【極めタックル】サルカンの種類や使い方と結び方

投稿日:2018年3月20日 更新日:

釣りの仕掛けを作る時に、無くてはならない釣具がいくつかあります。

その中で最も地味ながら、利便性だけでなく実用性に優れた縁の下の力持ち的な存在なのが、サルカン(スイベル)です。

エサ釣りだけでなく、一部のルアーフィッシングにおいても重宝されるサルカンですが、その種類は多種多様です。

仕掛けに応じて使い分けが必要となるサルカン、ここではそんなサルカンの種類と使い方、そして実用的で簡単なサルカンの結び方まで、まとめて紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

サルカン(スイベル)の種類と使い方、おすすめの簡単なサルカンの結び方

サルカンの種類

管理人が日常使用しているサルカンで、手元にあったものをざっと並べてみました。

写真の中にはサルカンの本来の機能を有しないスナップのみのものもありますが、関連製品としてついでに紹介しておこうと思います。

サルカンをご存知ない方もいると思うので、まずはサルカンというのはどのような釣り具であるのかについて紹介します。

 

サルカンとは釣糸と釣糸を繋ぎ、撚りを戻してくれる連結具

釣り糸同士の連結後【サルカン】

釣り糸同士の連結後【サルカン】

サルカンとは、釣りの仕掛けに組み込む釣り道具で、主に釣り糸と釣り糸を連結させる釣具です。

仕掛けを作るときに、ライン同士を結び合わせるという操作は、結束強度を保つのが難しいのですが、サルカンのように環になった部分へ結ぶのは簡単で、なおかつ強度も確保しやすいです。

エサ釣りでは道糸とハリスを繋ぎ合わせる時に、道糸とハリスの間に組み込むのが最も一般的な使い方です。

他にも、枝針を使う際にエダスを出す手段として使ったり、【スナップ付きサルカン】を使えばオモリやルアーをワンタッチで交換することも出来ます。

また、オモリや天秤、遠投カゴや完成仕掛けなどのタックルには、始めからサルカンが取り付けられていたり、組み込まれているものもあります。

 

様々な用途に使われるサルカン

様々な用途に使われるサルカン

左上:ウキスイベル(遊動シモリ)
左下:タル付きオモリ
右上:完成仕掛けの上下にスナップ付サルカン
右下:スナップに取り付けたオモリ

サルカンは非常に用途が多いタックルで、製品の中には結ぶという操作が必要ないものも数多くあります。

サルカン本来の働きは、サルカンに繋いだラインが撚れるのを防ぐと言うものですが、これはラインだけでなくサルカンに取り付けた道具(写真で言えば、ウキやオモリ)に対しても同じ効果が得られます。

すなわち、ウキやオモリが回転すると、仕掛けにヨレが発生したり、絡んだりしますが、代わりにサルカンの軸が回転することで、このようなトラブルを防止してくれます。

非常に有用な釣具であるサルカンですが、万能ではありませんので、、サルカンを使うことによるメリットとデメリットについて、少し纏めておきましょう

 

サルカンを使うメリットとデメリット

最大のメリットについては、前章の最後で触れましたが、サルカンの働きそのものにあります。

サルカンは別名【ヨリモドシ】とも呼ばれ、釣糸が回転することでできる『ねじれ』を解消してくれます。

ねじれたままの仕掛けを使うと、糸ヨレが生じたり、絡みなどのトラブルに繋がるだけでなく、エサの不自然な動きを誘発したりして釣果にも悪影響を及ぼします。

ヨリモドシの効果は、普段サルカンを使っているときには気付きませんが、これを使わない仕掛けを使うとその効果が実感できます(オモリなどを直結すると糸が撚れて、仕掛けを上げてくるとクルクルと回転したりします。)。

そして、副次効果として、釣糸を簡単に結べて仕掛けが作りやすくなります。

その他のものも含め、箇条書きで示しておきましょう。

【メリット】

  • ヨリモドシの効果が得られる。
  • 結びの簡便性と結束の確実性が向上する。
  • 上記より、仕掛けの直しが簡単で迅速に行える。
  • サルカンより上にセットしたオモリなどのストッパーとして利用できる。
  • スナップ付きサルカンを使えば、仕掛けをワンタッチで交換可能になる。
  • 三又サルカンなどを使えば、枝針仕掛けなど、エダスが容易に出せる。

