誘導ウキ釣り仕掛けに必要なウキ止めの種類(タイプ)

投稿日:2016年1月12日 更新日:

海でウキ釣りをする際、主に波止釣りや磯釣りを考えてもらえば結構ですが、池や川でウキ釣りをするのと、根本的に大きく違う点が一つあります。

それは、狙う対象魚のタナ(水深)が、使う釣り竿の長さよりも深いことです。

その為、海釣りでウキ釣りをする際には、ウキゴムで道糸にウキを固定するのではなく、道糸(ライン)上をウキが自由に移動できる誘導ウキ仕掛けといったものを使用します。

もちろん設定した深さまでウキが移動すれば、その時点でウキの移動を止める必要があります。

この時に道糸にウキのストッパーとして取り付けておく釣り道具のことを、【ウキ止め】と言います。

ウキ止めにはいくつもの種類やタイプがあって、どういった製品を選べば良いのか迷う方もいるでしょう。

自分の釣りに合った、また、自分が使いやすいウキ止めがどういうタイプのものであるかを知るため、ここではウキ止めの種類について紹介します。

 

スポンサーリンク

ウキ釣りにおける誘導仕掛け(誘導ウキ仕掛け)とは

これから海釣りをされる方もいるかと思いますので、まずは、誘導仕掛けというものが、どのような仕掛けであるかの簡単な紹介を行います。

 誘導ウキ釣り仕掛け

上図は一般的な波止釣りを行う場合の、誘導ウキ釣り仕掛けです。

仕掛けはサルカンから上が道糸、サルカンから下がハリス部分になります。

この仕掛けの中では、誘導ウキとシモリ玉だけが、ウキゴムとウキ止めの間を自由に移動することが出来るようになっています。

仕掛けを引いてきた状態では、誘導ウキとシモリ玉は図のウキゴムの位置にきます。

仕掛けが水中にある時は、誘導ウキとシモリはウキ止めの位置にきます。

すなわち、ウキ止めから釣り針までの長さが設定した棚(深さ)となります。

上図でウキ止めから釣り針までの長さは、釣り竿の長さを超えてしまっていますが、ウキ止めは釣り竿のガイドの内径よりも小さいので、リールで道糸を巻き取っていくとウキ止めはガイドを超える(ガイドの中をすり抜ける)ことができます。

 

ウキゴムで道糸にウキを固定してしまう仕掛けでは、固定したウキの位置までしか仕掛けを巻き取れません。

この点が固定ウキ仕掛けと、誘導ウキ仕掛けの決定的な違いになります。

ちなみに、サルカンのすぐ上にあるウキゴムにはピン(楊枝でも可)を差し込んであり、誘導ウキがサルカン側へ落ちてくるときのショックを吸収する役割と、ウキ下部の長さを調整することによる仕掛けの取り込み時のコントロール、また、仕掛けの絡み防止など、いくつかの役割を持っています。

それでは、本題となるウキ止めについて紹介していきましょう。

 

ウキ止めの取り付けタイプ 

ウキ止めの取り付けタイプには、大きく分けて『ワンタッチ取り付け』タイプと、『自分で結ぶ』タイプの二つに分けることができます。

それぞれのメリットやデメリットは以下のようになります。

 

ワンタッチ取り付けタイプのメリットとデメリット

 icon-check-square-o ワンタッチ取り付けタイプのメリット

  • 取り付けが容易で初心者でも使いやすい
  • 種類が豊富にあり、選択肢が多い

 icon-check-square ワンタッチ取り付けタイプのデメリット

  • ウキ止めの内部に道糸を通していく必要があり、特にゴムタイプは緩んだり、切れ易い
  • セットしなおす際に、仕掛けを一旦切る必要がある
  • 自分で結ぶタイプよりコストが高い

 

自分で結ぶタイプのメリットとデメリット

 icon-check-square-o 自分で結ぶタイプのメリット

  • 自分の好きな位置に好きな大きさのウキ止めを作れる
  • セットしなおす際も、仕掛けを切る必要がない
  • ワンタッチタイプよりコストが安い

 icon-check-square 自分で結ぶタイプのデメリット

  • 結び方のコツを覚えるのに慣れが必要
  • シリコンゴムタイプのものは、結びやすい反面、強度が弱い

 

ワンタッチ取り付けタイプに比べ、自分で結ぶタイプの持つメリットは大きく、デメリットは小さいと言えます。

それ故、仕掛け作りに慣れてくれば、ウキ止めは自分で結ぶタイプを使用する人が増えます。

管理人としても、できれば初心者さんであっても、自分で結ぶタイプを使うことをお勧めします。

ウキ止めの結び方は簡単なので、ご存知なければ、後ほどコチラをどうぞ icon-arrow-circle-down 

 icon-pencil-square-o ウキ止めの糸の結び方(ウキ止めの作り方)

 

ウキ止めの素材

ウキ止めの素材は、一般的には『ゴム』と、『糸』があります。

また、釣り糸の端糸や裁縫用の糸を使用することも出来ますが、ウキ止めは安価な釣り道具なので、無用なトラブルを避けるためにも、市販品を使いましょう。

ウキ止めのそれぞれの素材に対する留意点を記載しておきます。

 

ウキ止めの素材がゴムの場合の留意点

ウキ止めの素材がゴムタイプの場合は、通常の伸びない『ゴムタイプ』と、伸びる『シリコンタイプ』のものがあります。

ゴムタイプのものには、カーボン素材を配合され耐久性を向上させた製品が多くあります。

基本的にゴムタイプはワンタッチ取り付けタイプになりますが、位置調整を行うのに何度も動かしていると、ゴムの内側が道糸と擦れ合うことで、傷が入りやすいという欠点があります。

