伊根町の網干場でアオリイカ新子のヤエン釣りとウキ釣り釣果

どうもガチろっくんです。

ここ近年は秋になると新子のアオリイカを釣りに出る管理人ですが、2021年の一発目は京都の宮津と伊根町へのアオリ釣行のダブルヘッダーとなりました。

朝マズメを含めた午前中は養老漁港で、夕マズメを含めた半夜釣りは網干場でのアオリイカ釣りとなり、初戦の養老漁港ではまずまずの好釣果を得ました。

養老漁港でのアオリイカ釣りの様子はすでに紹介済なので、よろしければコチラの記事も合わせてご覧ください。

養老漁港でのアオリイカとアイブリの釣果
宮津の養老漁港でアオリイカ新子のヤエン釣り釣果

京都の宮津市にある養老漁港へ、アオリイカのヤエン釣りに出掛けてきました。秋の新子アオリ釣行なので時期的にはエギングですが、今回はアジやオセンを泳がせるヤエン釣り(死にアジも使用)1本です。珍しいアイブリという魚も釣れ、納得の釣果となりました。

続きを見る

 

大阪湾でのアオリイカ釣行と違い、やはり京都ではアオリの魚影が濃く、新子のアオリイカも擦れていない様子で、釣果は大いに期待できる状況でした。

平日に出向いたのが大正解と思いますが、初戦の養老漁港に続き、網干場でも釣り座の確保は容易で、休日なら入るのが難しい大人気の釣り場で大いに楽しんで来ました。

さて、管理人自身は初見の釣り場となる網干場でしたが、アオリイカのヤエン釣りと電気ウキ釣り、果たしてその釣果やいかに・・・

 

伊根町の網干場で新子のアオリイカのヤエン釣りと電気ウキ釣り釣果

【釣 行】

2021年 10月 5日(火)16:00~22:00

釣り場:伊根町 網干場

天気:晴れ

潮 :大潮

 

昼寝をした後、再び網干場にやって来た

道の駅「舟屋の里伊根」の下の駐車場

道の駅「舟屋の里伊根」の下の駐車場

初戦の養老漁港で11時に納竿し、昼寝をするために道の駅「舟屋の里伊根」にやってきたが、平日にも関わらずかなりの観光客だった。

当日は火曜日で原則休館日のはずだが、コロナの緊急事態宣言と蔓延防止措置が明けたことで、開館していたのだろう。

道の駅の前の駐車場は駐車車両が多いので、そこで一段下にある駐車場に止めて寝ることにした。

トイレと自動販売機はあるので、特に支障はない。

取り合えず3時間ほど寝て(・・・寝てと言っても眠れているのかどうかは分からないが)、簡単な軽食を口にした後、すぐ近所にある網干場へ向かった。

 

伊根町網干場の様子

伊根町網干場の様子

上の写真は数年前に大西駐車場から網干場の様子を撮影したものだが、今回もちょうどこれくらいの釣り人がいた。

網干場は60mほどの小波止と150mほどの護岸で構成された釣り場だが、足元からドン深の水深のある釣り場で人気釣り場となっている。

駐車場(大西駐車場)の料金がバカ高いのが痛いが、せっかくの平日の釣行なので当初からここへ来たいと思っていた。

明け方に来た時は午前8時で駐車料金がリセットされることを知り、予定外に一旦は養老漁港へ向かったが、養老漁港でそれなりの釣果も得られたので、これはこれで良かったのかもしれない。

再び戻ってきた網干場だが、管理人としては初見の釣り場なので、テレビなどでも放映された実績の高い小波止から磯向きに釣ってみたかった。

ただ、護岸の方が明らかに空いているので、護岸の方で釣り座を構えることにした。

 

本日の釣り座と仕掛け、そしてエサとなるアジ釣り

網干場での本日の釣り座

網干場での本日の釣り座

網干場の波止際まで降りてくると、養老漁港ほどではないが、そこかしこに新しい墨跡があるので、明らかにアオリの釣果は上がっているようだ。

また、湾内になっており海が荒れることも少ないのか、水面までの高さは1mほどしかなく、非常に釣りがしやすそうな釣り場だ。

まあ、考えてみれば対岸は伊根の舟屋群なので、穏やかな環境になっているというのも頷けるか。

好ポイントを知らず場所に拘りはないので、なるべく干してある網が後方になっていた、護岸の左寄りに釣り座を構えた。

何となく護岸の左端の角に入っているおじさんの場所が良さそうに思ったが、その予感が当たっていたのは後ほど分かることになる。

 