 

それでは今度は、逆にデメリットについても、考えてみましょう。

まず、サルカンを付けることで、使える仕掛けに制約を受けるのが一番大きな点でしょうか。

サルカンは基本的には金属製の連結具ですので、ライン同士の直結と違って、ロッドのガイドを越えることが出来ません(一部、特殊な例外の製品もあります)。

すなわちロッドの長さが、仕掛けにおいて、サルカンより下部の長さの限界になります。

具体的に例を挙げてみると、6ft(1.8m)程度のショートロッドを使っていて、サルカン下が2.5mある胴突き仕掛けは扱えないといった具合です(あくまで例えです)。

他にもいくつか気を付ける点がありますので、書き出してみます。

【デメリット】

  • サルカン下の仕掛けの長さに限界がある。
  • サルカンには重さがあるので、エサより先に沈むこともある(不自然に潮に乗る)。
  • キッチリ結ばないと、結び目から抜けたり、切れやすくなる。
  • サルカン部分が絡みの原因になる。
  • サルカンの破損で、獲物を捕り逃したり、仕掛けを失ったりする。
  • コストが掛かる。

こうして可能性のあることを挙げてみると、デメリットも多いように感じますが、実際はどの内容も大したことではありません。

正しいサルカンの使い方をすれば、デメリットはクリアできることばかりです。

それでは、次にサルカンの性能と選び方について紹介しておきます。

 

サルカン(スイベル)の性能と選び方

サルカンとスイベル

ラインとラインを繋ぐサルカンを使うときに、種類を問わずに共通して知っておいた方が良い性能が幾つかあります。

ただし、波止釣りで使用するものを選ぶ分には、強く意識する必要はありません。

知識情報程度の読み物として受け止めてもらえば結構かと思います。

 

サルカンの形状

サルカンにはタル型とスイベル型があり、販売されている完成仕掛けなども含めて、一般的にはタル型(上の写真の左)がよく使われます。

単にサルカンといえば、タル型サルカンを指すと思っておけば良いでしょう。

そしてスイベル型(上の写真の右)ですが、実はコチラの方が構造的には強度が高くなります。

仕掛けに掛かる負荷が大きい使い方(船釣りなど)をするなら、スイベル型を使う方が良いですが、スイベル型はコストが高くなります。

 

サルカンの大きさ

仕掛けに与える影響を考えると、可能な限りサルカンは小さいものを使用するに越したことがありません。

ただ、負荷の大きな仕掛けに小さなサルカンはアンバランスです。

ラインの太さに合わせて、結びがシックリくるものを選べば、必然的にサルカンの強度だけでなく、結びの強度も上がります。

 

サルカンの重さ

これもある程度サルカンの大きさに依存しますが、トコトン軽い仕掛けに拘るなら、線径の細いものを使うのが良いでしょう。

ただし、軸の細いものは強度が格段に落ちてしまうのと、コストも高くなります。

また、サルカンの自重に、オモリ効果を求める仕掛けの使い方もあります。

そういった仕掛けに使うサルカンは号数に応じた重量設定もキチンとしており、非常にシビアな製品レベルで仕上げられていますが、やはり少しばかり高価になります。

 

サルカンの強度

強度不足だとサルカンが破断するといった記事をよく見かけますが、メーカー製の適度なものを使っていれば、破断するということはほとんどありません。

破断するほとんどの理由は、使い回しによる金属疲労や、すでに錆や損傷によって劣化しているケースです。

先にも書いたように、通常の波止釣りであれば、仕掛けに見合った適度な大きさのサルカンを使っていれば、強度はあまり気にしなくて良いでしょう。

 

サルカンの材質

ステンレス鋼を中心とした合金で、耐腐食性の向上にニッケルの表面加工が施されていたりします。

ヨリモドシ効果を最大限向上させるために、耐磨耗性に優れたボールベアリングが使われているものもあります。

コストをかければ、それだけ性能の高いサルカンを用意することが出来ます。

ただ、そうは言ってもサルカンは消耗品ですので、管理人個人としては、あまり高価なものを使うのもどうかと思います。

 

