【淡路島のアジ】知り合いの漁師さんからの贈り物

投稿日:2015年6月22日 更新日:

どうも、ガチろっくんです。

先日より豆アジ釣行や、釣った豆アジの処理の仕方について記事にしてきましたが、同じタイミングで知り合いの漁師さんからアジを頂いたので、これも記事にすることにしました。

 

この知り合いの漁師さんは、親父殿の従兄にあたり、淡路島の由良港に住んでいます。

漁師と言っても、釣り船を出すのがメインで、お客さんの予約が入ってない時だけ、漁に出ている感じです。

今はもう結構な歳なので、一線からは退いており、細々と続けている感じです。

 

一昔前は深日港から洲本や津名へのフェリーが出ていましたので、車で行く時はこの経路で訪れていました。

また、由良港へは高速艇も出ていたので、深日港に車を止めて由良まで釣りに遠征したこともありました。

明石海峡大橋が出来て以降は利便性も無くなり、どちらの船もしばらくして無くなりましたね。

 

スポンサーリンク

淡路島の漁師さんからの贈り物

この漁師さんからは、年に数回贈り物を頂きます icon-gift 

当然中身は魚介類ですが、その時々で様々なものが送られてきます。

そして今回、豆アジ釣行の2日後に、これでもかというほどのアジが送られてきたのです!!

 

淡路から届いたアジ

淡路島の漁師さんから贈り物で届いたアジ

実家に届いたアジは、その数なんと25匹。

実家には両親しかいませんので、もちろん我々兄弟姉妹にもお裾分けが周ってきます。

管理人は取りあえず、会社帰りに実家へ寄って受け取ってきました。

 

ゲットしたアジ

管理人一家は8匹のアジをゲット!!

管理人はおチビ2人含めての4人家族ですが、少し多めの8匹をゲットしてきました。

シンクの中へ開けましたが、8匹でもなかなかの大迫力!!

そうなると、釣り好きとしてはやはり気になるそのサイズ・・・

 

30cmオーバーのアジ

定規を当てると・・・いずれも30cmオーバー!!

なんと、いずれも30cmオーバーじゃないですか。

受け取った分で、一番小さいのを計ってみたら、28cmでした。

28cmでも、いつも釣りに行く場所じゃあ、なかなかお目に掛かれないサイズ。

取りあえず、調理は奥方様に任せ、会社帰りの管理人はお風呂に入ることにしました。

 

アジのゼイゴ落とし

【ゼイゴ落とし】

一匹だけ捌くところを写真に収めようと思って、奥方様の包丁さばきを見ていましたが、見事なもので、アッという間にゼイゴを落とす所まで・・・

早く風呂に入って来てと言われたので、そそくさとお風呂へ向かいます。

 

アジのお造りとタタキ用

【お造りとタタキ用】

風呂から上がると、すでにアジはお造り用とタタキ用として、柵の状態で置かれていました。

『うん、なかなかの出来栄えだよ。』

って、あんた何様って感じ・・・

 

処理済みのアジ

【残り6匹も処理済み】

そして、『残りはどうした?』と聞くと、冷蔵庫からタッパーを出して来て、『取りあえず内臓処理は終えているけど、どうする?』と返事が・・・

仕事が速いねぇ。。。

なかなかやりよるわい。

 

そしてこの後、6匹のうち、2匹は翌日の塩焼き用として冷蔵に、2匹はそのまま冷凍に、更に2匹は皮付きの三枚おろしにしてもらい冷凍しました。

我が家には絶えず様々な魚種のストックがあり、かなりの量になることもありますが、週に3回は魚がメインなので、アッという間にはけていきます。

 

柵にしてあった2匹分は当日、刺身とタタキで頂きました。

icon-arrow-circle-down の写真はアジのタタキで、お刺身は写真写りが悪かったので掲載なしに。

 

アジのタタキ

シンプルにネギとポン酢で食すアジのタタキ

30cmオーバーのアジ2匹分の刺身とタタキだったので、かなりのボリュームがありました。

それでも、我が家の若君の『うまい、これウマイ!』と、姫君の『おいちい・・・』の前にかかれば、あっという間の完食でした。

程よくのった脂が絶妙な甘みを醸し出し、タタキのポン酢とも抜群の相性でホントに美味しかったです!!

 

そして、翌日はコチラ icon-arrow-circle-down 

 

アジの塩焼き

粗塩をほんのり効かせたアジの塩焼き

冷蔵庫で1晩寝かせたアジの塩焼きです。

そこそこサイズのある皿なのですが、頭が無くても皿からはみ出ています。

焼きをいれる少し前にした粗塩がほんのり染みて、こちらも抜群に美味しかったです。

 

頂く魚が何にしろ、こうして捕りたて新鮮な魚介を締めて送ってもらえるのは、幸せな境遇です。

自分で釣って帰った魚を食すのもウマイことには違いないですが、やはりプロの仕事には敵わないことを実感します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

海釣りおすすめロッドシリーズ3選

万能磯竿 ダイワ リバティクラブ磯風

信頼のメーカーが送り出す、波止釣りの万能ロッドは、初心者からベテランまで幅広く使用されている人気のロッドです。
軽快な振り調子、汎用ロッド中No.1の持ち軽さ、相反する最高レベルの強度を兼備した通常モデルは、ウキ釣りなどの軽い仕掛けはもちろん、サビキ釣り、カゴ釣りやチョイ投げなど負荷の掛かる仕掛けに至るまで、幅広い強度の釣りに対応可能です。
売れ筋No.1は、もっとも使いやすく汎用性の高い3号4.5mの遠投モデルです。

万能ルアーロッド アブガルシア クロスフィールドXRFS

コンセプトである「様々なフィールド、ターゲット、釣り方を一本のロッドで」をさらに突き詰めた結果、誕生したのがXRFSシリーズの9ft台モデルです。
強固なシーバスロッドでありながら、エギング2.5号~、ワインド1/4oz~の適用範囲となる本ロッドは、まさに万能ルアーロッドと言えます。
実売価格10,000円を切る、このコストパフォーマンスの高さは圧巻です。

ライトSWロッド ダイワ 月下美人

アジング、メバリングの専用ロッドと呼ぶに相応しい、繊細なアタリを食い込ませる機能が、ふんだんに盛り込まれた最先端ロッドです。
食い込み性能に優れたソリッドトップのSモデルと、高速フッキングを可能にするパワフルなチューブラートップのTモデルの2タイプがあります。
おすすめは76UL-Sで極細ソリッドがもたらすフッキング時の食い込みの良さ、キャスト時のシャープな振り調子は、初心者でも扱い易いロッドです。

-釣り雑記
-, , ,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2018 All Rights Reserved.