2016年GⅠ宝塚記念【ろっくんガチ予想】

投稿日:2016年6月26日 更新日:

どうも、ガチろっくんです。

いよいよ、春GⅠシリーズのファイナル宝塚記念を迎えました。

例年思うのですが、安田記念から中二週、この中途半端に与えられた休息は、春シーズンを勝ち越していても、負け越していても、どちらになってもモチベーションが下がってしまう気がします。

今年は特に少しばかり憂鬱な気分でこの日を迎えましたが、梅雨の良く降る雨のせいか、それとも近年経験していない大きな負け越しの為か・・・

まあ成績に関して言えば、思い起こせば昨年も春GⅠシリーズは負け越したのですが、秋には挽回して最終的には年間収支をプラスに転じさせました。

同じ展開を望むわけではありませんが、今年のメンバーは現役最強候補を含むハイレベルなメンバーが揃い、面白いレースになりそうなので、今一度モチベーションを上げて、下手な予想に興じたいと思います。

 

まずは、2016年度の管理人のGⅠ成績を紹介しておきます。

安田記念を終えた段階で・・・

icon-asterisk 春GⅠシリーズ 10戦2勝8敗(6的中) 収支マイナス98,220円

改めて見直してもヒドイ成績ですが、この期に及んでも一発逆転を目論み、デカい馬券を夢見る【釣りのネタ帳】恒例のGⅠ前夜予想に取り組みたいと思います。

 

スポンサーリンク

宝塚記念の展望

今回は2016年のGⅠ11戦目となる宝塚記念

阪神の内回り2200mで行われるが、過去このレースを制した馬には、世代最強を謳われるような馬が名を連ねており、今年も勝ち馬次第では、現役最強馬が決定した一戦と、後に言われるかもしれない

今年は夏日を迎えたのも早く暑い日も続いたが、先週から雨の日が増えたことで気温も下がり、例年ほど馬の体調に気を配る必要は無いのかもしれない。

ただ、近年は積極的に海外遠征を行う馬も多く、今年も5頭が帰国後初戦となり、人気馬も含んでのことなので、このことは予想を困難にさせる。

順調に国内重賞で成績を残した馬か、海外遠征組の実績上位馬か、いつまで考えても結論は出なさそうなので、好きな馬を買うしかないのかもしれない。

ただし、阪神コースへの適正という面で見れば、人気馬には意外と阪神のレース経験が少なく、また、好成績を残している馬も限られている。

週央の大雨の影響も考え合わせれば、意外な馬が大掛けするケースも、十分に期待出来そうだ。

 

このレースで好成績を残す重要な要素に、臨戦過程がある。

基本的に勝は天皇賞組が有利であることは言うに及ばないが、複勝圏内で考えると、このレースの前哨戦に位置付けされる鳴尾記念組は侮れない。

先に述べた海外遠征帰りも好走率は高いが、このケースではラブリーデイやドゥラメンテクラスの実績が必要になるかもしれない。

また、今年は産経大阪杯から直接やってきたアンビシャスに大物感が漂い、非常に惹かれるものがあるが・・・過去傾向を考えると過大評価は危険か!?

 

次にレース展開だが、メンバーを見渡せば、再度キタサンの先手が濃厚で、カレンの番手なら、天皇賞と同じような武マジックの絶妙な逃げもあるか。

今度は楽はさせてもらえないかもしれないが、いずれにしても、このレースでは、早め抜け出しを図っての粘り腰が功を奏すケースが多く、穴馬を含めて中団より前目の位置を取れる馬に展開的な妙味はありそうだ。

また、逆に内目を通れても、位置取りが中団から後方では、馬場の緩さで体力を奪われるケースも考えられ、思い切った直線勝負に賭けるなら、今回に限っては外枠が有利に働くのではないだろうか。

 

