タコジグ仕掛けを使ったタコの釣り方【オクトパッシング】

投稿日:2017年7月25日 更新日:

夏の暑さも本格化すると、海釣りにおける夏の風物詩の一つ、防波堤で狙うタコ釣りが盛り上がりを見せます。

近年のルアーフィッシング人気にあやかり、タコ釣りにおいてもオクトパッシングと呼ばれる疑似餌釣りが人気を集めています。

この中でも、特に人気の高いタコエギを使ったオクトパッシングでのマダコの釣り方については、先日の記事で紹介しました icon-arrow-circle-down 

 icon-caret-square-o-right タコエギ仕掛けで釣るタコの釣り方【オクトパッシング】

 

ここでは、タコ釣りを行ったことがない初心者さんでも手軽に釣果を得やすいもう一つの釣法で、タコジグを使った釣り方を紹介します。

タコジグを使った釣りは、非常にシンプルな仕掛けやタックル、そして釣り方でありながら、場所や潮によっては驚くほどの大漁も可能なお勧めの釣り方ですので、是非とも最後までご覧下さい。

 

スポンサーリンク

【タコ釣り】タコジグ仕掛けを使ったマダコの釣り方(オクトパッシング)

 

タコジグのオクトパッシング

タコジグで気軽に釣れるタコ

ルアーフィッシング全盛の現在、そもそもが擬似餌で釣ることが多いタコですので、いろいろと研究されて新たな釣り方が人気を博すのも頷けます。

その一つが、ここ近年で取り組む人が増えているタコエギを使ったオクトパッシングでしょうが、遠近両用で幅広いポイントを探れる、実に理に叶った釣り方だと思います。

これからタコ釣りを始めようとするルアーフィッシング経験者の、10人中9人はタコエギでのキャストフィッシングを選択するだろうと思います。

 

そうはいっても、昔からまだまだ根強い人気のあるタコジグでの釣法が、疎かにされているわけではありません。

使用するタコジグを替えれば、タコジグでも遠近両用と言えるし、水深のある釣り場では、タコジグで狙える防波堤の壁際がもっともタコが数上がる好ポイントです。

際釣りということで、少し地味な印象もあるかもしれませんが、この釣りで一度タコが爆釣すれば、そんな印象など吹っ飛び、豪快な釣りが堪能出来ます。

各々に甲乙付け難い良さのあるタコジグとタコエギでの釣り方ですが、ここではタコジグ釣法の紹介を行います。

まずは、タコジグを使ったオクトパッシングに適切なタックルと仕掛けについて紹介しましょう。

 

タコジグを使ったオクトパッシング向けのタックルと仕掛け

タコジグ仕掛け

3種類のタコジグ仕掛け

タコジグ用のタックルと仕掛けは、至ってシンプルなのですが、一点気をつけておきたいのが、非常に強靭なタックルになっているということです。

根掛かりの少ないタコエギ釣法であれば、もう少しライトタックルで臨めますが、タコジグでの釣りは根掛かりとの戦いになりますので、そういうわけにもいきません。

一番シンプルな仕掛けは、ロッドにリール、PEラインにタコジグを直結というものですが、実際にはPEラインまでは共通で、その先が上図のように3種類に分かれています。

左の【タコジグ】と示したものは波止際の探り釣り用、中間の【タコジグ舟型】と示したものはキャスティングでの沖目用、右の【連結仕掛け】と示したものは波止際を広範囲に探れる仕掛けになります。

いずれの仕掛けもタコジグの交換を容易にするために、スナップ付きサルカンを入れています。

なお、連結仕掛けについては、完成仕掛けとして始めから2連、3連になった製品も販売されています。

以下に、このタックルの概要を、もう少し詳しく説明しておきましょう。

 

 icon-check-square-o 釣り竿(ロッド)は先調子で硬めのものを使う

ロッドは先調子で1.8m~3m程度のものを用意します。

『水深が浅い』、『水面までの高さが低い』なら短めのロッド、逆に、『水深が深い』、『水面までの高さが高い』なら長めのロッドが良いでしょう。

とは言っても、釣り場の状況はケースバイケースなので、もし1本だけ用意するなら2.4mを用意するのが良いでしょう。

あるいは、もし一からロッドを購入するのであれば、この釣りでは『大は小を兼ねる』と考え、2.4m~3.0mのロッドを選択する方が汎用性が高く、後悔することはないと思います。

そして、釣り竿の種類は問いませんが、とにかく硬めのロッドが適しており、タコ専用ロッドを除けば、船竿投げ竿などが使いやすいでしょう。

もしルアーロッドを使うのであれば、この釣りではエギングロッドやシーバスロッドでは、ロッドを破損させるリスクが高いので、適合ルアーが40g以上のジギングロッドが良いでしょう。

