ウキ止めの糸の結び方(ウキ止めの作り方)

投稿日:2015年5月4日 更新日:

本記事は、以下に紹介するメイン記事について、関係するリンク先として作成したものになります。

メイン記事の確認はコチラ

 icon-caret-square-o-right 基本的な釣り糸の結びの種類を知る【ウキ釣り仕掛け編】

 

ここでは、釣りにおいて、仕掛けを作るのに必要な、【結ぶ】という基本操作の一つを示しています。

ある程度、釣りの経験が豊富な方には周知の内容となっているかもしれませんが、初心者の方を含めて、何らかの参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

ウキ止めの糸を結ぶ手順

ウキ止めの作り方(1)

白:ウキ止めの糸
黒:メインライン(道糸)

ウキ止めの糸は比較的安価で市販されています。

 icon-arrow-right ウキ止めの糸

製品として販売されているものを使用するのが確実ですが、もし、市販のウキ止めの糸以外のものを使用する時は、道糸の端糸で、メインラインよりも細めのものを準備しましょう。

ただし、この場合は、フロロカーボンよりも、ナイロン糸のように張りの少ない糸を使いましょう。

 

ウキ止めの作り方(2)

ウキ止めの糸の一方の一部を道糸に沿わせ、他方を折り返して輪を作ります。

 

ウキ止めの作り方(3)

折り返したウキ止めの糸の先を輪の中に通し、道糸ごと3回か4回ほど巻きつけます。

仕掛けの重さで、ウキ止めに掛かる負荷が大きなものほど、多めの回数を巻くようにします。

 

ウキ止めの作り方(4)

ウキ止めの糸の両端を引っ張り、結び目を締め込んでいきます。

結びコブが出来る寸前に、結び目を口に含んで湿り気を与えます(もちろん水に付けても構いません)。

余ったウキ止めの糸は、結びコブの際でカットしましょう。

 

以上が、ウキ止めを作る手順になります。

慣れないうちは、少しばかりウキ止めの糸の締め込みの強さの加減が難しいかもしれません。

強すぎるとウキ止めを動かすのが困難になり、弱すぎるとウキ止めの位置が動いたり、結びが解けたりします。

ただし、市販のワンタッチのウキ止めを使うのとは違い自分で結ぶこの方法だと、仕掛けをカットせずに何度でも手軽に結び直すことができます。 

釣り糸の結びに関する基本テクニックの一つなので、ぜひマスターしておきましょう。

 

ウキ止めの糸を結ぶ手順は、動画でも紹介していますので、宜しければコチラの動画も合わせてご覧下さい icon-arrow-circle-down

 

ウキ止めの種類と使い分けに関する記事を追加しました。(2016年1月12日)

 icon-caret-square-o-right 誘導ウキ釣り仕掛けに必要なウキ止めの種類(タイプ)

 

ウキ止めを大きく結ぶ方法についての記事を追加しました。(2016年9月7日)

 icon-caret-square-o-right 【仕掛けの小ネタ】シモリがウキ止めを越えてしまう場合の対処方法

 

ウキ止めを強化する方法についての記事を追加しました。(2016年11月29日)

 icon-caret-square-o-right 【仕掛けの小ネタ】カゴ釣りや投げサビキ仕掛けのウキ止めの結び方

 

釣り糸の結び方については、以下の関連記事にもたくさんありますので、結びの方法をお探しの方は、是非ともご覧下さい。

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-テクニック
-, , , ,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 AllRights Reserved.