最後に舞台適正だが、人気の2頭がほぼ出走経験が無く、次点の人気馬に実績があるが、今年の馬場では、鵜呑みにする必要はないと結論付けた。

近年の勝利馬を振り返ると、このレースが初めてのGⅠ勝利という馬も多く、本来は実績よりも舞台適正や調子の良さに比重を置くのが良い結果に繋がり易いレースだ。

ただし、今年は力を要すレースになり、求められるのは若さと、地力の高さ、そしてGⅠでの実績になるのではなかろうか。

メンバー構成を見ると、好メンバーではありながら、意外とGⅠ馬の称号を持つ馬は少なく、予想の中心を素直にGⅠ馬に集めるというのも一考の価値はあるか。

 

それでは、この春最後の【ろっくんのガチ予想】を披露しよう。

 

宝塚記念【ろっくんガチ予想】

【宝塚記念】ろっくんガチ予想

宝塚記念ガチ予想

 

管理人の本命(◎)は【ドゥラメンテ】

圧倒的な破壊力でステップの不安を一蹴

ステップの不安はあれども、これほどの馬であれば、あれこれ考える必要もなく、連を外すまでは無条件に買い続けるが吉。

 

対抗(〇)は【キタサンブラック】

度重なる人気以上の好走が、ファンの支持を集めた名馬

決して派手なレースはせず、常に半信半疑の実力馬であったが、いよいよ名実ともにGⅠホースに相応しい地位まで上り詰めた。

 

単穴(▲)には、叩き2戦目で本領発揮、馬場が渋ってなお面白い【ステファノス】、連化(△)には、一時の勢いは感じられないが、連覇がかかる【ラブリーデイとした。

 

その他、穴(✕)には、大物感漂い本格化の兆しがある【アンビシャス】、好相性の天皇賞組より3着で力を示した【シュバルグラン】、復活の兆しが見え隠れする菊花賞馬【トーホウジャッカル】の3頭とし、爆穴(★)には、昨年のクラシック候補で重馬場適正が高そうな【サトノクラウン】、牡馬相手の重賞で互角以上のレースが続く【マリアライト】、大外から無欲の末脚に賭ける【タッチングスピーチ】の3頭とした。

 

それでは、シュミレーションになるが、最後に【ろっくんの買い目】を披露しよう。

 

宝塚記念【ろっくんの買い目】

・3連単BOX 100円

[3]-[8]-[9]-[11]-[13]-[16] 12,000円

・馬連

[3]-[7]-[8]-[9] 1,000円BOX 6,000円

合計金額:18,000円

 

今回の3連単は、『◎』『〇』『▲』の3頭と、『✕』から一頭、『★』からの牝馬2頭と、かなりの穴狙いとした。

そのかわり、馬連は『◎』『〇』『▲』『△』のBOXと素直な買い目とした。

負けが込んでいるためか、人気馬をいかに外すかということを中心に、買い目を選んでしまったが、近年牝馬が頻繁に絡むGⅠなだけに、その点に夢を抱きたい。

 

2016年GⅠ春競馬【ガチろっくん】の成績

総合成績:10戦2勝8敗(6的中) マイナス98,220円

フェブラリーステークスの予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年競馬フェブラリーステークス【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中払い戻し19,410円 プラス1,410円

高松宮記念の予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年競馬高松宮記念【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中払い戻し4,450円 マイナス13,550円

桜花賞の予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年競馬桜花賞【ろっくんガチ予想】

投資金額18,500円 的中払い戻し29,930円 プラス11,310円

皐月賞の予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年競馬皐月賞【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中なし マイナス18,000円

天皇賞(春)の予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年競馬天皇賞(春)【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中なし マイナス18,000円

NHKマイルの予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年競馬NHKマイル【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中払い戻し9,400円 マイナス8,600円

ヴィクトリアマイルの予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年GⅠ競馬ヴィクトリアマイル【ろっくんガチ予想】

投資金額18,000円 的中なし マイナス18,000円

優駿牝馬(オークス)の予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年GⅠ競馬優駿牝馬(オークス)【ろっくんガチ予想】

投資金額19,000円 的中払い戻し9,990円 マイナス9,010円

東京優駿(日本ダービー)の予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年GⅠ競馬東京優駿(ダービー)【ろっくんガチ予想】

投資金額18,500円 的中払い戻し11,600円 マイナス6,900円

安田記念の予想はコチラ

icon-caret-square-o-right 2016年GⅠ安田記念【ろっくんガチ予想】

投資金額19,000円 的中なし マイナス19,000円

 

