武庫川一文字で胴突き仕掛けを使ったガシラの際釣り

どうもガチろっくんです。

前回の記事では武庫川一文字でのタコの新子釣り釣行をお届けしましたが、このとき合間に小一時間ほどだけガシラの探り釣りも行ってきました。

武庫川渡船のホームページ情報によれば、どうやら武庫川一文字ではこの時期に根魚が良く釣れるタイミングに突入するとのことです。

この日の管理人の釣行は、あくまでメインはタコ狙いでしたが、数枚の写真も撮ってきているので、ついでに浮気釣行のその様子を少しだけお届けします。

胴突き仕掛けを使ったガシラの際釣りをするのも久しぶりのことでしたが、果たしてその釣果やいかに・・・

 

武庫川一文字で胴突き仕掛けを使ったガシラの際釣り

【釣 行】

2020年 6月 18日(日) 7:00~8:00

場所:武庫川一文字(ムコイチ)

天気:曇り後雨 風強し

潮 :中潮

 

釣行前日に武庫川渡船の釣果情報でガシラの釣果が上向きとの情報を得る

前回メインのタコ釣り記事で色々と書いたので、釣行の経緯などの前置きは省略しようと思います。

メインとなる前編のタコ釣りからご覧頂く方は以下の記事をどうぞ icon-arrow-circle-down 

武庫川一文字でポツリポツリ釣れるタコの新子
武庫川一文字でタコジグを使ったタコ新子の数釣り

すでに梅雨入りしていますが、武庫川一文字へタコジグ仕掛けを使ったマダコ釣りに出掛けてきました。タコと言っても、この時期に釣れるタコは新子ばかりです。雨で短期決戦になり釣果は今少しでしたが、さすが渡船で渡る武庫川一文字という感じはありました。

続きを見る

 

釣行の前日に武庫川渡船の釣果情報にて以下のような情報を目にする。

武庫川一文字の釣果情報

武庫川一文字の釣果情報

出典:武庫川渡船

もちろんタコの釣果を調べていたのだが、どうやらこの梅雨前後の武庫川一文字では、中層付近でもガシラがガンガン当たってくるとのことだ。

よく数えたなぁと思う69匹という釣果も上がっているよう(しかもサイズもまずまず良い)なので、これはよほど活性が高いに違いない。

タコの活性が悪い時間帯や、最悪タコが釣れない場合に、ガシラのお土産を確保することは容易にできそうだ。

管理人の悪い癖で、すぐに二兎を追う者になりたがるが、今回は保険の要素も強いので良いだろう。

かくして当日は際釣りでもチョイ投げでもできる適当なタックルを1本持参することにした。

 

この日の武庫川一文字の様子

これは先の記事でも紹介したが、この日は武庫川一文字の5番に降りた。

平日でしかも雨模様ということもあり、5時半でも釣り人の数は15名程度と少なく、この後もほとんど増えることはなかった。

 

武庫川一文字5番の様子

武庫川一文字5番の様子

4時半の一番船に乗り。2時間ほどタコジグでタコ釣りをしていたのだが、新子が数匹釣れただけで、タコの時合らしいものは来ない。

干潮が11時台ということもあり、あんまりタコを粘ってガシラが釣れない時間になると嫌なので、潮が動いているうちに早々にガシラの際釣りに切り替えてみることにした。

 

胴突き仕掛けで青イソメを使ったガシラの際釣りの開始

釣果情報ではシラサエビの食いが良いということだったが、メインとしてタコ釣りをするのに、その上ブクブクまで持参するのはしんどい。

際釣りのエサは行き掛けにフィッシングマックスの武庫川店で青イソメを500円だけ買ってきた。

 

青イソメを使った胴突き仕掛けの際釣り

青イソメを使った胴突き仕掛けの際釣り

全長は65cmでエダスは10cmの2本針、何処にでも売っている一般的な胴突き仕掛けの底に6号のオモリをセットする。

ロッドやリールは何でも良かったが、ダイワのエギングロッド『エメラルダス』とスピニングリール2000番、ナイロンは4号を巻いてある。

あっという間に準備は終了し、一段高くなっている外海向きの波止に駆け上がる。

 

ガシラポイントはコーナー付近

ガシラポイントはコーナー付近

タコもガシラもポイントは変わらない。

ケーソンブロックのズレによるコーナー付近か、ケーソンの隙間が出来ている場所だ。

仕掛けをスルスルと落とし込んで底に着くなり、コンコンコンコンッ!