本日の網干場で使った仕掛け

本日の網干場で使った仕掛け

本日網干場で使用した仕掛けは、主に上図の3種類だ。

まずエサのアジを釣るための仕掛けだが、時間帯によっては波止際だけではアジが来ない場合もあるので、一応ウキサビキ仕掛け(投げサビキ)にしておいた。

初戦で使ったものをそのまま持ってきたが、サビキは管理人が絶大な信頼を寄せる泉州サビキだったのにも関わらず、この後のアジ釣りでまさかの大苦戦を強いられるとになる。

ヤエン釣り仕掛けは8本編みのPE1.0号にフロロリーダーはいつものシーガーFXの1.75号を矢引(80cm程度)でセットし、これにチヌ針のサルカンフックとヤエンストッパーを装着した。

こちらも初戦でセットした物そのままなので、釣竿を伸ばすだけで準備完了だ。

あと、網干場では夜釣りになるので、電気ウキ釣り仕掛けも1本出すことにした。

コチラはサビキ釣りが終わった後の遠投磯竿3号を使い、3号の棒状電気ウキとカツイチのイカキャッチャーⅡをセットした。

 

エサのアジ釣り開始

エサのアジ釣り開始

エサはもちろん生きた小アジ(ほとんど豆アジ)なので、到着早々にサビキ釣りを開始した。

しかしながら、網干場ではこのアジ釣りに相当苦労することになり、結論から言うとほとんど日暮れの時間になってからアジがポツリポツリと釣れ始めた。

おそらくサビキ釣りそのものは16時くらいから開始したが、アミエビを入れるなりオセンとコッパグレの群れが沸き上がり、いずれの棚にもアジは混じらなかった。

 

対岸の舟屋を眺めながら投げサビキ

対岸の舟屋を眺めながら投げサビキ

この時はまだ時間も早いので、余裕をぶっこいており、舟屋と遊覧船を眺めながらアジを狙うという状態だった。

取り合えず釣れたオセンを泳がせるとか、お土産用に確保した死にアジを使って始めるといった選択肢もあったが、『時間が来ればアジも接岸するわ。』と・・・

すでに養老漁港でそれなりのアオリ釣果を出していたため危機感がゼロで、その油断がまさかの日暮れまでアジが釣れず、アオリもゲットできないという事態を招いてしまった!

 

日暮れにわずかのアジゲット 取り合えずヤエン釣りとウキ釣りで新子のアオリイカもゲット

2時間近くアジが釣れない状況が続いたが、この間、左端にいたおじさんの竿には時折数匹のアジが付いているのが確認されたので、『コッチももう来るやろ!』と思っていたのだが簡単ではなかった。

管理人のもとにはアジは一向に姿を見せず、ポイントのせいとは思わないので、地元のおじさんならでは工夫があったのであろう。

そして、さすがに日が暮れてくるとオセンも姿を消し始め、アジがわずかながら釣れ始めた。

ちなみに夕方にはコッパグレが減る代わりに、かなりのカワハギの群れが寄っていたが、それなりのサイズのあるやつもいたので、これはこれで狙って釣ると面白いかもしれない。

夕暮れとともに、とにかくホントにポツリポツリだが何とかアジが釣れ、エサの数は確保できないまでも、ようやくヤエン仕掛けでアジを泳がせ始める。

少しの間ヤエン釣りをしながらアジを釣るという作業となったが、間もなくヤエンロッドのリールのドラグがジリジリジリジリと小気味よい音を立てて出ていく。

竿で聞いてみると、午前中に多かったちびイカではないようなので、アオリイカがアジの頭を落とすのを待ってヤエンを投入する。

二度三度と軽くしゃくりを入れると、うまく掛かったようだ。

 

