【万代池】釣りを始めたキッカケ ~遠き日の思い出~

投稿日:2014年8月20日 更新日:

最近はもっぱら海にしか釣りに出ていませんが、『釣り場』によって釣れる魚は違う【淡水魚の場合】という記事を書いていた時、これまで釣りに行った池や川のことが思い出され、懐かしく思うと同時に穏やかな気持ちになる自分がいました。

その理由は、管理人にとっての釣りの原点、すなわち釣りを始めたキッカケについて思いを馳せたからです。

良い機会なので、これを記事にしておこうと思います。

古い記憶なので、すべてが当時を再現できるものではありませんが、思い出に残る印象が強い一日を過ごしましたので、意外と鮮明な記憶として残っています。

それでは、当時を振り返りながら、今思うことを書き綴ります

 

スポンサーリンク

【万代池】釣りを始めたキッカケ ~遠き日の思い出~

確か小学5年生の春だったと思うのですが、算盤検定三級の合格祝いとして、叔母さんにねだって買ってもらったプラスチック製のモンドリ、これがすべての始まりでした。

モンドリっていうのは上の写真のようなもので、容器の中へ練りエサなどを入れて水中へ沈め、ある程度の時間放置した後に引き揚げて、小魚やエビなどを捕獲する仕掛けです。

30年も前の話ですが、1,000円ほどの価格だったと思います。

今ならペットボトルで簡単に自作できますが、当時はまだコーラが1L瓶で売られている時代で、そのような発想はなかったです。

ところがモンドリを買ってもらったはいいが、いざ使うとなれば、当然ながら池や川にいかなければダメですよね。

近くにモンドリを使える水場はなく、小学校からは子供同士で校区外へ出ることへの禁止発令・・・まあ、お袋様も当然のごとく許してはくれないのです。

生活の身近に水場があり、小さな頃から遊び場にしている人達からすれば、信じられないような話しなのかもしれませんね。

また、当時の親父殿にはほとんど遊んでもらったことがなく(祖父に軍隊式で育てられ、亭主関白バリバリで、子供の教育は母親任せ)、子供と一緒に出掛けることなど、親類と一緒に出掛ける恒例になっていた年に一度のキャンプくらい!!

当然親父殿に連れて行ってもらうように頼む勇気もなく、毎日モンドリを触って魚を取ったという妄想にふけるだけでした。

 

ところがある日曜日、朝起きると親父殿が台所でサナギ粉と小麦粉を混ぜて何かを作っているのです。

本で見て知識だけはあったので、すぐにピン!ときました。

黙って横で見ていると、親父殿が出かけるから支度をしなさいと言うのです。

あの時、自分がどんな感情表現をしたかまでは覚えていないですが、たぶん嬉しさではしゃいだりはせず、グッと喜びを噛みしめたことだったろうと思います。

かくして自宅より車で10分ほどの距離にある万代池(ばんだいいけ)へ、親父殿が仕事で使用していたトラックに乗って行きました。

親父殿に連れられて二人で遊びに行くなど、この時が生まれて初めてだったんじゃあないかなぁ・・・

 

 

万代池(大阪市住吉区)の風景

万代池(大阪市住吉区)の風景

万代池には今でも年に数度、妻と子供と連れ添って遊びに行きます。

春には池の周りの遊歩道沿いに桜が満開になり、連日大賑わいとなります。

桜の時期の写真もたくさんあったのですが、ことごとく奥方様と子供が写っており、公開の許可が下りませんでしたので、掲載は普通の写真となっています。

 icon-arrow-right この後、ブログの運営を続けて行くうちに、釣行時の模様など、モザイクを掛けて家族の写真は公開するようになりました。

 


一応、万代池の場所も地図で貼っておきます。

残念ながら、”一応”釣りは禁止となっているんですが・・・

 

万代池に到着 モンドリ不発で予期せぬ釣りとの出会い

万代池へ着くとすぐさまモンドリの中へ親父殿が作った練り餌を放り込み、水中へ沈めました。

沈めた場所は浅かったのですが、水が濁っており水の中の様子は良くわかりません。

たぶん15分~30分位は放置しておいたと思います。

その間、親父殿と何をして時間を過ごしたのかまでは思い出せません。

 

その後、満を持してモンドリを引き揚げたはずですが、小魚一匹すら捕獲できていませんでした。

今でも万代池にはモロコやメダカのような小魚、ヌマエビやスジエビなども生息しており、モンドリを使えば捕獲できます。

今思い直しても、『まさかの空振り!!』

当然ポイントを変えて『もう一度!!』といくはずが、親父殿のまさかの一言『こんなんやってもアカン』・・・

親父殿はもう行くぞ!!というのです・・・この時はたぶん泣きそうだったと思います。

ところが、ここから事態は思わぬ展開を迎えます!!