レース後にはレース回顧と予想結果を、本記事への追記というカタチで発表する予定ですので、また時間がある時に覗きに来てもらえれば幸いです。

 


【レース後追記】(2016年6月27日)

かなりの好メンバーが顔をそろえた春GⅠフィナーレを飾るグランプリレース宝塚記念は、海外遠征組と国内ステップ組の有力馬がそれぞれ上位人気を二分したが、レースを制したのは国内組の意外な刺客であった。

思えば初GⅠ制覇も重い馬場でのレースであったが、今回も同じように重い馬場をものともせず、直線ど真ん中を割って力強く抜け出てきたのは、8番人気の牝馬の【マリアライト】であった。

ここ近年の宝塚記念は牝馬の活躍が目立っており、マリアライトの近走のレースぶりを見れば馬券圏内に飛んできても驚けないが、並み居る女傑が優勝まで届かなかったことを考えれば、今回の激走は幾つもの要因がこの馬に味方した結果といえる。

その要因をここで示すことはしないが、この馬はきっと天に愛された馬なのだろうと思う。

 

鞍上の【蛯名正義】は、この春、皐月賞に次ぐGⅠ勝利で、通算26勝目となった

1着 マリアライト

2着 ドゥラメンテ

3着 キタサンブラック

2着には道中後方で直線中ばまでは馬群の中にあり、一時は馬券圏内も危ぶまれるレースっぷりであったが、最後は自力で大外を飛んできた【ドゥラメンテ】が、3着には少し早めの前には厳しい展開で逃げ込みを図った【キタサンブラック】がそれぞれ入った。

 

レースは前半59秒台の平均ペースながら、馬場状態を考えると前目の馬には非常に厳しい展開であったと言える。

内ラチ沿いを2番手グループで走った人気馬アンビシャスが大敗を喫したことを考えれば、キタサンブラックの3着はさすがの実力馬と言えるだろう。

ただし、馬場は重くとも追い込み一辺倒では届かないのが阪神内回り、一歩先に抜け出したマリアライトは、蛯名騎手が絶妙なライン取りでゴールへ導いた結果といえる。

逆に、マリアライトを捉えきれなかったドゥラメンテは、スタート後の位置取りもさることながら、本調子でなかったのかもしれない。

当馬はレース後に左前肢ハ行を発表したが、大事ないことを願うばかりだ。

 

さて、ろっくんガチ予想の結果を発表すると、→◎→〇となり、GⅠ実績馬を予想の中心に据えたことと、過去傾向に則った購入をしたことで、どうやら的中はできたようだ。

・3連単 icon-arrow-circle-o-right 的中 オッズ:26,250円

[3]-[8]-[9]-[11]-[13]-[16] 100円BOX 26,250円

・馬連 icon-arrow-circle-o-right 的中なし

3連単のみ的中!!

本レースの収支はプラス8,250円だった。

 

本レースでは、過去傾向に則り、人気を問わず牝馬の2騎を3連単BOXに組み込んだ。

さすがに来ても3着かと考えていたので、馬連では買えなかったのは失敗してしまったが・・・

3連単は本命・対抗の2騎以外は、穴馬を中心に組み立てたので、穴が勝ったのであれば、もう少し配当妙味が欲しかったが、2着・3着が人気なら致し方がなかろう。

この春は馬券を取っても勝てないレースが続いたが、その傾向は最後の最後まで変わらなかったということだ。

 

春GⅠシリーズを大きく負け越したことで、【ろっくんガチ予想】の投稿そのものを続けていくべきか否かについて迷った。

まあ、そもそも当ブログは釣りブログがメインなので・・・

ただ、現時点では5年連続の年間収支プラスは継続しているので、【ろっくんガチ予想】の進退については、秋GⅠシリーズで現在のマイナス90,000円の収支を挽回できるか否かの結果に委ねようと思う。

ではまた、秋GⅠシリーズの開幕戦でお会いしましょう。

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-2016年ガチ予想
-

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 AllRights Reserved.