ポートアイランド北公園で投げサビキ釣り

投稿日:2018年1月8日 更新日:

どうもガチろっくんです。

2018年の釣り始めは、家族帯同のファミリーフィッシングで、神戸港はポートアイランドの北公園へ、マイワシのサビキ釣りに出掛けました。

正直サビキ釣りのシーズンは終了しているので、例年ならロックフィッシュに出掛けるところですが、いつものようにフィッシングマックスの釣果情報を見ていると、神戸周辺では年が明けてもマイワシが良く釣れているとのこと。

昨年は深日港でのマイワシの回遊が不発だったこともあり、家族と一緒に釣りに行けませんでした。

そこで、普段はあまり釣行には出ない神戸方面へ、家族帯同で向かうことにしました。

今回も釣行時間、1時間半という短期決戦、果たしてその釣果やいかに・・・

 

スポンサーリンク

ポートアイランド北公園で投げサビキ釣り

【釣 行】

2018年 1月 7日(日) 16:00~17:30

場所:ポートアイランド北公園 東側波止

天気:曇り

潮 :中潮

 

神戸周辺(東側)と神戸周辺(西側)ってどこだ!?

ブログを始める前には神戸というか、垂水の方まで時折出掛けていた。

ただ、最近はまったくのご無沙汰で、淡路島への釣行を除くと、兵庫方面へ出掛けるのはおそらく2年ぶりくらいになるだろうか。

最後に行ったのは兵庫突堤だったが、釣り人がわんさかいて入り込む隙間もなく、かなりの時間待ってようやく入れたが、お隣さんは激込みの中でチョイ投げ釣り。

道糸沈めも使っておらず、こちらはウキをまったく流せず(勝負を賭けてオマツリ2回)、夕方の時合を待たずに納竿したことを覚えている。

見せ所ゼロだったので、ブログの記事にすらならなかった。

それ以来の釣行だが、一応いくつかの釣り場について、多少の心得はある。

フィッシングマックスのハーバーランド店での釣果情報は、神戸周辺(東側)とか神戸周辺(西側)とか曖昧な表示しかなく、マイワシが釣れている詳しい場所までは分からない。

電話で確認するという手もあったが、大阪方面からだと武庫川店か芦屋浜店に寄るので、何となく気が引けた。

出発は13:30頃、十分に時間はあるので、いくつかの釣り場を見て回って、釣れている場所を発見することに賭けた。

 

フィッシングマックス芦屋浜店

フィッシングマックス芦屋浜店

予定通り、フィッシングマックス芦屋浜店に寄る。

サビキ釣りの予定なので、エサのアミエビ以外のタックルはすべて揃っている。

半年くらい使ってサビキ針が6本中、3本になってしまったものさえ、食いが良ければ未だに使っており、いつもながら物持ちは良い。

買い物はアミエビ2kgだけで良かったが、2018年の初釣りという事だったで、思い切って少し高価なサビキを買うことにした。

 

神戸大橋を渡ってポートアイランドへ

神戸大橋を渡ってポートアイランドへ

神戸周辺(東側)とか神戸周辺(西側)、いずれでもマイワシの釣果はあるようだが、曖昧な書き方のポイントの目ぼしい場所は2通りだ。

一つはポートアイランドの、東側と西側という意味かもしれない。

あるいは、もっと狭い範囲で北公園の、東側波止と西側波止のことかもしれない。

もう一つは、逆に大きな範囲で見ると、兵庫突堤が東側で、ポートアイランドが西側という意味かもしれない。

いずれにしても、ポートアイランドが対象に入っていることは間違いないと考え、神戸大橋を渡ってポートアイランドへ向かい、まずは北公園を見回ることにした。

 

ポートアイランドから神戸空港へ、そして結局北公園へ

ポートアイランドの北公園

ポートアイランドの北公園

神戸大橋をバックに北公園広場を、写真に収めてみた。

ここは広大な釣り場なので、東側波止と西側波止を見回るだけでも、相当な時間を要する。

まず、西側を見て回ったが、ほとんどサビキ釣りをしている人はおらず、バケツも出ていない。

真冬にしては、風も波もなく、釣り場は静寂に包まれていた。

『ここではない!』管理人の直感が、そう訴えかける。

そして、今度は東側波止へ向かった。

 

北公園の東側波止

北公園の東側波止

サビキ釣りの人がチョコチョコいる。

しかしながら、やはりバケツは出ていない。

何となく釣れそうな気がするが、ファミリーも多くないようなので、踏ん切りがつかない。

まだ時間はあるので、家族の待つ車へ戻って、ポートアイランドで釣りが出来そうな場所をぐるりと回ることにした。

というか、神戸空港まで出向いてしまった。

ただ、結果的にはいずれの釣り場でもサビキで盛り上がっている場所はなく、さすがに兵庫突堤まで行く時間はないので、あえなく北公園へ戻ってきた。

 

ポートアイランドの北公園 東側波止でサビキ釣り

本日の仕掛けとエサ

本日の仕掛けとエサ

あれほど余裕のあった時間だが、再び北公園へ戻ってきて駐車場に車を停め、仕掛けを開始する頃にはもう16時を過ぎていた。

コンビニで買ったファミチキを一気に口へ突っ込み、急いで仕掛けを開始する。

購入した完成仕掛けのサビキは、Hayabusaの小アジ専科「ケイムラサバ皮レインボー」で税込み400円だ・・・気合が入る。

普通のサビキ釣りがしたかったが、ウチのチビ助に竿を預けるので、いつも負荷がないようにウキサビキ(投げサビキ)にしてやる。

 