サルカンを構成する要素をアレコレと書きましたが、これらはあくまで知識を深める情報であって、現実的にはそれほど難しく考える必要はありません。

考慮すべきは、以下の二点だけです。

  • 目的とする仕掛けに必要なサルカンを選ぶ。
  • ラインが結びやすい大きさのサルカンを選ぶ。

一点目はサルカンの種類の話になるので、これは使い方と合わせて、次章で紹介します。

二点目は前章と重複する内容にもなりますが、サルカンの大きさ、重さ、強度については、相互的に関与するもので、概ね必要とするサルカンの大きさを考えれば良いでしょう。

すなわち、強度の強いサルカンが必要な釣りなら、必然的に使うラインも太くなり、それに見合ったサイズの大きなサルカンを選ぶことになるといった具合です。

もちろん、同じサイズのサルカンでも、強度に強い、弱いがあったり、材質の違いで重い製品、軽い製品はあります。

ただ、当然コストは高くなるし、そこまで拘りのあるベテランの釣り人さんになれば、この記事に目を通す必要もない方でしょう。

ただし、ノーブランドのあまり安いものを使うと、サルカンとしてのヨリモドシの性能に疑問が出るだけでなく、錆つきが早くなります。

錆びたサルカンは強度が著しく損なわれるだけでなく、結び目から簡単に切れてしまう原因になります。

使い捨てであれば、安物のサルカンでもある程度は使えるのかもしれませんが、そもそもサルカンは高いタックルではないので、後悔先に立たずにならないものを選びましょう。

それでは、サルカン種類と使い方について、詳しく紹介していきましょう。

 

サルカンの種類と使い方、おすすめ製品など

ここでは純粋なサルカンだけでなく、先に紹介したようなヨリ戻し効果のある小物やスナップのみの製品も含めて紹介します。

 

タル型サルカン

サルカンといえば、土肥富のコマ印かNTスイベルかといったところですが、ここではより種類もサイズのラインナップも豊富なNTスイベルの製品を取り上げて紹介します。

NTスイベル タル型サルカン ラインナップ

NTスイベル タル型サルカン ラインナップ

まずは、そのラインナップですが、5/0~22号まで、なんと23サイズあります。

号数が大きいものほどサイズは小さくなり、最小サイズで6kg、最大サイズで160kgの強度があり、先に説明した通り、大きなサルカンほど高強度になります。

【タル型サルカン】は最も一般的で、仕掛けを選ぶことなく使用できるサルカンです。

ウキ釣りでの道糸とハリスの連結、投げ釣りや胴突き仕掛け(サビキ釣り仕掛けを含む)での道糸とエダスの連結など、普通に釣糸と釣糸を結ぶ時の使用がメインです。

もちろん、一方をラインで結び、もう一方にはスナップを取り付けるといった使い方もします。

使用するサルカンの大きさは、仕掛けに掛かる負荷が大きいものほど大きなものを使います。

例えば、同じウキ釣りであっても、軽い仕掛けであるチヌのフカセ釣りであれば14~16号などかなり小さめのサイズが適しています。

それ以上に小さなものでも良いのですが、極端に強度が落ちるので、汎用性は低くなります。

一方、マダイの遠投カゴ釣りなら、強靭なタックルになり、サルカンの重量も気にする必要はないので、最低でも8号以上のサイズを用意した方が良いでしょう。

また同じオモリ負荷のある釣りでも、胴突き仕掛けの際釣り程度なら8~12号程度でよいですが、投げ釣りやブッコミ釣りでは、非常に大きな負荷が掛かり、力糸も使用したりするので4~6号は必要です。

ちなみにサルカンにスナップを取り付ける場合は、仕掛けに繊細さは求めないと思うので、少し大きめを使用した方が良いでしょう。

なお、以下で紹介する他の種類についても、大きさ(強度)は同じように考えて貰えば結構かと思います。

 

サルカンを可能な限り絞って用意するのであれば、管理人個人としては14号と8号の2種類を用意しておくことをお勧めします。

上記のようなバリューパックの製品も販売されています。

ネット購入でサルカン単体だけの発注であれば、楽天市場の方がメール便の配送を行っている店が多いので、安く入手出来ます。

 

スイベル型サルカン(ローリングサルカン)

【スイベル型サルカン】は、【ローリングサルカン】や【クレンサルカン】などとも呼ばれます。

より強度の高く回転性能の良いサルカンを用意するのであれば、タル型ではなくスイベル型になります。

サイズは10号(21kg)が最小サイズですので、やはり船釣りや大物釣りでの使用がメインになるでしょう。

 

