釣りのネタ帳

釣りのネタ帳では海釣りネタと釣行記録、気まぐれ日記を綴っています! ブログ運用やお役立ち情報の配信も!!


武庫川一文字でタコジグのタコ釣り~二兎を追う者(前編)

投稿日:2019年8月27日 更新日:

どうもガチろっくんです。

台風の上陸や週末の雨、また夏休みの家族サービスなどが続き、好きな波止釣りへ出掛ける機会もなかなかない状況でしたが、この日曜日は午前中の釣りに出掛ける時間をとりました。

釣り場は渡船で渡る武庫川一文字(通称:ムコイチ)で、タコジグを使ったタコ釣りと、紀州釣りでのチヌ釣りに出掛けました。

午前中の釣りだけなのに欲張ったせいか、釣果は散々な結果に・・・二兎を追う者は一兎をも得ずを自ら体現してしまいました。

今回は前後編で構成しているので、まずは前編のタコジグを使ったタコ釣りの釣行の模様をば・・・

 

武庫川一文字(ムコイチ)でタコジグのタコ釣り~二兎を追う者(前編)

【釣 行】

2019年 8月 25日(日) 5:30~8:30

場所:武庫川一文字(ムコイチ)

天気:曇り時々晴れ 風強し

潮 :長潮

 

武庫川渡船で武庫川一文字へ

前編ではタコ釣りの模様をお届けするが、今回の主目的は紀州釣りだ。

紀州釣りはちょうど2年ぶりで、経緯にはちょっとした訳があるのだが、そのアタリのことは後編で記載することにする。

この日は午前中の釣りだけということもあり、出来れば近場が良いと思ったが、サビキシーズンで夏休み最後の休日ということもあり、大阪近郊の足場の良い波止はファミリーが多かろう。

かといってテトラポッドで紀州釣りをするほどの元気もないので、思い切って渡船で武庫川一文字へ渡ることにした。

 

フィッシングマックス武庫川店

フィッシングマックス武庫川店

行き掛けにフィッシングマックスの武庫川店でコメヌカ1袋とオキアミを購入した。

タコ釣り(オクトパッシング)で使うルアーは、タコジグ・タコエギに関わらずたくさん持っているので、追加購入の必要はない。

フィッシングマックスの武庫川店は規模も小さく、駐車場も少ないので、神戸方面へ釣りに出る時もほとんど寄ることはない。

ただ、今回は行き先が武庫川尻の尼崎市立魚釣り公園のある所なので、大阪方面から武庫川一文字へ向かう釣り人は多くは、ここへ寄るのではないだろうか。

 

武庫川渡船の一番船は5時

武庫川渡船の一番船は5時

武庫川渡船の受付を済ませたのは4時半過ぎだったが、通常5時の一番船は既に出船していた。

一番船は釣り客も多いので、シーズン中の人気の一文字なら時間より早く船を出すのは、武庫川渡船に関わらず他も同じだろう。

そうはいっても、次の船も結局5時前には出船したので、管理人としては当初予定通りの到着だ。

武庫川渡船は30分から遅くとも1時間の間隔で送り迎えがあるので、この頻度はさすがに国内No.1の一文字(沖提)だけはある。

 

武庫川一文字の5番で下船

武庫川一文字の5番で下船

この日は武庫川渡船の中で下船できる5番に降りた。

この釣り場に詳しいわけではないので、特に5番に降りた理由があるわけでもなく、一番遠いので一番空いているだろうと思ったからだ。

同じ船に乗っていた釣り客は2番と4番でほとんど下船してしまった。

案の定、この時間帯の5番はガラガラで、タコジグで探り歩くつもりだからこの方が都合が良い。

 

前日に作ってきた3連タコジグで探り歩くも・・・新子過ぎるタコ

3連タコジグを使用

3連タコジグを使用

使用した仕掛けは、前日に作って持参した3連タコジグ仕掛けだ。

根掛かりしてもジグだけ切れてくれるように、幹糸8号に対してエダスは3.5号を使っている。

少し細めの仕掛けだが、実はベイトリールのPEラインを巻き替えるのが面倒で、タイラバに使っている1.2号そのままで来たためだ。

時期も時期だけに、キロタコなど掛からないだろうから問題ないと舐めてかかっていたが、これが後に災いする。

 