管理人一家のサビキ釣り風景

管理人一家のサビキ釣り風景

この頃になると、他にもファミリーさんが数組来ており、少し離れた場所でマイワシが上がるのが見えた。

「おっ、あそこでイワシが釣れてるわ。ボチボチ始まるかな。」

期待は膨らむが、管理人一家のウキはピクリともしない。

残された時間は少ないので、バンバン上撒きしてイワシを寄せようとしたが、イワシの魚体は一向に姿を現さない。

「おかしいなぁ、向こうではポツポツ上がってるのに・・・」

本当に少ししか離れていないのに、管理人一家の周囲では釣果が上がらず、ある決まったピンポイントのみでイワシが釣れている。

 

ピンポイントのイワシポイント

ピンポイントのイワシポイント

始めにここへ着いた時に、あの付近へ入ろうと思ったのだ。

ただ、係留している船のロープにチビ助が仕掛けを引っ掛ける恐れがあるのと、すごいゴミが流れ付いていたので避けたのだ。

長く見ていると、イワシは群れてはいないようで、単発単発で、1回釣れると次いつ来るか分からないほど渋い。

ただ、時折回遊があるのを見ると、『なんで、あそこだけやねん!!』と歯がゆい思いをさせられる。

いつか、コチラの縦列にもイワシはやってくると信じ、ひたすらにエサを撒きまくるが、イワシはやって来ない。

そんな中でヒットしてきたのは、意外なお客さんだった・・・

 

25cmのセイゴ

25cmのセイゴ

25cmほどのセイゴだ。

まあ、セイゴでも釣れないよりはマシだが、セイゴ狙いなら、きっと数釣りが可能だっただろう。

これだけでは、オカズにもならないので、即リリースし、その後も日が暮れる17:30まで続けたが、終ぞイワシは一匹もやって来ることはなかった。

ということで、2018年の初釣りは、セイゴ1匹と言う貧釣果に終えてしまった。

ただ、家族はアチコチ周って、ドライブ気分で楽しんでいたので、その点は一緒に出掛けて良かったと思う。

昨年は一緒に釣りに出る機会が少なく、もう少し頻度を上げたいと思っていたので、今日は穏やかな天候の中、好きな釣りを家族で一緒に楽しめただけで良しとしよう。

 

本日の釣果とタックル

【本日の釣果】

セイゴ:1匹(25cm)リリース

 

【本日のタックル】

【ロッドについて一言】

磯竿の汎用ロッドとしてコスパの高い1本ですが、2017年7月に新製品のHOLIDAY ISOシリーズが発表されました。

 icon-check-squareシマノ ホリデー磯2017 3号 450PTS 

【リールについて一言】

シマノのAERLEXはずいぶんと昔に生産が終了したリールで、この後継機としてエルフが発売され、更にその後継機として、現在はサハラという名の安価な汎用リールとして販売されています。

 icon-check-square SHIMANO(シマノ) リール 17 サハラ C2000S

 

因みに、この後帰宅して、フィッシングマックスの釣果情報を見てみると、あいまいな表現の神戸周辺(東側)の釣果が、以下の写真付きで記載されていました。

-フィッシングマックス釣果情報より-

-フィッシングマックス釣果情報より-

このアングルの写真は、管理人が撮ってきて先に載せた写真と同じ場所ですね。

どうやら、手探り状態で、釣果情報にあった釣り場を引き当てていたようです。

ただ、残念なことにこの日の釣果情報のコメントは、『連日、マイワシが好調とあって大勢の釣り人で賑わっています。しかし巡回時には少しだけマイワシの回遊があり釣れてはいました。見ていても群れが小さい感じでしたのでもうすぐぬけてしまうかも知れませんね!!』

「なんじゃ、そりゃ!!」

フィッシングマックスの釣果情報では、釣り納め釣行の【なぎさ公園の安定のアジ】に引き続き、初釣りでも【マイワシ好調】に踊らされてしまったようです。

まあ、日々変わりゆく環境条件なので、そんなこともあるでしょうが、まさか年を越してまで続くとは・・・。

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

海釣りおすすめロッドシリーズ3選

万能磯竿 シマノ ランドメイト

入門者向けのバリュープライスなロッドでありながら、波止釣りでの使用を中心に、初心者からベテランまで幅広く使用されている大人気製品です。
万能竿に求められる軽快な振り調子、驚きの持ち軽さから、女性やお子様にも扱いやすい、ファミリーフィッシングに適した万能モデルです。
売れ筋No.1は3号450-PTS(遠投モデル)です。

万能ルアーロッド アブガルシア クロスフィールドXRFS

コンセプトである「様々なフィールド、ターゲット、釣り方を一本のロッドで」をさらに突き詰めた結果、誕生したのがXRFSシリーズの9ft台モデルです。
強固なシーバスロッドでありながら、エギング2.5号~、ワインド1/4oz~の適用範囲となる本ロッドは、まさに万能ルアーロッドと言えます。
実売価格10,000円を切る、このコストパフォーマンスの高さは圧巻です。

ライトSWロッド ダイワ 月下美人

アジング、メバリングの専用ロッドと呼ぶに相応しい、繊細なアタリを食い込ませる機能が、ふんだんに盛り込まれた最先端ロッドです。
食い込み性能に優れたソリッドトップのSモデルと、高速フッキングを可能にするパワフルなチューブラートップのTモデルの2タイプがあります。
おすすめは76UL-Sで極細ソリッドがもたらすフッキング時の食い込みの良さ、キャスト時のシャープな振り調子は、初心者でも扱い易いロッドです。

-神戸周辺
-, ,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2018 All Rights Reserved.