強靭なロッドさえ選択していれば、適合ラインについては、あまり気にする必要はありません。

なお、この釣りは置き竿できる釣りではなく、重いタコジグ仕掛けにアクションを与え続けますので、手首に掛かる負担を考えれば、重さは200g位までのロッドが良いでしょう。

 

 icon-check-square-o リールはスピニングリール、ベイトリールのいずれでもOK

リールについては、スピニングリールでもベイトリールでも、どちらも使えますが、出来ればベイトリールを使いましょう。

この釣法のメインポイントは、沖合いよりも波止際なので、キャスティング性能の心配は不要です。

ベイトとスピニングでは、リールの重さと巻き取りパワーの違いは歴然なので、圧倒的にベイトリールの方が使いやすいです。

逆にスピニングリールでは、根掛かりやキロタコが掛かった際に、リールを破損させてしまうリスクも大きく、また大物をバラしてしまうことにも成りかねません。

『それでもスピニングで何とか!』という方は、タコ釣りでは最大ドラグ力が6kgは欲しいところですので、スピニングリールの汎用的なものだと3,000番が目安となります。

なお、波止際の探り釣りだけなら、キャスティング機能のない両軸リールでも良いでしょうが、落とし込み釣りに使うような太鼓リール(片軸リール)は、前述の理由と同じで破損する恐れが強いので使わないで下さい。

後ほど紹介しようと思いますが、負荷が20g以上のキャスティングリールであれば、最近は安価で頑強、なおかつ高性能なリールも販売されています。

タコ釣りを始めるつもりでベイトリールをお持ちでない方は、タコエギでの釣法にも使えますので、是非ともこの機会にベイトリールの購入を検討されることをお勧めします。

 

 icon-check-square-o 道糸(ライン)はPEの一択、モトスはナイロンラインを用意

安価なラインで十分ですので、出来るだけPEラインを使いましょう。

タコ釣りは根掛かりが多いだけでなく、タコが岩礁に張り付くこともしばしばありますので、伸びの大きなナイロンラインは不利です。

タコジグの場合はPEで3号~5号程度が一般的ですが、根掛かりでタコジグを切るつもりなら3号くらいが使いやすいでしょう。

ロッドとリールが十分に頑強なタックルで、根掛かりでタコジグのフックを曲げてでも、回収にチャレンジする方は5号を使用しても良いと思います。

なお、これ以上の太さのラインを勧めている情報サイトもありますが、タックルバランスや安全性を考えれば、管理人的には不要だと思います。

 

あとついでに記載しておくと、3号以上の強度のPEラインになると、切ろうと思ってもなかなか切れません。

竿で引いて取れない根掛かりであれば、手で引くと間違いなく手を切るような怪我をするし、リールで無理に引くと、スプールにラインが食い込むだけでなく、リールが破損する原因となります。

安全面も考慮して、必ずラインブレイカーのようなものを使ってラインを引いて下さい(ご存じない方向けに、ラインブレイカーの一例を示しておきます)。

 

タコジグが一つの場合は、PEラインだけで済みますが、複数個のタコジグを連結させる仕掛けを自分で作る時は、メインラインより若干強度の低いナイロンラインを用意します。

道糸がPE3号ならモトス(幹糸)はナイロン10号、道糸がPE5号ならナイロン15号程度で良いでしょう。

なお、PEラインをモトス(幹糸)に使うと絡みまくって釣りになりませんので、面倒でもPE以外のラインを使いましょう。

連結仕掛けの自作は、あれこれと準備が大変で結構コストも高くつくので、これについては先ほど書きましたが、完成仕掛けとして販売されている製品を使う方がメリットが大きいかもしれません。

ちなみに余談ですが、タコ釣りを良くする方なら、何度も使って錆が浮いた中古のタコジグも余っていると思うので、これらを再利用すれば連結仕掛けを作る価値は高まると思います。

 

 icon-check-square-o タコジグは通常タイプと船型の2種類

タコジグには以下の2種類があり、波止際を攻める釣り用と、沖目を狙う釣り用になっています。

見た目は何となく近いですが、自分の釣りに合ったタコジグを選べるよう、キチンと違いを把握しておきましょう。

通常のタコジグと船型のタコジグ

 

(左)通常のタコジグ/(右)舟型のタコジグ

【通常のタコジグ】

  • 掛け針になったフックが全方向に向けて配置されている。
  • フックの集まりの中心部に、オモリが配置されている。
  • タコジグを縦に下ろすので、着底時は立った状態になり、針先は上を向く。
  • オモリの底には連結用の結び環が埋め込まれている。

