「 ハリス 」 一覧

短い釣り糸でも楽にサルカンへ結べる方法

仕掛けを扱う際に、釣糸が短すぎて結ぶ操作に手こずる場合があります。 エダスの短い枝針や、穴釣り用に用意したハリスなどが良い例です。ここでは、ハリスのコスト削減などを含め、様々な理由で結び難い長さになった釣糸でも、サルカン(スイベル)のような環になっているものであれば、簡単に結べる方法について紹介します。

ウキゴムサルカン

【仕掛けの子ネタ】ウキゴムでサルカン結び目のハリス切れ防止

穴釣りや、際釣り、脈釣り仕掛けなど、海底付近を攻める探り釣りを行っていると、サルカン付きオモリに結んだ釣り針が、ハリスの結び目から抜けたように切れてしまうことがあります。これはサルカンの環やハリスの結び目の痛みが原因ですが、ここでは、ウキゴムを使った簡単お手軽でコストが掛からない対処方法を紹介します。

ダイワ針結び器

釣り針を結ぶ便利グッズ【針結び器】

釣りの仕掛けを作る上で、釣り針は必須のものです。糸付き針を購入される方もいれば、バラ針とハリスを購入し、自分で結ぶ人もいます。ただ、長く釣りを行う上では、コスト面を考えても、自分で結ぶことに圧倒的なメリットがあります。ここでは、釣り針を内掛け結びで結ぶことが出来る【針結び器】という便利グッズについて紹介します。

基本的なハリス選択

ハリスに対する基本的な知識を深めよう!!

基本的に海釣りで使用されるハリスの素材は、ナイロンかフロロカーボンです。そしてハリスの求められる要件をより満たしているのは、フロロカーボンになります。ここでは、釣果に直接影響を及ぼすハリスの性能、汎用性の高い商品性能の選び方、管理人が進めるSeagurの最強ハリス等について、釣りの初心者さんに向けた情報を紹介します。

釣りネタPC/SPインフィード

釣り糸は細い方が有利

釣り糸の太さは、太いよりも細い方が有利!!

海釣りで使う釣り糸は、道糸(ライン)、ハリスを問わず、細いほど良いと考える人がほとんどです。これは一般常識として認識されており、ほとんどの釣りの種類に対しては正解です。ではなぜ良いのでしょうか?選択する釣り糸の太さに対しては、メリット・デメリットがあり、ここでは何故細い方が良いのかを具体的な説明を付けて紹介します。

釣り糸の使い分け

釣りの種類や状況に応じた釣り糸の使い分けを知る!!

ここ最近【釣りのネタ帳】では、道糸(ライン)やハリス(リーダー)を問わず、釣り糸そのものの特性を中心とした内容で記事を書き、素材はナイロン、フロロカーボン、PE(ポリエチレン)、ポリエステルと、メジャーな4種類に関して纏めてきました。今後はより具体的なテーマを設け、実践的な釣り糸の選択ができる内容にしたいと思います。

釣り糸の特徴

海釣りで使う【釣り糸】(道糸、ハリス)の特徴・特性

釣り糸(道糸(ライン)やハリス)については、種類や素材、特性、色、太さ及び強度などが、釣果に影響を与えるファクターとして存在します。釣り糸の特性は、使われている素材の特徴に依存します。ここでは、釣りで主要なナイロン、フロロカーボン、PE(ポリエチレン)、ポリエステルの4種類の釣り糸について、その特徴を紹介します。

釣り糸の太さと強度

海釣りで使う【釣り糸】(ライン)の太さと強力及び強度

前記事では海釣りで使う釣り糸(道糸、ハリス)の種類と素材を紹介しました。ここでは、釣り糸の太さと強力及び強度の関係について紹介します。強力に対しては、太さというマイナス要因が絡む為、自身の釣りに合った適切な強力の釣り糸を選択することは、釣果を伸ばす上で非常に重要です。釣り糸に対する正しい知識を身に付けておきましょう。

海釣りで使う【釣り糸】(道糸、ハリス)の種類と素材

釣りの初心者さんなら、始めから糸が巻かれたリールを使用していたり、仕掛けもあらかじめ針にハリスが結ばれたものや、道糸に括り付けるだけの商品を使っているケースもあるでしょう。しかし、釣りに慣れてくれば、これらの性能に不満を持つようになります。ここでは釣りで最も重要な要素である釣り糸(道糸、ハリス)について纏めます。

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2018 All Rights Reserved.