最近は陽が出るのも滅法遅くなり、仕掛けをして釣りを開始しても、まだアタリは薄暗かった。

外向きの波止沿いでケーソンの継ぎ目の隙間が開いている部分を中心に探り始める。

ただこの日は紀州釣りのタックルやエサも持って来ているので、ある程度歩いた所で折り返す。

アタリがないまま周囲が明るくなった頃、ようやく初ヒットしたが・・・

 

150gの新子タコ

150gの新子タコ

残念ながら150gしかない新子のタコだった。

ただこの時は一匹乗ったことで、その後に期待していたので、新子1匹のために大きなスカリまで入れた。

タコも時合いが来て1匹釣れると、パタパタと釣れることもので、さあボチボチ始まるかなと思って根気よく探ってみたが、その後が続かない。

この頃になると、もうタコジグがケーソンの隙間に吸い込まれるのも覚悟の上で、際々を攻めていた。

一時間ほども空いただろうか、心が折れかけたその時に・・・

 

新子過ぎるマダコ

新子過ぎるマダコ

もはや重ささえ感じるのが困難なほど、45gの小さなタコが掛かって来た。

「マジかよ!」

同行者がいれば笑えるが、一人だとただ空しい。

というかスケールで測って写真を撮るのも、周囲の人の目が及ばないタイミングで素早く行う。

さすがにこのサイズはどうしようもないのでリリースだ。

 

その後、気を取り直して仕掛けを落としていくが、攻めすぎていることが災いし、ケーソンの隙間にタコジグが吸い込まれた。

手応えから吸い込まれたのは1個だけなので、シャクってエダスを切ろうとしたら、あろうことかPEから切れて全て飛んでしまった。

何のために面倒な3連仕掛けを、ハリスの強さを変えて作って来たのか・・・もはや現場で3連を組むだけの気力はなかった。

 

舟型ジグでテクトロ作戦も・・・ヤッパリ新子か!!

タコジグのストックはたくさんあるが、3連でダメなのに1個で釣れる気はしない。

正直、小刻みに竿先を振る作業で、すでに手首に掛かる負担も無視できないようになってきている。

そこで、違うタイプのタコジグを使うことにした。

 

舟型のタコジグ

舟型のタコジグ

セットしたのは舟型のタコジグで、縦の釣りではなく横の釣りで使うものだ。

タコエギと言う選択肢もあったが、あれも結構手首への負担は大きい。

舟型のタコジグなら、ゆっくりと歩きながら波止際の底を引いていくだけで良い。

いわゆるテクトロみたいなものだが、底があまりガチャガチャしていたり、ロープが沈んでいる場所では使えない。

どうやら武庫川一文字の海底は、それほどガチャガチャしてなさそうで、1時間ほどこの釣りを行ったが、根掛かりでタコジグを失うことはなかった。

 

ただ、この1時間での釣果の方はと言うと・・・

内側へ移動してからの3ヒット、2バラシで釣り上げることが出来たのは1匹だけだった。

 

舟型タコジグで新子ゲット

舟型タコジグで新子ゲット

その1匹は、なんとまたまた新子過ぎる新子で75g。

これまたリリースサイズで、もはやぐうの音も出ない。

残念なのは、バラした2匹のうちの、1匹はソコソコのサイズだったことだ。

 

時計を見ると、もう8時半になっており、3時間も歩き回ってゲット出来たのが新子3つ。

続ければもう少しは釣れただろうが、この日はダブルヘッダーの紀州釣りが控えている。

タコの借りはチヌで返してもらおうかと思い、初戦のタコ釣りはここで納竿とした。

 

本日の釣果とタックル

【お持ち帰り】

マダコ:1匹(150g)

