「 結び方 」 一覧

サルカンの完全結び(漁師結び)

【最強ノット】完全結び(漁師結び)-サルカンの結び方-

サルカン(スイベル)に釣り糸を結ぶ方法は多々ありますが、結束強度が最強クラスで、漁師御用達とも言われる【完全結び(漁師結び)】を紹介します。ブログ記事の画像だけでなく、動画でも紹介していますので、強いノットをお求めの方は、是非ご覧下さい。

短い釣り糸でも楽にサルカンへ結べる方法

仕掛けを扱う際に、釣糸が短すぎて結ぶ操作に手こずる場合があります。 エダスの短い枝針や、穴釣り用に用意したハリスなどが良い例です。ここでは、ハリスのコスト削減などを含め、様々な理由で結び難い長さになった釣糸でも、サルカン(スイベル)のような環になっているものであれば、簡単に結べる方法について紹介します。

クリンチノットインプルーブド(3)

サルカン(スイベル)への釣り糸の結び方【クリンチノット】

サルカン(スイベル)に釣り糸を結ぶ方法は幾つかありますが、もっとも基本的(ポピュラー)で簡単な手順の【クリンチノット】を紹介します。この方法は初心者さんでも結びやすく、サルカンだけでなく、環状のものなら、どんなものへも結ぶことが出来ます。釣り糸の結びに関する基本テクニックの一つなので、ぜひマスターしておきましょう。

釣りネタPC/SPインフィード

ダメなウキ止め

【仕掛けの小ネタ】シモリがウキ止めを越えてしまう場合の対処方法

遊動ウキ釣り仕掛けに必要なウキ止めですが、ガチろっくんとしては、糸タイプの製品を使い自分で結ぶことを推奨しています。ただし、ウキ止めが小さ過ぎると、シモリが抜けてしまい用を成さない場合があります。穴の小さなシモリを持っていればOKですが、持っていない場合に、ウキ止め糸の結び方で対処する方法を小ネタとして紹介します。

サルカンビーズの胴突き仕掛け

サルカンビーズを使ったエダス仕掛けの作り方とメリット

胴突き仕掛けやサビキ仕掛けで使われる枝針仕掛けですが、このエダスを出す方法には幾つかの種類があります。ここでは、サルカンビーズと呼ばれる釣り道具を使って仕掛けを作る方法を紹介します。また、このサルカンビーズを使うことのメリットやデメリットについても紹介します。

ダイワ針結び器

釣り針を結ぶ便利グッズ【針結び器】

釣りの仕掛けを作る上で、釣り針は必須のものです。糸付き針を購入される方もいれば、バラ針とハリスを購入し、自分で結ぶ人もいます。ただ、長く釣りを行う上では、コスト面を考えても、自分で結ぶことに圧倒的なメリットがあります。ここでは、釣り針を内掛け結びで結ぶことが出来る【針結び器】という便利グッズについて紹介します。

釣り針の結び方 内掛け結び(4)

釣り針の結び方【内掛け結び】

釣り針を釣り糸で結ぶ方法は幾つかありますが、基本テクニックながら結節強度に優れた【内掛け結び】を紹介します。最も基本的で簡単な【外掛け結び】に比べ、結びの難易度は多少高くなりますが、大物狙いでも信頼できる結びの方法です。釣り針は自身で結べば、利便性・コストともにメリットがありますので、ぜひともマスターしておきましょう。

釣りネタPC/SPインフィード

スマホ画面を確認しながらの仕掛け操作

ダイソーで買った【釣り道具】ならぬ【釣り動画用道具】が立派に活躍

釣りブログ【釣りのネタ帳】とともに、YouTubeに【釣りのネタ帳動画】というチャンネルを開設している管理人(ガチろっくん)ですが、今回はダイソーで釣り関連の動画を制作する上で役に立つグッズを購入してきました。家族からは『何してんの!?』と、また変な事を始めたと思われる管理人ですが、日々せっせと釣りネタ作りに励みます。

投げ釣り仕掛けの一例

基本的な釣り糸の結びの種類を知る【投げ釣り仕掛け編】

釣り入門時から必要とされるテクニックで、釣り糸の結び方の種類に焦点を当てました。今回はカレイやキスなどの底物狙いで人気の高い『投げ釣り仕掛け』を作る際に発生する糸の結びの種類を紹介します。ここで紹介する方法は、手軽で汎用性が高く、初心者・上級者を問わず、多くの人が使っている方法なので、ぜひマスターしておきましょう。

胴突き仕掛けの一例

基本的な釣り糸の結びの種類を知る【胴突き仕掛け編】

釣り入門時から必要とされる釣り糸の結びについて紹介します。特に今回はロックフィッシュ(根魚)を釣るのによく使う『胴突き仕掛け』を作る際の糸の結びの種類です。ここで紹介する結び方は、手軽で汎用性が高く、釣りの初心者・上級者を問わず、多くの人が使っている方法です。基本となるこの結び方を、ぜひともマスターしておきましょう。

