海釣りで手軽に釣れる魚の色(保護色) -特徴と特性-

投稿日:2014年10月30日 更新日:

保護色は体色及び模様に見られますが、その生物の生息環境への適応の結果といえます。

主に体の色が背景と見分けがつきにくくなっている場合に、その体色のことを保護色と言います。

 

魚の色や模様も基本的には自身を守るため、棲む環境に適応した色をしています。

もちろん捕食や威嚇、あるいは求愛行為の為、その効果を発言する色を持っていたり、変化させたりする魚もいます。

ここでは、私たちが波止や砂浜、磯などで手軽に海釣りを楽しむ際に釣れる魚の色の特徴と特性について纏めてみます。

 

スポンサーリンク

海釣りで手軽に釣れる魚の色(保護色) -特徴と特性-

海釣りで釣れる魚の色(保護色)の特徴

【背中が青または黒で、腹側は白色】

イワシ、サバ、アジ、サンマなどの青魚、良くいわれる『背の青い魚』

maaji-001

マアジ

これら青魚に共通して言えるのは、表層近くを遊泳する魚種であるということです。

 

【黒色に近い色(暗色)】

クロダイ、グレ、メバル、アイナメなど

kurodai-001

クロダイ(チヌ)

表層以外に住む魚の多くは暗色あるいは灰色をしています。

 

【赤色に近い色】

マダイ、チダイ、カサゴ(深場)など

madai-001

マダイ

深場に棲む魚には赤色をした魚がおり、カサゴなどは浅場に棲むものとで体色が異なります。

 

ksago-001

浅場にいる黒色に近いカサゴ

ksago-002

深場にいる赤色に近いカサゴ

 

【銀色あるいは金属色】

カマス、ハマチ、カンパチ、サゴシ、スズキなど

kanpachi-001

カンパチ

【背中が青または黒で、腹側は白色】と同じような色合いのものもいますが、こちらは青魚と違って捕食する側が中心となります。

 

【釣れる場所に同化した色】

カレイ、キス、マゴチ、ヒラメ、カサゴ(浅場)など

kisu-001

シロギス

海底の砂地や岩礁帯と同化するような体色となっています。

 

海釣りで釣れる魚の色(保護色)の特性

【背中が青または黒で、腹側は白色】

イワシ、サバ、アジ、サンマなどの青魚は表層を遊泳するため、フィッシュイーターによる捕食対象になるだけでなく、鳥類にとっても捕食対象になります。

それ故、背中側が海と同色である青、あるいは目立たない黒色をしており、逆に腹側は海中から見た場合に目立たない白色となっています。

 

【黒色に近い色(暗色)】

クロダイ、グレ、メバル、アイナメなど多くの魚が黒色に近い色(暗色)をしています。水中映像を見ると分かりますが、暗色は太陽光が十分に届く水深の浅い水中においては、薄い灰色に映ります。

また、太陽光の届きにくい水深のある深場においては、黒色そのものとなり、いずれにしても透明色と比較して遜色がないほど目立たない色です。

 

【赤色に近い色】

マダイ、チダイなどの比較的水深のある所に棲む魚には目立つ赤色をしたものもいます。

水深が深くなればなるほど、太陽光における赤色は届きにくくなり、水深200m位になると赤色の光は全く届かなくなります。

この場所では青色の光が環境光となり、赤色の体色をした魚は、青色光と合わさって黒色に近い色となり、目立たなくなります。

浅場にいるカサゴは岩礁などと同化した黒色に近い色を持ちますが、深場にいるものは赤色をしているものが多くなります。

 

【銀色あるいは金属色】

カマス、ハマチ、カンパチ、サゴシ、スズキなど、捕食する側となる魚にこの体色を持つものが多いのですが、これも保護色の一種です。

太陽光が十分届く水深、透明度の高い水質環境などに棲むこれらの魚を下から見上げた場合、体色が太陽光を乱反射させ、太陽光のギラギラと同化したようになることから保護色として働きます。

 

【釣れる場所に同化した色】

カレイ(砂系)、キス、マゴチなど砂浜の色に同化したもの、カレイ(石系)、ヒラメなど岩底の色に同化したもの、カサゴ(浅場)やアイナメなど岩礁の色に同化したものなど、まさに棲む環境の色合いに合わせた体色をしたものは多くいます。

これらの魚は同じ魚種でも、体色だけでなく、よく見ると模様も少なからず変化していることが分かります。

 

海釣りで釣れる魚の色(保護色)のまとめ

魚の体色はその魚の棲む水域、特に太陽光の影響をどのように受ける水域かであるかによって大きく変わります。

浅場での水域を表層、中層、底層と3種類に分けた場合、それぞれの層の魚は、概ね下記のような体色となります。

 

表層の場合:【背中が青または黒で、腹側は白色】または【銀色あついは金属色】

中層の場合:【銀色あるいは金属色】または【黒色に近い色(暗色)】

底層の場合:【黒色に近い色(暗色)】または【釣れる場所に同化した色】

 

なお、手軽に釣るという訳にはいきませんが、深場での魚の体色についても簡単に記載しておきます。

 

深場においては、深海へ行けば行くほど捕食対象自体の絶対数が少なくなることから、目立つ色は浅場の魚以上に捕食対象となり易い。

それゆえに、深海魚ほど目立たない色のものが多いのですが、一般的に目立たない色というのは黒色、あるいは透明色ということになります。

既に上記に示しましたが、200m程度までは太陽光において赤色光の吸収が起こるため、残留青色光の拡散の兼ね合いで、赤色系の体色は環境の青色光と相殺されて地味な灰色に見えます。

その為、深場で体色が赤色の場合は保護色として働きます。

 

200m程度までの深場の場合:【赤色に近い魚】あるいは【黒色】

200m以上の深場の場合:【黒色】あるいは【透明色】

 

以上、私たちが波止や砂浜、磯などで手軽に海釣りを楽しむ際に釣れる魚の色の特徴と特性について纏めてみました。

ルアーフィッシング等を楽しむ場合、捕食対象の擬似をベースとしたものが多いと思いますが、逆にその環境では考えられないような色合いを持つものでも十分に通用します。

魚種によりけりとは思いますが、フィッシュイーターにとっては、単に目立って動くものが捕食対象として認識されているだけの事というのが事実であるのかもしれません。

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-魚のこと
-,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 All Rights Reserved.