【続】ハマチを捌く!! -ムニエルと竜田揚げで食す-

投稿日:2014年10月22日 更新日:

【釣りのネタ帳】・・・まだまだ歴史が浅いブログではありますが、継続して読んで頂いている方なら覚えている人もいるでしょうか!?

なぜなのか理由は不明ですが、大ヒット御礼記事まで出すに至った、元記事『和歌山下津の釣りでボウズを食らい、ハマチを捌く!!

 

なんと公約通り、この記事の続編を書く時がきました。

・・・というか、捌いたハマチの残りを調理して食べただけのことなのですが・・・

すいません、なんか大げさな言い回しをしてしまいまして。

 

では早速・・・

 

スポンサーリンク

【続】ハマチを捌く!! -ムニエルと竜田揚げで食す-

ハマチのムニエル

hamachiryouri-001

冷凍しておいたハマチ

このハマチは買ってきて捌いたのが2014年9月22日でしたか・・・

そこから冷凍しておきましたので、ちょうど1週間が経過しました。

半身の2/3ですが、これで家族4人(大人2人、幼児2人)でちょうど良い位の量です。

 

hamachiryouri-002

ハマチの下ごしらえ

解凍後に、水分を良く切ってから、両面にタップリ目の塩コショウをし、10分程度おきます。

表面に水分が出てきたら、キッチンペーパーで軽く拭き取りましょう!

 

hamachiryouri-003

粉付け

今回はムニエルにする為、表面に小麦粉を付けていきます。

この時余分な小麦粉は軽く払って落としておきます。

小麦粉の付けすぎは、焦げたり、仕上がりがゴテゴテします。

 

hamachiryouri-004

焼き入れ

ほどほどの油で焼いていきます。

まずは皮の方をじっくりと焼き色が付くまで・・・

続いて身の方を焼いていきます。

今回のようにハマチの身が厚いままで焼くときは、フライパンに蓋をして、中まで熱をシッカリと通しましょう。

 

hamachiryouri-005

バター投入

鍋肌にバターをたっぷり入れて、溶け出したら焼いたハマチに1~2分程度で絡めていきます。

バターが焦げ付かないように、長時間の加熱は避けましょう!!

余熱で仕上げてもOKです。

 

出来上がった料理は・・・こんな感じ icon-arrow-circle-down 

hamachiryouri-006

【大迫力なハマチのムニエル】

お皿にハマチをもり、パターを上からかけて完成です。

レモンを絞っても良いのですが、幼児と一緒に食べるので今回は無しにしました。

『これはウマイっ!!』なんて大袈裟な言い方はしませんが、『ふつ~に旨かった』です。

食べ盛りのお子さんに、シッカリと魚を食べさせたい方は一度お試しあれ!!

 

ハマチの竜田揚げとカサゴ(ガシラ)とソイの唐揚げ

hamachiryouri-007

ハマチの下ごしらえ

ハマチを冷凍保存して2週間です。

まず一口サイズにブツ切りします。

醤油適量、酒適量、味醂大さじ1、生姜(チューブで5cm)を混ぜ合わせ、1時間程度漬け込みます。

調味料はホントおおよそで大丈夫です icon-hand-o-up 

 

hamachiryouri-008

粉付け

お皿に片栗粉を敷き、漬け込んだハマチの身だけを移します。

ハマチは漬けダレでベトベトですが、片栗粉はほどほどに付けましょう。

ただし、小麦粉を使うよりは油の吸収率は低いので、カロリーはあまり気にしなくて良いかもしれません。

 

hamachiryouri-009

冷凍しておいたカサゴとソイ

以前釣ってきた(いつ頃かは?)カサゴとソイを捌いたものも冷凍保存してあったので、ついでに唐揚げにしてしまいます。

水分を切り、軽く塩コショウをし、30分程度放置しておきます。

 

hamachiryouri-010

コチラも粉付け

ついでみたいなものですし、片栗粉が余っていたので、片栗粉で揚げちゃうことにします!!

醤油漬けでないのであれば、無理に片栗粉を使う必要はないので、普通に小麦粉でOKです。

 

hamachiryouri-011

準備完了

これでハマチの竜田揚げと、カサゴとソイの唐揚げの準備が整いました。

ハマチの漬け置き時間を除くと、15分程で準備出来ます。

 

hamachiryouri-012

まずガシラとソイを油へ投入

では、早速ガシラとソイを油に投入!

竜田揚げを先に揚げると、醤油で油の劣化が早くなるので、ハマチの順番は後回しにしましょう。

 

hamachiryouri-013

あっという間に揚げ終了

こんがりと良い色に揚がりました。

ソイはガシラに較べ皮が厚い為、よく揚げて下さい。

揚げが甘いと、生臭さが残ります!!

ガシラは癖が少ないので、気にしなくて大丈夫です。

揚げたらすぐに塩を振りましょう。

 

hamachiryouri-014

ハマチ投入

続いてハマチを油に投入

油の温度低下を起こさない程度にドンドンと入れちゃって下さい。

油断していると、あっという間に揚がるので、醤油が焦げないうちに上げてしまいましょう。

 

hamachiryouri-015

コチラもあっという間に揚げ終了

こちらもこんがりと美味しそうに揚がりました。

すでに味は付いているので、このままで食べてもOKです。

 

出来上がった料理は・・・こんな感じ icon-arrow-circle-down 

hamachiryouri-016

【ハマチの竜田揚げタルタル添えとカサゴ(ガシラ)とソイの唐揚げ】

ハマチの竜田揚げは、そのまま食べても十分に美味しいです。

ただ、子供があんまり張り切って食べないので、偉大なソースの2トップに頼ります。

・タルタルソース

・オーロラソース

この日はタルタルを添えて出すことにしました。

 

ついでにこの日出したタルタルの作り方も写真なしですが、載せておきます。

1.卵を1個固ゆで(15分程度)する。

2.卵の殻をむき、白身と黄身を分けて、白身はみじん切りにする。

3.玉ねぎ1/4と同量のピクルスをみじん切りにする。

4.大さじ3のマヨネーズと大さじ1の牛乳に、全ての材料を加え混ぜる。

5.最後に塩と胡椒で味を整える。

 

因みに、カサゴ(ガシラ)は良く釣って帰って、唐揚げにしています。

こちらは家族みんなが大好きなので、近年釣りに行くと言えば、取りあえずカサゴ(ガシラ)は確保するようにすることが増えました。

それ故か管理人はカサゴ(ガシラ)の穴釣りに関していえば、かなりテクっています。

近いうちに何らかの形で記事にしようかと思っていますので、乞うご期待!!

 

【関連記事】

 icon-pencil-square-o 和歌山下津の釣りでボウズを食らい、ハマチを捌く!!

 icon-pencil-square-o 【釣りのネタ帳】ガチろっくんもビックリの大躍進!!

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-調理
-, ,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 AllRights Reserved.