【リリース】

マダコ:2匹(75gまで)

 

この後の紀州釣りでのチヌは釣れても持ち帰らないし、1匹だけタコを持って帰っても仕方がないので、リリースしようと思ってスカリを上げたら、すでに虫の息でした。

仕方なく持ち帰ったのですが、『また、こんな小さいの1匹だけ持って帰ってから!』と奥方様から苦言を浴びせられる羽目になったのは、管理人の釣行後のいつもの日常です。

 

【本日のタックル】

この釣果ではタックルを紹介しても説得力がないので、今日はタックル紹介はなしです。

一応タコジグを使ったマダコの釣り方については、詳しく纏めた記事を作成してありますので、この釣りにご興味のある方は以下の記事をご覧下さい。

  タコジグ仕掛けを使ったタコの釣り方【オクトパッシング】

 

武庫川一文字でのダブルヘッダーのうちの一戦目、タコジグを使ったマダコ釣りはこんな感じで惨敗とも言える結果でした。

タコもシーズン終盤で数も減っているのは分かりますが、それならサイズくらいは、もう少し子マシなものが釣れそうなものです。

まさかのシーズン開始時のサイズの新子が連発するとは思いもしませんでした。

ただ、岸和田一文字の方はもうタコシーズン終了宣言しているような感じです。

武庫川一文字の方はまだ少しは釣れそうな感じなので、今シーズンのタコ釣りに未練を残されている方は急いで出掛けましょう。

 

以上で、武庫川一文字で二兎を追う者の前編は終了です。

後半のチヌの紀州釣りでも酷い釣りが続きますが、引き続きダメさ加減を見てやろうという方はコチラからどうぞ!!

チヌ釣り
本日の紀州釣りの釣果
武庫川一文字でチヌの紀州釣り~二兎を追う者(後編)

武庫川渡船で渡る武庫川一文字で、紀州釣りで狙ったチヌ(クロダイ)釣りの模様をお届けします。2年ぶりの紀州釣りでしたが、非常に厳しい釣果となりました。午前中だけの釣りにも関わらず、タコとチヌの二兎を追った者の哀れな行く末の後編になります。

続きを見る

 

コチラの人気記事もどうぞ


関連記事も読まれています

海釣りおすすめロッドシリーズ3選

万能磯竿 ダイワ リバティクラブ磯風

信頼のメーカーが送り出す、波止釣りの万能ロッドは、初心者からベテランまで幅広く使用されている人気のロッドです。
軽快な振り調子、汎用ロッド中No.1の持ち軽さ、相反する最高レベルの強度を兼備した通常モデルは、ウキ釣りなどの軽い仕掛けはもちろん、サビキ釣り、カゴ釣りやチョイ投げなど負荷の掛かる仕掛けに至るまで、幅広い強度の釣りに対応可能です。
売れ筋No.1は、もっとも使いやすく汎用性の高い3号4.5mの遠投モデルです。

万能ルアーロッド アブガルシア クロスフィールドXRFS

コンセプトである「様々なフィールド、ターゲット、釣り方を一本のロッドで」をさらに突き詰めた結果、誕生したのがXRFSシリーズの9ft台モデルです。
強固なシーバスロッドでありながら、エギング2.5号~、ワインド1/4oz~の適用範囲となる本ロッドは、まさに万能ルアーロッドと言えます。
実売価格10,000円を切る、このコストパフォーマンスの高さは圧巻です。

ライトSWロッド ダイワ 月下美人

アジング、メバリングの専用ロッドと呼ぶに相応しい、繊細なアタリを食い込ませる機能が、ふんだんに盛り込まれた最先端ロッドです。
食い込み性能に優れたソリッドトップのSモデルと、高速フッキングを可能にするパワフルなチューブラートップのTモデルの2タイプがあります。
おすすめは76UL-Sで極細ソリッドがもたらすフッキング時の食い込みの良さ、キャスト時のシャープな振り調子は、初心者でも扱い易いロッドです。

-西宮周辺
-,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2019 All Rights Reserved.