2本ヨリの作り方

2本ヨリ(2本撚り糸)の作り方

投げ釣りでよく使う撚り糸の作り方を紹介します。2本ヨリの特徴は、ヨリを入れた糸の部分に張りができ、モトスに張りを持たせることで仕掛けの絡みを防止できます。また、2本ヨリ部分を【砂ずり】と呼ぶように、砂利やテンビンとのスレをガードし、仕掛けの痛みも防ぎます。投げ釣りで有用な基本テクニックなので、ぜひマスターしましょう。

釣りネタPC/SPインフィード

ハリスチチワの結び方

ハリスにチチワを作る方法【8の字結び(エイトノット)】

ハリスに8の字結び(エイトノット)でチチワを作る方法を紹介します。チチワを出せれば、釣り糸と釣り糸の結びでチチワ同士の連結が可能となり、サルカン(スイベル)のような環のものにも、手軽に連結させることが出来ます。投げ釣りのように、針の交換を頻繁に行う仕掛けに役立つ基本テクニックなので、ぜひマスターしておきましょう。

モトスチチワの結び方

モトスにチチワを作る方法

モトスにチチワを作る最も簡単で一般的な方法を紹介します。モトスにチチワを出せるようになれば、好きな位置に枝針を出せます。特に投げ釣りで重宝されますが、根掛かりやフグによって釣り針を失った場合に、同じ位置に簡単に仕掛け直すことが出来ます。釣り糸の結びに関する基本テクニックの一つなので、ぜひマスターしておきましょう。

アメリカ結び(ブラッドノット)

道糸と力糸の結び【アメリカ結び(ブラッドノット)】

投げ釣りによく使用される道糸と力糸の結び方のうち、【アメリカ結び(ブラッドノット)】と呼ばれる方法を紹介します。この方法は、結び目の結束力が強く、コブを小さく仕上げ、結節部分の屈折がないメリットがあります。道糸と力糸に限らず、異なる太さの釣り糸同士を結べる方法なので、ぜひともマスターしておきたいテクニックの一つです。

ウキ釣り仕掛けでの結び方

基本的な釣り糸の結びの種類を知る【ウキ釣り仕掛け編】

【釣りのネタ帳】では【釣りの種類や状況に応じた釣り糸の使い分けを知る】という目的のもと、シリーズで記事を紹介中です。今回は『ウキ釣り仕掛け』を作る際の、糸の結びの種類です。ここで紹介する結びの方法は、手軽で汎用性が高く、釣りの初心者・上級者を問わず、多くの人が使っている方法なので、ぜひマスターしておきましょう。

釣りネタPC/SPインフィード

エダスの出し方【エイトノット】

エダスの出し方【8の字結び(エイトノット)】

モトスにエダスを出す方法は幾つかありますが、ここでは、もっとも基本的で簡単な手順の【8の字結び(エイトノット)】を紹介します。エダスを作ることで、サビキ仕掛けや胴突き仕掛けのような、複数本の釣り針で、幅広い棚を探れる仕掛けが作れます。釣り糸の結びに関する基本テクニックの一つなので、ぜひマスターしておきましょう。

釣り針の結び方【外掛け結び】

釣り針の結び方【外掛け結び】

釣り針を釣り糸で結ぶ方法は幾つかありますが、もっとも基本的で簡単な手順の【外掛け結び】を紹介します。釣り針を自分で結べれば、ハリス切れ時や、針の大きさ・種類を変える際にも、新たなハリス付きの針を必要とせず、コスト面でもメリットがあります。釣り糸の結びに関する基本テクニックの一つなので、ぜひマスターしておきましょう。

サルカンの結び方【ユニノット】

サルカン(スイベル)への釣り糸の結び方【ユニノット】

サルカン(スイベル)に釣り糸を結ぶ方法は幾つかありますが、もっとも基本的(ポピュラー)で簡単な手順の【ユニノット】を紹介します。この方法は結び目の結束強度が強く、サルカンに関わらず、環の部分に対して糸を結ぶものなら何でも結ぶことが出来ます。釣り糸の結びに関する基本テクニックの一つなので、ぜひマスターしておきましょう。

ウキ止めの結び方

ウキ止めの糸の結び方(ウキ止めの作り方)

道糸(ライン)にウキ止めを作る手順を紹介します。ウキ止めを自分で結べるようになれば、仕掛けをカットせずに何度でも手軽に結び直すことができます。ウキ止めは誘導ウキ釣り仕掛けには必須のものです。ここで紹介するウキ止めを結ぶこのテクニックは、非常に簡単な方法で、コスト削減にもなりますので、ぜひマスターしておきましょう。

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 All Rights Reserved.