「 ウキ止め 」 一覧

三連ウキ止め

【仕掛けの小ネタ】カゴ釣りや投げサビキ仕掛けのウキ止めの結び方

遊動ウキ釣りで使うウキ止めですが、カゴ釣りや投げサビキなどのオモリの重い仕掛けを使うと、ズレたり、解けてしまうことがあります。ここでは、ウキ止めがズレないように結ぶ方法のうち、二連ウキ止め、三連ウキ止めと呼ばれる方法について紹介します。ウキ止めは、棚を固定する重要な仕掛けの一部ですので、是非とも覚えておきましょう。

ダメなウキ止め

【仕掛けの小ネタ】シモリがウキ止めを越えてしまう場合の対処方法

遊動ウキ釣り仕掛けに必要なウキ止めですが、ガチろっくんとしては、糸タイプの製品を使い自分で結ぶことを推奨しています。ただし、ウキ止めが小さ過ぎると、シモリが抜けてしまい用を成さない場合があります。穴の小さなシモリを持っていればOKですが、持っていない場合に、ウキ止め糸の結び方で対処する方法を小ネタとして紹介します。

遊動仕掛けで使用するウキ止めの種類

誘導ウキ釣り仕掛けに必要なウキ止めの種類(タイプ)

海でウキ釣りをする際には、誘導仕掛けといって、道糸(ライン)上をウキが自由に移動できる仕掛けを使用します。この時、ウキの移動を止めるストッパーの役割を持つ釣り具を【ウキ止め】と言います。ここでは、取り付けタイプ、素材(ゴム・糸)、カラー、形状、サイズなど、様々な要素を含むウキ止めの種類について、詳しく紹介します。

ウキ止めの結び方

ウキ止めの糸の結び方(ウキ止めの作り方)

道糸(ライン)にウキ止めを作る手順を紹介します。ウキ止めを自分で結べるようになれば、仕掛けをカットせずに何度でも手軽に結び直すことができます。ウキ止めは誘導ウキ釣り仕掛けには必須のものです。ここで紹介するウキ止めを結ぶこのテクニックは、非常に簡単な方法で、コスト削減にもなりますので、ぜひマスターしておきましょう。

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2018 All Rights Reserved.