軽く合わせてケーソンの隙間に入り込まれないように、竿を沖側へ張り出しラインを巻き取る。

 

ファーストヒットはリリースサイズのガシラ

ファーストヒットはリリースサイズのガシラ

始から数十秒でファーストヒットのガシラをゲットだ。

ただ、これは15cmにも満たないためリリースだ。

スカリはロープの長さの問題もあって内海側にセットしてあるので、取りあえず活かしておこうかと階段を下りていくのも面倒だ。

 

テンポ良く釣れるガシラ 確かに根魚パラダイスと言えそうだ

あまりにも早く1匹目をゲットできたことで、大いに期待感が高まる。

ただ、子ガシラばかりでは話にならないので、問題はお土産にできるサイズが上がるかだ。

エサを付け替え、気分よく同じ場所に仕掛けを落とす。

着底後に少しずつ仕掛けを巻き取り、今度は1mほど上げたところで同じようにアタリが出る。

 

今度はお土産サイズにできるガシラ

今度はお土産サイズにできるガシラ

合わせると難なくヒットし、2本針の上針に掛かっていた。

今度はなんとかお土産にできるサイズのガシラだ。

このサイズでもケーソンの隙間に入ろうとするのか、波止際へ突っ込んでくるのでドキドキする。

油断は禁物だ!

穴釣りロッドではなく、2.7mほどあるエギングロッドを持ってきたのは大正解と言えるだろう。

引き続き・・・

 

もうワンサイズ欲しいガシラ

もうワンサイズ欲しいガシラ

ガシラがヒットするが、このサイズももうワンサイズ欲しいところだ。

やはり釣果情報を鵜呑みにするのは危険だが、1投1匹が続くので、どうやら活性が高いのは間違いなさそうだ。

あと、情報通り確かにガシラは底から浮いているようだ。

アタリがなくて、もう巻き取るかというような中層から上層にかけての水深が浅い位置でも当たって来る。

ただし、中層付近になってくると・・・

 

中層から上ではサバも混じる

中層から上ではサバも混じる

回遊しているサバもヒットしてしまうのだ。

1回サバが釣れてしまうと、立て続けに邪魔をされた。

やはり中層より下で勝負する方が良いかと、攻めるポイントを移動しながら下層付近を集中して攻める。

 

まずまずのガシラ

まずまずのガシラ

そうこうしていると20cm程度のまずまずと言えるガシラが釣れた。

この後も、1投1匹とは言わないまでも、かなりの高確率でヒットが続いた。

これだけ釣れると面白く、ガシラのお土産をもう少し増やしたい気持ちはあったが、1時間もしないうちに雨が降り始めた。

天気予報を見ると、釣り場の位置はすっかり雨雲に覆われており、これから雨が強まるのは明白だ。

まだメインとなるタコのお土産がほとんど確保できておらず、否が応でもタコ釣りに戻らねばならない。

リリースサイズのガシラも多かったが、小一時間ほどで二桁以上の釣果が出れば十分満足ということで、ガシラ釣りはこれにて終了とした。。

 

本日のガシラ釣果とタックル

本日の武庫川一文字でのガシラ釣果

本日の武庫川一文字でのガシラ釣果

【お持ち帰り】

ガシラ:4匹(22cmまで)

【リリース】

ガシラ:8匹くらい?(15cm未満)

サバ:3匹(15cm未満)

 