スナップ付きサルカン

ここまでにすでに何度も用語は出てきましたが、【スナップ付サルカン】はサルカンにワンタッチで開閉可能なスナップが付いた製品です。

サルカンの次に用途が多く、自分で仕掛けを作る必要がない完成仕掛けに多用されています。

簡単・迅速に仕掛けのセットや交換が可能なので、まだまだラインの結びに馴れていない初心者さんでも、確実に取り付けられます。

NTスイベル インタースナップ付タル ラインナップ

NTスイベル インタースナップ付タル ラインナップ

ラインナップは、5/0~20号までの21サイズあります。

スナップ部分の開裂が生じやすということもあり、最小の20号では4.6kgの強度しかありません。

フカセのような軽い仕掛けに使う機会はほとんどないので、サイズに拘る必要性は少ないと言えます。

波止釣り用に一つだけ用意するなら、汎用性と強度を考えて8号~10号程度のものをお勧めします。

 

三方サルカン(三又サルカン)

【三方サルカン(トリプルサルカン)】【三又サルカン】も、仕掛けの途中から、二又に分けるという根本的な用途は同じですが、仕掛けによって使い分けます。

単に枝針を出すために、エダスを結ぶ場合には(胴突き仕掛け)には、下図のような三方サルカンが良いでしょう。

ラインに対して横へ出るエダスと、下へ伸びる幹糸になりますが、幹糸の先にまた三方サルカンをセットすれば、その位置に新たなエダスが出せます。

一番底には幹糸よりも細くて強度の弱い捨て糸を結び、その先にオモリをセットするといった使い方ですね。

サイズは10号(13kg)~14号(8kg)程度が使いやすいでしょう。

 

また、ブッコミ釣りやノマセ仕掛けに使うのであれば、より強度の高い以下の様な三又サルカンの方が良いでしょう。

前述の釣り方であれば、4号(24kg)か5号(19kg)程度の大きさのものは、使いたいところです。

それでは最後に、その他サルカンに近いヨリ戻し効果のある便利なタックルについても、ざっと簡単に紹介だけしておきます。

 

ウキスイベル、サルカンビーズ、ハリス止め、スナップ

【ウキスイベル】は遊動シモリにスナップが付いていますので、遊動ウキに取り付ければ、ワンタッチでウキの取り替えが可能になる便利グッズです。

 

【サルカンビーズ】は遊動式のエダス仕掛けが作れる便利グッズです。

強度は高くないので、小物狙いの胴突き仕掛けを作る時に便利です。

 

【ハリス止め】もサルカンビーズと同じく遊動式のエダス仕掛けが作れる便利グッズです。

こちらもハリスを挟みこむ特性上、強度はあまり高くないので、小物狙いの胴突き仕掛けを作る時に便利で、カワハギ釣りなどに良く使用されます。

 

サルカンビーズやハリス止めを使った仕掛けについては、当サイトで記事にしたものもありますので、ご参考までにどうぞ。

サルカンビーズの胴突き仕掛け
サルカンビーズを使ったエダス仕掛けの作り方とメリット

釣りのネタ帳では過去に、仕掛け作りの基本となる結び方の紹介で、胴突き仕掛けを題材としたものを取り上げました。  icon-caret-square-o-right 基本的な釣り糸の結びの種類を知る【胴 ...

続きを見る

カワハギ釣りの胴突き仕掛け
【カワハギ釣り】必殺の胴突き仕掛けと釣り方のコツ

少し前のことですが、大阪最南端にある小島漁港へカワハギ釣りに出掛けた際の釣行の様子を記事にしました。 短時間の釣行でも、釣果として数はそこそこ釣れましたが、サイズは期待外れの結果でした。 ただ、記事を ...

続きを見る

 

【スナップ】単体にヨリモドシの機能はありませんが、一発で仕掛け交換できるという点で、ルアーフィッシングではスナップ付サルカンではなく、スナップのみの製品が良く使用されます。

アジングやメバリングなどの、SWライトゲーム向けのスナップについて紹介した記事もありますので、ご興味のあるかたはどうぞ。

アジングやメバリングに向いたお勧めスナップ
アジングやメバリング向きのおすすめスナップ

エサ釣りと違って、ルアーフィッシングで使う仕掛けは、ラインにリーダー、そしてルアーと非常にシンプルな構成の場合がほとんどです。 その反面、ルアーのローテーションやリグの交換が頻繁に発生するという面倒も ...

