「 エビ撒き 」 一覧

エビ撒きカゴの自作方法

エビ撒きカゴ(底撒き器)を簡単に自作する方法

活きエビ(シラサエビ)のマキエを使う釣り方に、エビ撒き釣りやズボ釣りがあります。マキエの一つに、エビ撒きカゴを使った底撒きという方法があり、ここでは、このエビ撒きカゴを簡単に自作する方法と、ロックフィッシュに対する有効な使い方を紹介します。

泉南でハネとチヌのエビ撒き釣り(泉佐野食コン第2戦)

ゴールデンウィークを前にハネのエビ撒き釣りシーズンに、乗っ込みのチヌは最高潮を迎えています。今回は泉佐野食品コンビナート(食コン)の大阪側ドラムで前回釣行時のリベンジ戦です。桟橋付近への遠投エビ撒き釣りを決行し、ハネとチヌを見事にゲット!!スズキクラスのバラシはあったものの、まずまず納得の釣行となりました。

食コンでハネのエビ撒き釣り

泉佐野食品コンビナート(食コン)でハネのエビ撒き釣り

4月に入りハネのエビ撒き釣りも本番ということで、泉佐野食品コンビナート(食コン)へ行ってきました。ここはこの時期、ハネとチヌのエビ撒き釣りの人気スポットですが、今年はまだ釣果が芳しくない模様。この日は雨の中の釣行となり、釣り場もガラガラ状態。条件は最悪でしたが、何とか45cmオーバーのハネをゲットしてヤレヤレです。

深日港赤灯波止でアジ爆釣

深日港でメバル・チヌ撃沈も、この時期にアジ爆釣!!

深日港へメバルとチヌを狙ったエビ撒き釣り、アジを狙った投げサビキ(ウキサビキ)釣りへ両親とともに行ってきました。釣り場はチヌの乗っ込みの時期ということもあり、普段はあまり行かない赤灯波止です。メバルとチヌはたぶん大丈夫だろうと思い、アジは時期的に厳しいと思っていたのですが、結果はあべこべ・・・まさかのアジ爆釣!!

釣りネタPC/SPインフィード

優雅に泳ぐエイ

和歌山青岸 エビ撒き釣りでボウズの犯人を仕立てる!?

今回は久しぶりの友人との釣行です。友人は初心者なので、釣り場が広く、混雑の少ない和歌山青岸へ出掛けました。ここ最近エビ撒き釣りに使うシラサエビの記事を書いていましたので、久しぶりにエビ撒き釣りを行うことに。狙いのメインはチヌでしたが、結果は丸ぼうず・・・言い訳として「原因はコイツだ!!」と“エイ”を犯人に仕立てました。

活きエビのエビ撒き

活きエビ(シラサエビ、ブツエビ)のマキエの方法

活きエビ(シラサエビやブツエビ)は万能エサですが、冷凍エサであるオキアミやアミエビのように、匂いによる集魚効果はほとんどありません。それでもエビ撒き釣りに代表されるように、動きの良い活きエビをマキエにしながら使う機会は多くあります。ここでは、エビ撒き釣りを行う際の、活きエビのマキエの方法について、簡単に紹介します。

シラサエビ

エビ撒き釣りの活きエビ【シラサエビ】と【ブツエビ】

エビ撒き釣りのシーズン開幕に合わせ、この釣りに関連する基本知識のうち、使われるエサついて纏めます。この釣りをする場合に、使うエサの選択肢はシラサエビの一択だと考えておられる方も多いと思いますが、地エビやブツエビという選択肢があることも理解しておきましょう。価格は高くなりますが、対象魚によっては、高い効果を発揮します。

春エビ撒き釣りシーズン

エビ撒き釣りシーズン開幕で、春本番も真近か!?

2015/03/22   -釣り雑記
 ,

どうも、ガチろっくんです。長い冬は終わりを告げ、春の数釣りシーズン開幕を感じさせる釣果情報が、かなり増えてきました。特にエビ撒き釣りのシーズンは早春と初秋ですが、『春は数釣り、秋は大物』と言われている通り、暖かくなって乗っ込みのチヌも2桁の釣果、メバルやハネも数釣りの報告がされるケースが出てきました。

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2018 All Rights Reserved.