傷が入るとゴムの締め込みが緩くなり、取り付け位置が変わったり、ゴムが切れて外れてしまったりします。

そして、シリコンタイプのものは輪ゴム状になっており、基本的に自分で結ぶタイプになります。

結ぶ操作は簡単ですが、こちらも位置調整には注意を払わないと、緩んだり解けたりします。

また、ウキ止めのコブが道糸を挟んでバランスよく中心に取り付けにくいという面もあります。

 

ウキ止めの素材が糸の場合の留意点

ウキ止めの素材が糸タイプのものは、ゴムのように切れることはありません。

最近はソフトナイロンウーリー製の新素材がメインになっています。

ただし、素材が糸タイプのものは、最初に道糸に絞め込む強さが、その後の使い勝手に影響します。

強く絞めすぎるとウキ止めが動かない、逆に、緩いとセットした位置がずれてしまうということになります。

糸タイプのものは、ウキ止めをうまくセットするのにある程度の慣れが必要ですが、コツを掴めば特に苦労はありません。

こちらもワンタッチ取り付けタイプと、自分で結ぶタイプがありますが、やはり仕掛け作りに慣れてくれば、自分で結ぶタイプを使う人が増えます。

 

ウキ止めの素材については、ナイロンウーリー製の糸タイプのメリットが大きいと言えます。

道糸への締め付け方や強さに注意を払う必要はありますが、慣れれば特に問題なくセットできます。

管理人としても糸タイプを使うことをお勧めします。

 

ウキ止めのカラー(視認性)、形状、サイズ

ここまでに紹介したウキ止めの取り付けタイプと素材は、ウキ止めを選ぶ時の最も大きな要素です。

ただし、ウキ止めを購入する際に、以下の3点についても適切なものを選ぶ必要があります。

 

ウキ止めのカラー(視認性)

一昔前のウキ止めの基本色は黒色、あるいは山吹色(輪ゴムの色)でした。

最近は視認性の高いカラー(オレンジ、ピンク、グリーンなど)の商品が数多く販売されています。

多少のコスト高にはなりますが、それに見合った使い勝手の良さがあるので、カラーのウキ止めを使用する方が良いでしょう。

 

ウキ止めの形状

ウキ止めの糸タイプを使って自分で結ぶ場合は、形状はほとんど関係ありません。

素材がゴムでワンタッチ取り付けタイプのウキ止めの場合は、ウキ止めの形状に差があります。

一般的には紡錘形状を使う機会が多いのですが、細長い形状をしたものや、テーパー(先細り)形状になっているものもありますので、自分の釣りにあったものを選びましょう。

 

ウキ止めの道糸(ライン)に合ったサイズ

ワンタッチ取り付けタイプにしろ、自分で結ぶタイプにしろ、ウキ止めを使う道糸(ライン)の太さに見合ったサイズのものを選択する必要があります。

サイズが合っていないと、キッチリと止まらなかったり、解けたり、割れてしまったりと、トラブルの原因となります。

ウキ止めの製品パッケージには、適合道糸の号数が記載されていますので、かならず道糸(ライン)の太さにあった製品を使うようにしましょう。

 

ウキ止めの種類

それでは、実際にウキ止めの種類に応じた製品を幾つか紹介します。

ここまでに紹介した『取り付けタイプ』、『素材』、『カラー(視認性)』、『形状』、『サイズ』など、様々なものをピックアップしてみます。

 

 icon-caret-square-o-right ワンタッチ取り付けタイプ【ゴムタイプ】

ささめ針(SASAME) 道具屋 ウキ止めゴムお徳用 S

  • 一般的な形状のウキ止めゴム
  • カーボン素材配合で耐久性が高い
  • 徳用で割安製品

 

DAITOU(ダイトウブク) カラーWウキ止メゴム

  • カラーで高視認性の為、タナがひと目でわかる
  • テーパー形状になっています

 

 icon-caret-square-o-right ワンタッチ取り付けタイプ【糸タイプ】 

ナカジマ ウキ止めの糸

  • 定番の安心商品
  • 徳用で割安製品

 

 icon-caret-square-o-right 自分で結ぶタイプ【ゴムタイプ】

第一精工 キングウキ止めゴム 徳用 40本入

  • ウレタンゴム製品
  • シリコンゴムに比べ強度が高い
  • カラーで視認性が良い

 

 icon-caret-square-o-right 自分で結ぶタイプ【糸タイプ】

サンライン(SUNLINE) ライン とまる ウキ止め糸 3m ピンク M

  • 新素材のソフトナイロンウーリー製
  • 道糸に優しく、しっかり止まる
  • 視認性の高い赤色
  • スプールタイプで使い易い
  • 管理人はこのタイプを使用しています

 

以上で、ウキ止めの種類と、タイプに応じたウキ止めの選び方の紹介を終わります。

ウキ止めはきちんと固定されていなければ、知らず知らずのうちに固定位置がずれて、用を成しません。

早いうちに気付けばよいですが、ずれに気付かずに釣りを続け、無駄な時間を使ってしまわないように、自分の釣りに合った適切なものを選びましょう。

また、ウキ止めは釣行の都度、必ず新しくセットし直すようにしましょう!!

 

【関連記事】

 icon-pencil-square-o ウキ止めの糸の結び方(ウキ止めの作り方)

 icon-pencil-square-o 【仕掛けの小ネタ】シモリがウキ止めを越えてしまう場合の対処方法

 icon-pencil-square-o 基本的な釣り糸の結びの種類を知る【ウキ釣り仕掛け編】

 icon-pencil-square-o 【仕掛けの小ネタ】カゴ釣りや投げサビキ仕掛けのウキ止めの結び方

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-釣り道具
-, , ,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 All Rights Reserved.