 

トラックに乗り込み、もう家に帰るのかと思いきや・・・向かった先はなんと釣り具屋さん。

あっけに取られているうちに、親父殿は延べ竿と仕掛けを作る道具一式を買い込みました。

そして再度、万代池へ向かいました!!

 

釣りをしたことがない管理人としては、親父殿が何をしているのかをよく理解できません。

あれよあれよと見ているうちに、いつの間にか釣りが始まっていました。

どれくらいの時間釣りをしたのか、まずは、親父殿が大きなフナを釣り上げました。

そして親父殿がトイレか何かで外した際に釣り竿を託され、言われた通りに棒ウキをジッと見ていると・・・まさかの消し込み!!

良く分からずに竿を上げるとフナが・・・ただ、必要以上に釣り竿を振り上げてしまい、竿は後方にある木の枝に引っ掛かり、フナは宙ぶらりん状態に。

そこへ親父殿が帰ってきて、怒られると思いきや、確か逆に褒められたような記憶があります。

 

その後、今度は親父殿が銭亀を釣り上げたのですが、ここでまたまた意外なエピソードが飛び出してきました。

更に昔の話になるのですが、一時期だけ銭亀を飼っていたのを何となく覚えているのですが、その亀は万代池で捕まえたものとのことでした。

まだ小さな管理人と弟君があまりにも喜ぶから、持って帰って飼い始めたというのです。

ところが、お袋様が大の動物嫌い!!

当然、世話などできるはずもなく、それは幼い私と弟君も同じです。

結局のところ、いくらの期間も経たないうちに、万代池へ戻してやったというのです。

その時の亀が我々に会いに来たんじゃないかと、冗談半分なのでしょうが、親父殿がそのように言ったのです。

当然そんなわけはないのですが、子供の私としてはそう思い込むのに何の抵抗もなく、あちこちで自慢げに言い触らしていたことを覚えています。

 

これが初めて釣りをした日の出来事ですが、こうして書き出してみると、なんと充実した一日だったのでしょう。

ホントに色々な意味で良い経験をした日、大切な思い出の一ページになったのです。

そしてこの日を境に、親父殿は何かのスイッチが入ったように、釣りに打ち込み始めました。

かくいう私もそれまでの親父殿との親子関係が一変し、池→川→海へとシフトしながら、週末ごとの釣り三昧の日々に突入していくことになりました。

 

これが管理人が【釣りを始めたキッカケ】です。

このキッカケがもとで、30年以上経った今でも釣りを続け、こうして釣りブログサイト【釣りのネタ帳】を運営している【ガチろっくん】が存在しています。

釣りにのめり込んでいくに際しては、いろいろなエピソードもありますが、それはまた別の機会にでも書いてみたいと思います。

きっとこの記事を読んでもらっているあなたにも、かけがえのない日の思い出があるのでしょうね。

自身が父親という立場である今、子供に対してハッキリと記憶に残る良い思い出を作ってあげられたらなと、改めて思いなおす今日この頃でした。

 

【関連記事】

 icon-pencil-square-o 『釣り場』によって釣れる魚は違う【淡水魚の場合】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

海釣りおすすめロッドシリーズ3選

万能磯竿 ダイワ リバティクラブ磯風

信頼のメーカーが送り出す、波止釣りの万能ロッドは、初心者からベテランまで幅広く使用されている人気のロッドです。
軽快な振り調子、汎用ロッド中No.1の持ち軽さ、相反する最高レベルの強度を兼備した通常モデルは、ウキ釣りなどの軽い仕掛けはもちろん、サビキ釣り、カゴ釣りやチョイ投げなど負荷の掛かる仕掛けに至るまで、幅広い強度の釣りに対応可能です。
売れ筋No.1は、もっとも使いやすく汎用性の高い3号4.5mの遠投モデルです。

万能ルアーロッド アブガルシア クロスフィールドXRFS

コンセプトである「様々なフィールド、ターゲット、釣り方を一本のロッドで」をさらに突き詰めた結果、誕生したのがXRFSシリーズの9ft台モデルです。
強固なシーバスロッドでありながら、エギング2.5号~、ワインド1/4oz~の適用範囲となる本ロッドは、まさに万能ルアーロッドと言えます。
実売価格10,000円を切る、このコストパフォーマンスの高さは圧巻です。

ライトSWロッド ダイワ 月下美人

アジング、メバリングの専用ロッドと呼ぶに相応しい、繊細なアタリを食い込ませる機能が、ふんだんに盛り込まれた最先端ロッドです。
食い込み性能に優れたソリッドトップのSモデルと、高速フッキングを可能にするパワフルなチューブラートップのTモデルの2タイプがあります。
おすすめは76UL-Sで極細ソリッドがもたらすフッキング時の食い込みの良さ、キャスト時のシャープな振り調子は、初心者でも扱い易いロッドです。

-釣り雑記
-,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2018 All Rights Reserved.