【船型のタコジグ】

  • 掛け針になったフックは3本程度で、片面だけに配置されている。
  • フックはオモリ底部に並行に配置されている。
  • 着底時のタコジグは寝た状態になり、フックは上側で、針先は横を向く。

波止際を攻める通常のタコジグは、上下の誘いで縦の動きが中心であり、キャストして沖目を攻める舟型のタコジグは、底を引きずって来ることで横の動きが中心になります。

それぞれ、動きに合わせて適切な形状になっており、釣り方に合わないタコジグを選択すると、釣果が伴わないだけでなく、根掛かりが多発することにもなりますのでご注意下さい。

 

マダコのポイントと、タコジグを使ったマダコの釣り方

タコは甲殻類の中でも、特にカニが大好物なのですが、人工の防波堤は、捨て石や敷石、波止際に付くイガイなどの存在もあり、カニが豊富に存在しています。

普段は沖目にいるタコも、捕食時には堤防近くの掛け上がりや岩場、そして岸壁にまで寄ってきます。

波止釣りでのマダコのポイント

 

波止釣りでのタコが釣れるポイント

波止釣りにおける、防波堤の基本構造を考慮したうえで、タコが釣れるポイントを示してみました。

【✕】で示した場所が主にタコを狙う場所になり、このような場所にはカニやエビなどのエサが豊富なだけでなく、タコの隠れ家となる場所も多くあります。

  • 波止際のイガイ(カラス貝)が付いている層
  • 捨て石が入っている波止際付近の底
  • 少し沖目の岩や根が存在する場所
  • 波止から10m~20m離れた位置にある掛け上がり

いずれのポイントでも共通点として言えることは、平坦な砂底ではなくガチャガチャした岩場や根がある場所だという点です。

ですので、波止の掛け上がりより向こう側に岩場があればそこもポイントになりますが、逆に砂地ばかりであれば、そこを狙っても十分な釣果は得られません。

沖目を狙う場合でもキャスティング距離は、波止の掛け上がりがある少し向こう側の20m~30mまでとすれば良いでしょう。

 

それでは、釣り方について簡単に説明を加えておきましょう。

タコジグを使ったマダコの釣り方

タコジグでのタコの釣り方

まずは、【通常のタコジグでの波止際の探り方】について、手順と注意ポイントを書き出してみます。

  1. タコジグ仕掛けをゆっくりと海底まで下ろしていく。
  2. 海底付近で上下させ、コツコツと2度、3度と海底を叩いてやる。
  3. タコジグを海底にピタリとつけて、10秒~20秒間止めて待つ。
  4. アタリがなければ、もう一度繰り返す。
  5. それでもアタリがなければ、イガイ(カラス貝)の層まで引き上げる。
  6. イガイの層付近で、派手に上下にしゃくって、誘いをかける。
  7. タコジグをピタリと止めて、10秒~20秒間止めて待つ。
  8. アタリがなければ、もう一度繰り返す。
  9. タコが乗って来て、竿先でズゥ~んと重みを感じたら大合わせする。
  10. タコが掛かれば、ラインを緩めずに、一気に引き抜く。
  11. アタリがなければ、5m~10m横へ移動して、1.から繰り返す。
  • タコジグを下ろす時は、可能な限り波止際から離さない。
  • タコジグを着底させる時は、タコジグが転ばないように、ゆっくりと下ろす。
  • 誘いを掛けた後のタコジグは、キッチリと止めることが重要
  • 水深のある波止場ほど、イガイの層を含めて幅広い層を探る。
  • タコが乗ったか根掛かりか分からなくても、取りあえず大合わせする。
  • タコがヒットする層が分かれば、積極的にその層を探っていく。
  • タコが掛かったら、決して遊ばない。

 

