【最強ノット】完全結び(漁師結び)-サルカンの結び方-

投稿日:

これまで釣りのネタ帳では、様々な釣り糸の結び方(ノット)について記事にしてきました。

どちらかと言うと、これから釣りを始められる方や、まだまだ初心者さんという方向きの、簡単でポピュラーな結び方を中心に紹介してきました。

ただし、結びの全てというわけではありませんが、簡単なノットほど、結束強度には期待できないものが多いのも事実です。

そこで今後は、結束強度に定評のある結び方について、【最強ノット】シリーズとして順次紹介していこうかと思います。

初回となる今回は、多少気を付ける点はあるものの、それほど難しいわけでもないのに、あまり使われていない(知られていない)サルカンの結び方で、【完全結び(漁師結び)】と呼ばれるノットを紹介します。

 

スポンサーリンク

【最強ノット】完全結び(漁師結び)と呼ばれるサルカンの結び方

サルカンの結び方には、比較的簡単なのに強い結び方が幾つもありますが、ここで紹介するのはプロ御用達、すなわち漁師さんも使うと言われている結び方です。

結び方の難易度もほどほどで、比較的迅速に結べ、しかも最強クラスの結束強度を持つというのですから、マスターしておいて損はありません。

それでは早速、完全結びの結び方について紹介を行いましょう。

 

サルカンの完全結び(1)ラインの端糸をサルカンの環に通す前に、折り返します。

細糸なら最低5cmほど折り返せば結べますが、折り返しが短いと結ぶのが難しくなるので、慣れないうちは10cm程度は取っておいたたほうが結びやすいでしょう。

 

サルカンの完全結び(2)

折り返し部分をサルカンの環の中へ通し、本線に沿わせます。

この時、本線に沿わせる長さよりも、残った端糸の長さの方が長くなるようにして下さい。

そうしないと、この後で端糸を使って巻いていく操作がやりにくくなります。

 

サルカンの完全結び(3)

端糸で折り返し部分を、本線と一緒に巻いていき、最後は折り返し部分の輪の中へ通します。

折り返しと本線は出来るだけピンと張った状態にすれば巻きやすくなります。

また、1周巻く度に、巻いた交点をサルカンを持つ方の指で押さえるようにすると、サルカンのヨリ戻し効果で巻きが戻されることもなくなります。

ちなみに、巻き数は4周~6周で十分ですがPE直結の場合は、もう2周ほど増やしておきましょう。

他の結び方でも、結束強度を上げるためや抜けの防止策として、巻き付け回数を増やすことが多いですが、完全結びでもその差は顕著に出ます。

 

サルカンの完全結び(4)

端糸と本線を同時に軽く引いて固定し、本線をゆっくりと矢印の方向へ引いていくと、折り返し部分が、締まりながらサルカンへ寄っていきます。

ここで、端糸側の結び目が余ってくるので、端糸も時折少し引いて、余りが出ないように調整しながら絞め込んでいきます。

この結びでは、本線だけ引いても結び目はキレイに締まりませんので、必ず本線と端糸を交互に引いて締め込みましょう。

そして、グッと最後まで締め込めば完成ですので、余った端糸は2mm程度を残してカットしましょう。

(PE直結の場合は、本線と端糸の向きが揃っているので、カット前にハーフヒッチを入れても良いでしょう。)

なお、本線を引いて絞め込んでいく時は、唾などで結び目に湿り気を与えるのを忘れないで下さい。

この結びは特に摩擦が強く、本線を引く際に強い抵抗が出ますので、湿り気をあたえるのを忘れると、ラインが傷みます。

海水が付いた後の乾いた状態なども、痛みの原因になりますので気を付けましょう。

もう一点、巻きつけた部分が重なり合っていると、本来の強度が得られませんので、最後にその点を確認しておきましょう。

 

以上が、完全結び(漁師結び)でサルカンに釣り糸を結ぶ手順になります。

再度伝えておくと、【完全結び(漁師結び)】は結束強度が最強クラスでありながら、釣りのベテランさんしか使っていないノットです。

それほど難易度が高い結びではありませんが、幾つかの注意点もありますので、慣れるまでは失敗することもあるでしょう。

ただ、張りが強く滑りやすい糸でも、摩擦抵抗が強いので、巻き数を増やすといった操作で結束強度は更に上昇します。

この場合、同時に締め付け時の摩擦抵抗も増えますので、しつこいようですが、締め込んでいく際にラインを痛めてしまわないように注意しましょう。

PE直結でも使える優れたノット(ハーフヒッチを入れると尚良し)ですが、強いて言うなら、癖の付きやすい安価なナイロンライン(特に細いもの)には、向かないかもしれません。

すでに釣り糸の基本結びをマスターされた方は、ぜひ一度試されてみてはいかがでしょうか。

 

サルカンを完全結び(漁師結び)で結ぶ手順は、動画でも紹介していますので、宜しければコチラの動画も合わせてご覧下さい icon-arrow-circle-down 

 

【その他のサルカンの結び方】

 icon-pencil-square-o サルカン(スイベル)への釣り糸の結び方【クリンチノット】

 icon-pencil-square-o サルカン(スイベル)への釣り糸の結び方【ユニノット】

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

海釣りおすすめロッドシリーズ3選

万能磯竿 シマノ ランドメイト

入門者向けのバリュープライスなロッドでありながら、波止釣りでの使用を中心に、初心者からベテランまで幅広く使用されている大人気製品です。
万能竿に求められる軽快な振り調子、驚きの持ち軽さから、女性やお子様にも扱いやすい、ファミリーフィッシングに適した万能モデルです。
売れ筋No.1は3号450-PTS(遠投モデル)です。

万能ルアーロッド アブガルシア クロスフィールドXRFS

コンセプトである「様々なフィールド、ターゲット、釣り方を一本のロッドで」をさらに突き詰めた結果、誕生したのがXRFSシリーズの9ft台モデルです。
強固なシーバスロッドでありながら、エギング2.5号~、ワインド1/4oz~の適用範囲となる本ロッドは、まさに万能ルアーロッドと言えます。
実売価格10,000円を切る、このコストパフォーマンスの高さは圧巻です。

ライトSWロッド ダイワ 月下美人

アジング、メバリングの専用ロッドと呼ぶに相応しい、繊細なアタリを食い込ませる機能が、ふんだんに盛り込まれた最先端ロッドです。
食い込み性能に優れたソリッドトップのSモデルと、高速フッキングを可能にするパワフルなチューブラートップのTモデルの2タイプがあります。
おすすめは76UL-Sで極細ソリッドがもたらすフッキング時の食い込みの良さ、キャスト時のシャープな振り調子は、初心者でも扱い易いロッドです。

-テクニック
-, , ,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 All Rights Reserved.