伊根網干場でのファーストヒットのアオリイカ

伊根網干場でのファーストヒットのアオリイカ

ファーストヒットのアオリイカの釣果を得るまでにかなりの時間を要し、すっかり日が暮れてしまったが、網干場でのボウズも早々に逃れたようだ。

サイズは胴長15cmといったところだが、まあ新子の時期なので夜釣りといってもこんなもんだろう。

ただ、前述の角のおじさんは投光器を使っており、釣っている様子がよく見えるのだが、電気ウキ釣り仕掛けを3本出して、それなりにロッドを曲げていたので、もう少し良いサイズを上げているようだ。

アジ釣りにかなり時間を食ってしまったが、管理人自身もサビキ仕掛けから電気ウキ釣り仕掛けにチェンジし、ヤエン釣りと並行して狙うことにした。

 

網干場で静かに漂う電気ウキ

網干場で静かに漂う電気ウキ

網干場はほんとに海が穏やかで潮の流れも速くないので、電気ウキの様子も静かに漂う感じで非常に見やすい。

夜釣りのアオリイカであれば、本来ならアジがどう泳いでいるか分かり辛いヤエン釣りよりも、電気ウキ釣りの方が目で見て釣れるのでやりやすい。

夜釣りではアジがなかなか潜っていかず表層近くを泳ぐことも多く、またアジを抱いたアオリイカに走られると、他の釣り人の方へ行くのを気にかける必要もあり、ヤエン釣りはデメリットだらけだ。

ただ、管理人自身は、やはりアタリの多さを重視してヤエン釣りをする方が圧倒的に多い。

電気ウキを流すのも久しぶりのような気がするが、ヤエンのアジの泳がせを気にしながら、横目に電気ウキを眺めていると数回ウキに前アタリが出た後、スゥ~っとウキが沈み込んでいく。

糸ふけを取り竿先で軽く竿先できいてみてイカの重さを確認した後、ロッドを大きくあおって合わせると、アオリイカがギュンギュンと走ろうとする。

ウキ釣りでは素針を引くことも多々あるが、どうやらうまく掛かったようだ。

 

電気ウキ釣りでのアオリイカ釣果

電気ウキ釣りでのアオリイカ釣果

ヤエンを入れる必要がなく引いてくるだけなので楽ちんだが、やはりヤエンが掛かるかどうかといったようなワクワク感はない。

しかしながら、結果的に養老漁港との釣果も合わせ、結果的にはこのアオリイカが当日の最大サイズとなったようだ。

『もしかしてウキ釣りの方が良い?』と疑問も抱くが、訳あってウキ釣りでのアオリイカの釣果はこの1杯のみで終えることになる。

 

まさかのハリス切れ連発 犯人分からず死にアジで起死回生!

アオリの2杯目をゲットしたのは19時を過ぎた頃だったと思うが、この頃からウキ釣り、ヤエン釣りともに異変が生じる。

エサのアジがまるままなくなっていたり、尻尾だけ残っていたり、ハリス切れが連発することになる。

しかもあたりがほとんどないといった始末で、犯人が針に掛かってくることがない。

特にウキ釣り仕掛けでは、胴付きで5cm程度の短い枝針部分にアジを掛けていたのだが、張りの強い5程度のフロロがアタリもなく寸断された。

その後、リーダー用に持参していた2.5号のフロロで3回ほど巻き替えるも、一度だけアタリがあったがヒットはせず、悉くハリスごと切られてしまう始末だ。

そして、同じようにヤエン用にアジを泳がせている方でも、魚っぽいアタリは出たりすることもあるが、アジが齧り切られていたり、まるまま取られたりする。

特にアジを投げ入れて潜るまでの間にやられてしまうような感じなので、棚を浅めに固定したウキ釣りは格好の標的になっている感じだ。

エソやタチウオ、ダツであれば、ここまでハリスを切られる前に必ずヒットさせられるし、フグがアジを瞬殺しようと思えば相当な大きさになるので考え辛い。

ウミヘビ、ウミガメなども一応選択肢に入るが・・・仕掛けを投げ入れている場所はバラバラなので、そんなに頻繁にやられるかは疑問で、これはサゴシやサメでも同様か。

 