続けて、【舟型のタコジグを使った釣り方】の手順と注意ポイントを書き出してみます。

  1. 掛け上がりの少し向こう側程度までタコジグをキャストする。
  2. 竿は動かさず、リールのダダ巻きでズルズルとタコジグを引きずってくる。
  3. ゆっくりと引くが、砂浜だと抵抗がなく、抵抗を感じれば岩場や根が存在する。
  4. 抵抗のある場所で、タコジグをピタリと止めて、10秒~20秒間止めて待つ。
  5. 竿できいてやり、タコジグが引けるのであれば、再度ゆっくりと引いてくる。
  6. 重みを感じるようなら、一度大きく合わせて(しゃくって)みて、様子を伺う。
  7. タコが掛かれば、ラインを緩めずに、一気に寄せてきて引き抜く。
  8. タコが掛かっていなければ、再度着底させて、2.から繰り返す。
  • 横の動きの釣りなので、水深のある波止では、不向きな釣り方であることを心得る。
  • 同様に、海面までの高さのある波止でも、仕掛けを引く角度が高くなり、不向きである。
  • 岩場や根が深いポイントは、根掛かりが多発するので、その付近はなるべく避ける。
  • タコジグを引く際の抵抗が大きい場合は、表裏が逆転していることを疑って仕切り直す。
  • ズル引きして誘いを掛けた後のタコジグは、キッチリと止めることが重要
  • タコが乗ったか根掛かりか分からなくても、取りあえず大合わせする。
  • タコが掛かったら、決して遊ばずに、一気に寄せて取り込む。

 

以上が、タコジグでの釣り方の基本的な操作になります。

タコジグを使った基本アクションは、経験がなくても簡単に誰でもすぐに行え、しかもこの基本操作だけでも十分にタコはゲットできます。

ただし、舟型のタコジグは扱いが難しいので、初心者さんの場合は、通常のタコジグで波止際狙いから始める方が良いでしょう。

リスクを冒して積極的に危険ポイント(好ポイント)を攻めれば攻める程、どうしても根掛かりが多くなりますが、経験を積んでいくと根掛かりの回避や外し方のテクニックも向上します。

まずは基本操作を身に付けて、タコを釣る要領を経験し、その後、自分なりのアクションを色々と試しながら、タコをゲットする機会を増やしていきましょう。

それでは、次にタコ釣りを行う際に、身に付けておきたい知識についても、簡単に紹介しておきましょう。

 

タコ釣りの特徴、環境条件、釣り場、時期など

この内容を細かく書いていくと、新たな記事がもう1本必要となりますので、ここでは掻い摘んで箇条書きで紹介しますが、知っておいて損はない内容ばかりですので、是非ともこの機会に覚えておいて下さい。

  • タコは波止際以外では、ほぼ浮き上がりませんので、タコジグは海底か波止際から離さない。
  • タコはそれほど警戒心が強くないので、目立つものに貪欲に捕食(アタック)してきます。
  • タコジグは見た目だけでなく、海底を叩く音や引きずる音で誘うというのが有効です。
  • タコは大きく動いているターゲットをあまり捕食しませんので、タコジグを止めるという動作は非常に重要です。
  • タコは比較的時合いを重視する必要がないターゲットですが、潮が動いていない時は活性が落ちます。
  • タコは真水を嫌いますので、長雨や大雨の後の水潮の際は、釣果が落ちる傾向があります。
  • タコはカニが豊富にいる釣り場であれば、どこでも釣れますが、湾内よりは外海向きが良いでしょう。
  • タコは夜行性ですが、タコジグを使ったこの釣りは、もちろん夜釣りでも有効に使えます。
  • タコは周年釣れるターゲットですが、良く釣れる時期は春先から秋口で、数・サイズは8月が最も期待できます。

以上、タコジグでのオクトパッシングをする上で、知っておいた方が良いことを、ざっと書き出してみました。

タコ釣りについては、環境条件や釣り場、時期などの縛りがほとんどなく、いつでも誰でも気軽に取り組める釣りである事が伺えます。

 

オクトパスフィッシングにお勧めのタックル

投げ釣りや船釣り用の頑強なタックルを持っていれば、オクトパッシングは楽しむことはできます。

ただ、タコ釣り向けのタックルを使うことで、疲れ(特に手首への負担)と釣果に大きなプラスの影響を及ぼすことは確かです。

この釣りにおいては、『タコ釣りセット』のような製品を購入しても十分に使えますが、中途半端に安価で販売されている製品の中には、タックルが重過ぎて、長時間の釣りに耐え得らないものも多く存在します。

ここでは、タコジグを使ったオクトパッシング向けのタックルについて、参考となるような製品を一通りだけ紹介しておきます。

 

タコエギでのオクトパッシング向けのタックル

どうせ準備するのなら、他の釣りでも使える汎用性の高いロッドを紹介しようと思います。

現在(2017年7月)、管理人がタコ釣りで主に使用しているSHIMANO(シマノ)のホリデー FUNEという船竿です。

タコエギだけなら30号で十分なのですが、タコジグや船タコを含めたあらゆるタコ釣りに使うために、管理人は50号を使用しています。

汎用性の高い2.4mであり、ロッド重量が200gなので、持ち疲れすることなく使用できています。

スピニングリールでもベイトリールでもいずれでも使用でき、非常に頑強なロッドになっていますので、初心者さんには特にお勧めできる製品かと思います。 

 

