬券絡みしてくるので、穴人気になるかもしれないが、素直に馬券に組み入れるのが良いだろう。

 

また、展開面だが、今年は脚質的に何が何でも先行という馬もおらず、早めの展開も期待し辛い。

ただ、有力馬も極端に後ろから行くわけでもなく、本レースでは、あまり展開は気にしなくて良いように考えている。

 

ローズステークスは強い馬が出て来て、強いレースをするから、本番も人気になり、信頼に足る成績を残すわけだが、今年はそれに当てはまるとは言い辛い状況だ。

それでもなお、傾向で勝負する自分のスタンスを貫こうと思う!!

では、【ろっくんのガチ予想】を披露しましょう。

 

秋華賞【ろっくんガチ予想】

【秋華賞】ろっくんガチ予想

 

管理人の本命(◎)は【カイザーバル】

阪神で走る馬は京都で走る・・・不在のオークス馬、順調さを欠いた桜花賞馬の間隙をつき、良血馬が最後の一冠を奪取する。

前走の大幅な馬体減はいただけないが、気性難が先行する当馬も、手が合う騎手で折り合いさえつけば、大駆けの場面も十分期待できる。

 

対抗(〇)は順調さを欠くも、やはりクラシックホースの【ジュエラー】

これまでにないレース展開、完全にのめり気味に走っていた重馬場と悪条件が重なり大敗を喫したが、距離不安は心配ないはずで、対抗より下に落とすのは危険。

 

単穴(▲)には逃げという新境地でローズステークス2着の実績を残した【クロコスミア】、連化(△)には同じくローズステークス4着で、いつどこから飛んできてもおかしくない【デンコウアンジュ】とした。

 

その他は、穴(✕)はローズステークス組で勝負気配も漂う【レッドアヴァンセ】と、紫苑ステークス組から唯一印を付けた実力馬【ビッシュ】、★(爆穴)には阪神1000万勝ちは素直に評価する必要がある【ミエノサクシード】、ミエノと同じレースで見所のある走りを見せた【キンショーユキヒメ】とした。

 

最後に、【ろっくん3連単の買い目】を披露しましょう。

 

秋華賞【ろっくんの買い目】

・3連単BOX 100円

[2]-[8]-[9]-[10]-[14]-[15] 12,000円

・馬連

[2]-[8-[9]-[15] 500円BOX 3,000円

[15]-[2],[5],[8],[9],[10],[14],[18] 500円流し 3,500円

合計金額:18,500円

 

今回の3連単は、『◎』『〇』『▲』『△』と、『✕』から1頭、『★』から1頭と、奇を衒った買い方はしない。

前回の負けを教訓にして、人気の2頭のうちの1頭が飛ぶことに期待したい。

また、馬連も素直に『◎』『〇』『▲』『△』のBOXと、『◎』からその他の7頭に流すことにするが、後者は軸が人気薄なので好配当も期待できそうだ。

まずは一勝、【ろっくんガチ予想】の進退が賭かっているので遊ぶ余裕はないが、それなりに期待を持てる布陣にはなったように思う。

 

2016年GⅠ秋競馬【ガチろっくん】の成績

総合成績:1戦0勝1敗(0的中) マイナス18,000円

 

スプリンターズS予想・購入実績はコチラ

 icon-caret-square-o-right 2016年GⅠスプリンターズステークス【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中払い戻しなし マイナス18,000円

 

明日は用事があって出掛けるつもりですが、レース後にはいつものようにレース回顧と予想結果を、本記事への追記というカタチで発表する予定ですので、また時間がある時に覗きに来てもらえれば幸いです。

 


【レース後追記】(2016年10月16日)

オークス馬とNHKマイル馬が不在で、混戦を極めた3歳牝馬最後の一冠秋華賞は、ひと夏越して力を付けたヴィルシーナの全妹が姉の無念を晴らす勝利を収めた。

平均ペースを道中中団のポケットから進めた【ヴィブロス】は、直線十分な余力を残しながら外へ持ち出し、追い出しのタイミングを計った騎手のムチに応え、瞬発力の違いで前を行く馬を悠々と差し切った。

鞍上の【福永祐一】は、今年2勝目、通算20勝目となるGⅠ勝利となった。

1着 ヴィブロス

2着 パールコード

3着 カイザーバル

2着には先行集団を見る形で中団前目でレースを進め、勝ち馬より一歩先に抜け出しを図った【パールコード】が、3着にはスタート直後に少し掛かったことが最後の一伸びに影響した【カイザーバル】がそれぞれ入った。

 

開幕2週目の馬場ということもあり、平均ペースで進んだレースは上がりの競馬となり、最後は瞬発力が問われる結果となった。

流れとしては前目の馬にもチャンスがあったが、先団を形成する馬の力と、前へ行っても外を回されるロスも発生するレースとなり、結果的には上位はほぼ差し馬が占めた。

勝ったヴィブロスは、ジュエラーとビッシュの位置取りの悪さから、道中ずっと楽なレースができ、力以上のパフォーマンスを感じさせる結果となったように感じる。

逆に負けたビッシュは、やはり輸送を含めた不安要素も多く、致し方ない結果のようにも思われ、ジュエラーに至っては道中の位置取りも悪く、直線は追い出しの選択肢もなく、脚はシッカリしていただけにデムーロにとしては不本意なレースだったのではないかと思う。

 

さて、ろっくんガチ予想の結果を発表すると、無印→無印→◎となり、本レースも無残な結果に終えてしまった。

当然、3連単、馬連ともに的中なしで、本レースの収支はマイナス18,500円だった。

 

競馬予想を投稿していると、このような結果になることは珍しくはない。

予想も結果も早く葬り去りたい過去になるわけだが、レース後に結果の追記を行っている管理人としては、更に追い打ちを食らうことになる。

これまで何度となく、このような進退窮まる経験をしてきたわけだが、それでもなお、競馬予想を続けてこれたのは・・・

『それなりの結果を出してきたから』という面もあるが、それ以上に『そんなに読者も多くないし』と軽く見ていた部分があったからだろう。

・・・今はもう、以前のように『外れてもお気楽に』とはいられなくなってしまった・・・

【ろっくんガチ予想】の進退を掛けたこの秋シリーズ、カウントダウンは確実に進んでいくが、もしかしたらそれが管理人の望みなのだろうか!?

ではまた、菊花賞の【ろっくんガチ予想】でお会いしましょう。

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-2016年ガチ予想
-

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 All Rights Reserved.