スカリに入れていたガシラは8匹いましたが、15cm未満が4匹いたのでこれはリリースし、お土産は家族4人分の4匹としました。

リリースサイズが多かったですが、小一時間でこれだけ釣れたという事で、前情報通りかなり活性が高い状況でした。

 

【本日のタックル】

上記のタックルのうちリールはもう販売終了の製品で、今で言えば人気のシマノ(SHIMANO) セドナ 2500と同等クラスのリールと考えてもらえば良いかと思います。

胴突き仕掛けを使った際釣り(探り釣り)については、当サイトでも詳しく紹介した記事を用意していますので、この釣り方に興味のある方はコチラからどうぞ icon-arrow-circle-down 

際釣り
波止の際釣り -胴突き仕掛けで挑む五目釣り-

海釣りの防波堤(波止)で行う人気の高い釣法の一つに、主なターゲットを絞らない、いわゆる五目釣りが楽しめる胴突き仕掛けを使った釣りがあります。 波止釣りに限らずとも、胴突き仕掛けを使った釣り方は数多くありますが、ここでは初心者さんやファミリー ...

続きを見る

 

記事投稿(2020年6月23日)現在、武庫川一文字の釣果情報では引き続きガシラの好釣果が続いているようです。

今回のように活性の高い状態であれば、多くの釣り人さんにとって数釣りの最高記録の達成は難しくないかもしれないでしょう。

もちろんリリースサイズも多く混じりますが、釣果が十分に確保出来たら、ミニガシラを逃がしてあげる余裕もできますね。

メインとなる釣りの合間に少しだけ時間を割いてガシラのお土産を確保するも良し、活きエビを使ってガシラと中層のメバル、あるいは底のアコウにターゲットを絞って狙うも良しかと思います。

本情報で釣行を思い立った方は、この好機を逃さないように、武庫川一文字へ急ぎましょう。

 

P.S

マスクがないと入れてもらえないので、ライフジャケットと合わせてお忘れなく!!

 

【関連記事】

 icon-pencil-square-o 武庫川一文字でタコジグを使ったタコ新子の数釣り

 icon-pencil-square-o 波止の際釣り -胴突き仕掛けで挑む五目釣り-

 

コチラの人気記事もどうぞ


関連記事も読まれています

海釣りおすすめロッドシリーズ3選

万能磯竿 ダイワ リバティクラブ磯風

信頼のメーカーが送り出す、波止釣りの万能ロッドは、初心者からベテランまで幅広く使用されている人気のロッドです。
軽快な振り調子、汎用ロッド中No.1の持ち軽さ、相反する最高レベルの強度を兼備した通常モデルは、ウキ釣りなどの軽い仕掛けはもちろん、サビキ釣り、カゴ釣りやチョイ投げなど負荷の掛かる仕掛けに至るまで、幅広い強度の釣りに対応可能です。
売れ筋No.1は、もっとも使いやすく汎用性の高い3号4.5mの遠投モデルです。

万能ルアーロッド アブガルシア クロスフィールドXRFS

コンセプトである「様々なフィールド、ターゲット、釣り方を一本のロッドで」をさらに突き詰めた結果、誕生したのがXRFSシリーズの9ft台モデルです。
強固なシーバスロッドでありながら、エギング2.5号~、ワインド1/4oz~の適用範囲となる本ロッドは、まさに万能ルアーロッドと言えます。
実売価格10,000円を切る、このコストパフォーマンスの高さは圧巻です。

ライトSWロッド ダイワ 月下美人

アジング、メバリングの専用ロッドと呼ぶに相応しい、繊細なアタリを食い込ませる機能が、ふんだんに盛り込まれた最先端ロッドです。
食い込み性能に優れたソリッドトップのSモデルと、高速フッキングを可能にするパワフルなチューブラートップのTモデルの2タイプがあります。
おすすめは76UL-Sで極細ソリッドがもたらすフッキング時の食い込みの良さ、キャスト時のシャープな振り調子は、初心者でも扱い易いロッドです。

-西宮周辺
-,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2020 All Rights Reserved.