とにかく釣りにならず、あまり確保できなかったアジが、みるみる減っていき、電気ウキ釣り仕掛けをサビキ仕掛けに戻し、再びアジを釣る。

夜間ではあったが、何とか数投に1匹といったペースでアジが釣れるが、この音もなく忍び寄るサイレントキラーはどこかに行ってくれる気配はない。

左側でアオリをやっていた地元のおじさんっぽい釣り人も、さっさと片づけてサッと帰ってしまったのは、釣りにならないと判断したためか(3杯はアオリを上げているところを目撃した)。

ここで午前中と同じように再度死にアジを使って、とにかくアジを泳がせず深場まで沈めて釣る方法に切り替える。

この方法が予想以上に功を奏し、再びアオリイカの釣果を呼び戻す。

 

死にアジでアオリイカのラッシュ

死にアジでアオリイカのラッシュ

正直ハリスを切られすぎて、もうダメかと心が折れかけていた状態でのアオリラッシュだ。

下手をすればもう諦めて納竿という判断をしていても、決しておかしくない状況だった。

死にアジでも深場まで沈める前に何度かエサを取られたが、海底まで沈めては少しサビいて引き上げ、また沈めてという操作を繰り返すと、アオリイカが頻繁に乗ってくるようになった。

もちろん新子のアオリイカなので、ヤエンの掛け損ねでばらしてしまうことも多い。

ただ、死にアジでもここまで頻繁にアタリが出るということは、アオリイカの魚影は濃く、活性も決して低くはないのだろう。

姿の分からない天敵が上層から中層に数多く居て、夜間ながら浮き上がれず海底付近まで追いやられているというのが正解ということか。

 

22時にラストアオリイカで納竿

22時にラストアオリイカで納竿

得体の知れぬサイレントキラーのために軒並み活きアジとフックをもっていかれたが、お土産用に釣っておいた死にアジの活用で、何とかアオリイカの釣果も伸ばすことが出来た。

思えば午前中も活きアジ切れで死にアジを使い釣果を伸ばしたが、まさか夜釣りでも死にアジをヤエン仕掛けで使うとは思わなかった。

結局朝イチの時間帯に釣っておいたお土産用の子アジは、午前中の釣りとこの夜釣りですべて使い尽くしてしまった。

これからの時期は特にそうだろうが、アジは釣れるうちに釣れるだけ釣っておけという良い教訓になった釣りだった。

最後の最後までサイレントキラーの正体はつかめなかったが、22時前に最後のアオリイカの新子をゲットしたところで、追加のアジも釣れなかったことから、エサ切れで納竿となった。

 

伊根網干場での本日のアオリイカ釣果とタックル

伊根網干場でのアオリイカ新子の釣果

伊根網干場でのアオリイカ新子の釣果

【お持ち帰り】

アオリイカ:7杯(胴長19cmまで)

【リリース】

エサ取り:5匹程度

結果的に網干場ではアオリイカ7杯のみの釣果となりました。

棚を把握した後のアタリはそれなりに多く、夜間ということもありヤエンでのゲット率は高かったですが、正体不明のフィッシュイーターにかなり苦しめられました。

合計で10本弱もハリス切れで針をもっていかれました。

なお、リリースのエサ取り5匹程度は、サビキ釣りで掛かったオセン、カワハギ、木っ端グレです。

 

本日の総合釣果

本日の総合釣果

ダブルヘッダー初戦、午前中の養老漁港との釣果を合わせれば、本日の釣果としてはアオリイカの新子が16杯、35cmのアイブリが1匹という結果となりました。

1日の釣果としては十分に満足な釣果となり、京都まで遠征した甲斐がありました。

 

【ヤエン釣りタックル】

ロッド:MACHチヌ2号450(ロッドはもう販売していません)

リール:シマノ リール 13 アオリスタ BB C3000HG

ライン:クレハ(KUREHA) PEライン シーガー PE X8 200m 1.0号 20lb(9.1㎏) 5色分け SPE2001.0

リーダー:クレハ(KUREHA) ハリス シーガー グランドマックスFX 60m 1.75号

釣り針:aorinet(アオリネット) アジフック 20本入 黒 S

ヤエンストッパー:カツイチ(KATSUICHI) ヤエンストッパー ブラック

【必須の小物】

ヤエン:カツイチ(KATSUICHI) オカサンヤエン S

アジ掬い:第一精工 アジネットDX

ブクブク:ハピソン(Hapyson) YH-735C 乾電池式エアーポンプミクロ

管理人のヤエン釣りタックルは汎用的なものですが、釣り針、ヤエン、アジ掬い、そしてとくに重要なアジ活かし用のポンプはおすすめ製品です。

いずれもヤエン釣り師さんの中で愛用している方も多い小物ではないでしょうか。;