続きを見る

 

サルカンの結び方

それでは最後に、サルカンの結び方について紹介します。

ただ、ここで方法までを紹介していると、またとんでもない長い記事になってしまいます。

サルカンの結びの方法をご覧頂く方には、方法に応じたリンク先をご用意しています。

リンク先にはブログ記事でのイラスト紹介だけでなく、YouTubeでの動画紹介も行っていますので、そちらでご確認頂ければ幸いです。

 

サルカンの結びには、迅速・簡単・結束強度の高さが求められますが、すべてを完全に満たした結び方でおすすめなのは【漁師結び】です。

簡単な結び方ではありますが、少しばかりコツも必要になります。

サルカンの完全結び(漁師結び)
【最強ノット】完全結び(漁師結び)-サルカンの結び方-

これまで釣りのネタ帳では、様々な釣り糸の結び方(ノット)について記事にしてきました。 どちらかと言うと、これから釣りを始められる方や、まだまだ初心者さんという方向きの、簡単でポピュラーな結び方を中心に ...

続きを見る

 

最も一般的に使用されるノットに、【ユニノット】と呼ばれる方法があり、リールへ道糸を巻く時などにも使われる方法です。

以下の記事中では2種類のユニノットについて紹介しています。

サルカンの結び方【ユニノット】
サルカン(スイベル)への釣り糸の結び方【ユニノット】

本記事は、以下に紹介するメイン記事について、関係するリンク先として作成したものになります。 メイン記事の確認はコチラ  icon-caret-square-o-right 基本的な釣り糸の結びの種類を ...

続きを見る

 

結束強度はホドホドですが、初心者さんでも一発で覚えられる、最もシンプルな結び方は、【クリンチノット】です。

以下の記事中では2種類のクリンチノットについて紹介しています。

クリンチノットインプルーブド(3)
サルカン(スイベル)への釣り糸の結び方【クリンチノット】

本記事は、以下に紹介するメイン記事について、関係するリンク先として作成したものになります。 メイン記事の確認はコチラ icon-caret-square-o-right 基本的な釣り糸の結びの種類を知 ...

続きを見る

 

以上で、海釣りの仕掛け作りにおいて、無くてはならない釣具となっているサルカンの紹介を終わります。

使用用途に応じて様々な種類のサルカンがありますので、確実に自分の釣りに見合った製品を選び、無駄な買い物をしないようにしましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

海釣りおすすめロッドシリーズ3選

万能磯竿 ダイワ リバティクラブ磯風

信頼のメーカーが送り出す、波止釣りの万能ロッドは、初心者からベテランまで幅広く使用されている人気のロッドです。
軽快な振り調子、汎用ロッド中No.1の持ち軽さ、相反する最高レベルの強度を兼備した通常モデルは、ウキ釣りなどの軽い仕掛けはもちろん、サビキ釣り、カゴ釣りやチョイ投げなど負荷の掛かる仕掛けに至るまで、幅広い強度の釣りに対応可能です。
売れ筋No.1は、もっとも使いやすく汎用性の高い3号4.5mの遠投モデルです。

万能ルアーロッド アブガルシア クロスフィールドXRFS

コンセプトである「様々なフィールド、ターゲット、釣り方を一本のロッドで」をさらに突き詰めた結果、誕生したのがXRFSシリーズの9ft台モデルです。
強固なシーバスロッドでありながら、エギング2.5号~、ワインド1/4oz~の適用範囲となる本ロッドは、まさに万能ルアーロッドと言えます。
実売価格10,000円を切る、このコストパフォーマンスの高さは圧巻です。

ライトSWロッド ダイワ 月下美人

アジング、メバリングの専用ロッドと呼ぶに相応しい、繊細なアタリを食い込ませる機能が、ふんだんに盛り込まれた最先端ロッドです。
食い込み性能に優れたソリッドトップのSモデルと、高速フッキングを可能にするパワフルなチューブラートップのTモデルの2タイプがあります。
おすすめは76UL-Sで極細ソリッドがもたらすフッキング時の食い込みの良さ、キャスト時のシャープな振り調子は、初心者でも扱い易いロッドです。

-釣り道具
-,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2018 All Rights Reserved.