ジギングロッドを選択するのであれば、コストパフォーマンスの高さを考えて、タイラバロッドの紅牙Xがお勧めです。

60g~150gのヘビータイプのタイラバに対応するパワーモデルは、モンスター級のタコでも十分に対応できる、申し分のない性能を持っています。

すでにジギングを行っている方であれば、ここで紹介する必要もない製品かとも思います。

 

次にリールですが、管理人はタコ釣りで使用するタックルでは、ロッドはそれなりに性能の高いものを使用しても良いと思っていますが、リールについてはとにかく頑強で、最大ドラグ力が優れたものであれば、安価なもので十分だと考えています。

根の周りを攻めることと、タコの重量が1kgオーバーが普通ということを考えれば、高性能なリールを使っていても壊れてしまえば元も子もないという考えからです。

ですので、コチラは最近売り出し中で、安価でありながら高強度・高性能を謳っているカストキング社のベイトリールとスピニングリールを、各1点ずつだけ紹介しておきます。

カストキング(KastKing)Royale Legend

カストキング(KastKing) Sharky‖

ベイトリールのRoyale Legendは最大ドラグ力8kg、スピニングリールのSharkyⅡは3000番で最大ドラグ力8kgと、国内のバリュープライス製品ではお目に掛かれないパワーを有した仕様になっています。

ちなみに、管理人はRoyale Legendの性能と価格の魅力に惹かれて購入し、現在(2017年7月)このリールをタコ釣りにも使用しています。

実釣での使い勝手も良く、そのコストパフォーマンスの高さを実感(耐久性は使用歴が浅いので未評価)したので、続けてスピニングリールの購入も検討中です。

 

その他、PEラインとタコジグについても、それぞれお勧めの製品を紹介しておきます。

タコ釣りを行っている方なら使用されている方も多い人気製品だと思いますが、管理人もそのパフォーマンスには非常に満足している製品ばかりです。

まずは、PEラインから紹介します。

 

次にタコジグについてですが、コチラは通常のタコジグ、舟型のタコジグ、連結タコジグの3種類について、各々1製品ずつだけ紹介しておきます。

 

以上で、タコジグを使ったオクトパッシングについての紹介を終わります。

何度も言うようですが、この釣りは初心者さんでも気軽にタコの釣果が得られる、魅力ある釣りの一つです。

タコエギ仕掛けに較べると根掛かりが多く、慣れるまではタコジグ代(最低でも3個以上は持参)が少々かかる釣りですが、タコの釣りやすさはピカイチです。

何か新しい釣りを試そうと探されている方は、是非ともこの釣って楽しい、食べて美味しいマダコを狙いに、ロッド1本で防波堤に出陣されてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

 icon-pencil-square-o 岸和田阪南港(材木整理場)でタコエギのタコ釣り

 icon-pencil-square-o タコエギ仕掛けで釣るタコの釣り方【オクトパッシング】

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

海釣りおすすめロッドシリーズ3選

万能磯竿 シマノ ランドメイト

入門者向けのバリュープライスなロッドでありながら、波止釣りでの使用を中心に、初心者からベテランまで幅広く使用されている大人気製品です。
万能竿に求められる軽快な振り調子、驚きの持ち軽さから、女性やお子様にも扱いやすい、ファミリーフィッシングに適した万能モデルです。
売れ筋No.1は3号450-PTS(遠投モデル)です。

万能ルアーロッド アブガルシア クロスフィールドXRFS

コンセプトである「様々なフィールド、ターゲット、釣り方を一本のロッドで」をさらに突き詰めた結果、誕生したのがXRFSシリーズの9ft台モデルです。
強固なシーバスロッドでありながら、エギング2.5号~、ワインド1/4oz~の適用範囲となる本ロッドは、まさに万能ルアーロッドと言えます。
実売価格10,000円を切る、このコストパフォーマンスの高さは圧巻です。

ライトSWロッド ダイワ 月下美人

アジング、メバリングの専用ロッドと呼ぶに相応しい、繊細なアタリを食い込ませる機能が、ふんだんに盛り込まれた最先端ロッドです。
食い込み性能に優れたソリッドトップのSモデルと、高速フッキングを可能にするパワフルなチューブラートップのTモデルの2タイプがあります。
おすすめは76UL-Sで極細ソリッドがもたらすフッキング時の食い込みの良さ、キャスト時のシャープな振り調子は、初心者でも扱い易いロッドです。

-釣法・仕掛け
-, ,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 All Rights Reserved.