 

今回は秋イカのベストシーズンである10月のアオリイカ釣行ということでしたが、人気・実績ともに高い宮津の養老漁港と、伊根の網干場へのダブルヘッダーの出陣で納得の釣果となりました。

午前、午後の釣行でともに生きアジのエサ切れが発生しましたが、結果的には死にエサをうまく使うことで、想定以上に釣果を伸ばすことが出来ました。

お土産用に釣っておいたアジがなくなってしまったのは残念でしたが、まあアオリに置き換わったのなら良しとできます。

今回は得体の知れぬエサ取りに相当悩まされましたが、新たな経験値が得られた良いアオリ釣行となりました。

まあ、それもこれもアオリイカをターゲットとした場合の京都の釣り場のスペックの高さがあってのことですね。

年内でもう少しアオリがサイズアップした頃に、もう一度くらいは遠征できればと思います。

 

その他の京都でのアオリイカ釣行もお楽しみ下さい  

  宮津の養老漁港でアオリイカ新子のヤエン釣り釣果

  間人城島公園でアオリイカのエギングとヤエン釣り

  養老漁港でアオリイカのエギングとヤエン釣り

 icon-pencil-square-o 京都の伊根にある新井崎漁港でアオリイカ釣り

 icon-pencil-square-o小橋漁港でアオリイカのヤエン釣りも再び大時化!! 

 icon-pencil-square-o 間人港でアオリイカのヤエン釣りも貧釣果で疲労困憊

 icon-pencil-square-o 田井漁港でアオリイカのヤエン釣り~釣果もサイズが!?

 icon-pencil-square-o 舞鶴の白杉漁港でアオリイカ釣りのはずがアジ釣果のみ

 

コチラの人気記事もどうぞ


関連記事も読まれています

海釣りおすすめロッドシリーズ3選

万能磯竿 ダイワ リバティクラブ磯風

信頼のメーカーが送り出す、波止釣りの万能ロッドは、初心者からベテランまで幅広く使用されている人気のロッドです。
軽快な振り調子、汎用ロッド中No.1の持ち軽さ、相反する最高レベルの強度を兼備した通常モデルは、ウキ釣りなどの軽い仕掛けはもちろん、サビキ釣り、カゴ釣りやチョイ投げなど負荷の掛かる仕掛けに至るまで、幅広い強度の釣りに対応可能です。
売れ筋No.1は、もっとも使いやすく汎用性の高い3号4.5mの遠投モデルです。

シマノ(SHIMANO) モバイルロッド 20 ルアーマチック S86ML-4

大人気シリーズのシマノ(SHIMANO)ルアーマチック待望の新モデルが、コンパクトな仕舞寸法になって帰ってきました。旧モデルを凌駕するパフォーマンスは、発売後間もなくベストセラーの様相を呈しています。シーバス/エギング/ロックフィッシュ/ワインド/ショアジギング/バス/トラウトなど幅広いルアーゲームに対応するオールラウンダーロッドで、他のエントリーモデルを凌ぐ操作性の高さと飛距離を兼ね備えています。実売価格10,000円を切る、このコストパフォーマンスの高さは圧巻だと言えるでしょう。

ライトSWロッド ダイワ 月下美人

アジング、メバリングの専用ロッドと呼ぶに相応しい、繊細なアタリを食い込ませる機能が、ふんだんに盛り込まれた最先端ロッドです。
食い込み性能に優れたソリッドトップのSモデルと、高速フッキングを可能にするパワフルなチューブラートップのTモデルの2タイプがあります。
おすすめは76UL-Sで極細ソリッドがもたらすフッキング時の食い込みの良さ、キャスト時のシャープな振り調子は、初心者でも扱い易いロッドです。

-京都 釣行
-, ,

© 2021 釣りのネタ帳