サルカン(スイベル)への釣り糸の結び方【クリンチノット】

投稿日:2016年11月22日 更新日:

本記事は、以下に紹介するメイン記事について、関係するリンク先として作成したものになります。

メイン記事の確認はコチラ

icon-caret-square-o-right 基本的な釣り糸の結びの種類を知る【ウキ釣り仕掛け編】

icon-caret-square-o-right 基本的な釣り糸の結びの種類を知る【投げ釣り仕掛け編】

icon-caret-square-o-right 基本的な釣り糸の結びの種類を知る【胴突き仕掛け編】

 

ここでは、釣りにおいて、仕掛けを作るのに必要な、【結ぶ】という基本操作の一つを示しています。

ある程度、釣りの経験が豊富な方には周知の内容となっているかもしれませんが、初心者の方を含めて、少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

釣り糸をサルカン(スイベル)に結ぶ手順【クリンチノット】

ここでは最も基本的で、迅速・簡単が売りのサルカンの結び方である、クリンチノットについて紹介します。

また、同じクリンチノットでも、一手間加えるだけで結びの強度が上がる改良版(インプルーブド)の方法もありますので、こちらも合わせて紹介します。

それでは、まずクリンチノットから始めましょう。

 

クリンチノット

クリンチノット(1)

サルカンの環に糸を通して折り返し、端糸を本線の上に重ねます。

 

クリンチノット(2)

本線に重ねた端糸を、3回から5回を目安に、本線に巻きつけます。

強度を少しでも上げたい時や、張りの強い糸を使う時などは、巻きつける回数を5回~7回程度と多めにします。

 

クリンチノット(3)

巻きつけた端糸の先を、巻き始めの場所に出来た輪の中へ通します。

 

クリンチノット(4)

ある程度端糸を引いて固定し、本線をゆっくりと矢印の方向へ引いていくと、本線にクルクル巻きつけた部分が、締まりながらサルカンへ寄っていきます。

グッと最後まで締め込めば完成ですので、余った端糸は2mm程度を残してカットしましょう。

万一、巻きつけた部分が重なり合っていると、その部分から切れやすくなりますので、最後にその点だけは確認しておきましょう。

 

以上が、クリンチノットで釣り糸を結ぶ手順になります。

サルカンをクリンチノットで結ぶ手順は、クリンチノットの特性なども含めて、詳しく動画で紹介していますので、宜しければコチラの動画も合わせてご覧下さい icon-arrow-circle-down

 

クリンチノット - インプルーブド(改良形) -

それでは、もう一つ続けて、クリンチノットのインプルーブド(改良形)について紹介します。

結びの手順は上記で紹介したものと、ほとんど変わりはありませんが、一手間加えるだけで、強度アップが見込めます。

最近ではコチラの結び方のことを、単にクリンチノットとして扱っているケースも多くあります。

 

クリンチノットインプルーブド(1)

サルカンの環に糸を通して折り返し、端糸を本線の上に重ねます。

 

クリンチノットインプルーブド(2)

本線に重ねた端糸を、3回から5回を目安に、本線に巻きつけます。

強度を少しでも上げたい時や、張りの強い糸を使う時などは、巻きつける回数を5回~7回程度と多めにします。

 

クリンチノットインプルーブド(3)

クリンチノットの時と同じように、巻きつけた端糸の先を、巻き始めの場所に出来た輪の中へ通します。

その後、巻きこまれた本線との間に出来た輪の中へ、端糸を通します。

 

クリンチノットインプルーブド(4)

ある程度端糸を引いて固定し、本線をゆっくりと矢印の方向へ引いていくと、本線にクルクル巻きつけた部分が、締まりながらサルカンへ寄っていきます。

グッと最後まで締め込めば完成ですので、余った端糸は2mm程度を残してカットしましょう。

万一、巻きつけた部分が重なり合い、結び目が歪な形状になっていると、その部分から切れやすくなりますので、最後にその点だけは確認しておきましょう。

 

以上が、クリンチノットの改良版(インプルーブド)で釣り糸を結ぶ手順になります。

クリンチノットのインプルーブドで結ぶ手順についても、方法の特性なども含めて、詳しく動画で紹介していますので、宜しければコチラの動画も合わせてご覧下さい icon-arrow-circle-down

 

ここではサルカンに釣り糸を結ぶ方法の中で、【クリンチノット】と呼ばれる方法について紹介しました。

特徴として、結び目の結束強度はほどほどですが、最もポピュラーで簡単な結び方になります。

既に書きましたが、張りが強く滑りやすい糸を結ぶ場合には、巻き数を少し多めにしておけばOKです。

あるいは、更に確実な方法を求める場合は、少し手間がかかりますが、カットした端糸の先に焼きを入れ、コブを作ることで抜けを防ぐ事も出来ます。

サルカンに関わらず、仕掛けを作る際には、環の部分に対して糸を結ぶ機会が多くありますので、迅速簡単に結べるこの方法は非常に重宝します。

釣り糸の結びに関する基本テクニックの一つなので、ぜひマスターしておきましょう。

 

釣り糸の結び方については、以下の関連記事にもたくさんありますので、結びの方法をお探しの方は、是非ともご覧下さい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

海釣りおすすめロッドシリーズ3選

万能磯竿 ダイワ リバティクラブ磯風

信頼のメーカーが送り出す、波止釣りの万能ロッドは、初心者からベテランまで幅広く使用されている人気のロッドです。
軽快な振り調子、汎用ロッド中No.1の持ち軽さ、相反する最高レベルの強度を兼備した通常モデルは、ウキ釣りなどの軽い仕掛けはもちろん、サビキ釣り、カゴ釣りやチョイ投げなど負荷の掛かる仕掛けに至るまで、幅広い強度の釣りに対応可能です。
売れ筋No.1は、もっとも使いやすく汎用性の高い3号4.5mの遠投モデルです。

万能ルアーロッド アブガルシア クロスフィールドXRFS

コンセプトである「様々なフィールド、ターゲット、釣り方を一本のロッドで」をさらに突き詰めた結果、誕生したのがXRFSシリーズの9ft台モデルです。
強固なシーバスロッドでありながら、エギング2.5号~、ワインド1/4oz~の適用範囲となる本ロッドは、まさに万能ルアーロッドと言えます。
実売価格10,000円を切る、このコストパフォーマンスの高さは圧巻です。

ライトSWロッド ダイワ 月下美人

アジング、メバリングの専用ロッドと呼ぶに相応しい、繊細なアタリを食い込ませる機能が、ふんだんに盛り込まれた最先端ロッドです。
食い込み性能に優れたソリッドトップのSモデルと、高速フッキングを可能にするパワフルなチューブラートップのTモデルの2タイプがあります。
おすすめは76UL-Sで極細ソリッドがもたらすフッキング時の食い込みの良さ、キャスト時のシャープな振り調子は、初心者でも扱い易いロッドです。

-テクニック
-, , ,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2018 All Rights Reserved.