京都の有名釣り場「網干場」でアオリイカの電気ウキ釣り釣果

どうもガチろっくんです。

2022年のアオリイカ、秋の新子シーズンですが、早くも3回目の釣行に出掛けてきました。

ここまでの2戦はいずれも養老漁港で、初戦が5杯、2戦目が2杯でしたが、引き続き養老漁港ではボウズ知らずの状況が続いています。

ただ、いずれの釣行でもエサの小アジの確保に難儀するという結果となっており、もうオセンをエサにするのも嫌なので、今回は違う釣り場へ出掛けることにしました。

コロナ以降に舞鶴方面へ出掛けた際に、漁港閉鎖も経験していることから、ここ最近は伊根方面へ出掛けています。

今回も同じく伊根方面ということで、駐車場代は高くつきますが、2年ぶりに網干場へ出掛けることにしました。

網干場はアオリイカでは有名釣り場ですが、管理人自身は今回が2回目の訪問です。

さて、ボウズ知らずの良く知る養老漁港を離れ、勝手の分からぬ網干場でのアオリイカの電気ウキ釣り、果たしてその釣果やいかに・・・

 

京都の有名釣り場「網干場」でアオリイカの電気ウキ釣り釣果

【釣 行】

2022年 10月 21日(金)13:30~19:30

釣り場:伊根町 網干場

天気:晴れ

潮 :若潮

 

昼到着の釣行、さすがの人気の網干場も釣り人は少ない

最近は睡眠不足の状態で、深夜出発の釣りが続いていた。

地元の大阪湾で釣りをするなら朝マズメまでの短時間で引き上げるからよいが、舞鶴湾や伊根湾まで遠征にでるとなると、コストが大きいので、もったいなくてそうはいかない。

管理人ももう若くはなく、深夜に出発すれば朝マズメを終える頃にはいつも眠気が勝り、必ずと言って良いほど夕方の時合までの間で昼寝をする。

車で昼寝をすると身体がアチコチ痛くなるので、今回はアオリイカということで思い切って昼に到着し、日が変わるまでの夜釣りをメインと考えて出掛けた。

因みに網干場の駐車場は最大料金3000円と高額なので、高速は阪神高速だけで、京都縦貫を使わずに節約することにした。

すると自宅から釣り場までが150km以上、日中ということもあり時間にして3時間半もかかってしまい、ケチって疲れて大失敗だ。

さらに満の悪いことに、当日は20時以降で翌朝6時まで京都縦貫の丹波~京丹後大宮までの区間が通行止めになるとのことだった。

帰路はいつも疲れており高速を使って帰りたいので、そうなると19時半には釣り場を後にしなければならない。

これは困ったと思いつつ、釣果次第で早めに切り上げるかと考える。

そうこう考えているうちに、13時前に網干場に到着した。

 

網干場にある小波止の釣り場の様子

網干場にある小波止の釣り場の様子

人気の網干場と言えど、さすがに平日の真昼間と言うことで、釣り人の数は少なかった。

人が多ければ網が干してある護岸での釣りをと考えていたが、ここまで少なければ、せっかくなので人気の堤防に入りたい。

先端付近には2組の先客がいたので、堤防の中間より先端寄りの、十分水深があるポイントに釣り座を設けることにした。

 

日中でも投げサビキで小アジ爆釣 エサの心配はなくなった

取り合えず、夕マズメの時合を迎えるまでにエサのアジを確保しなければならない。

アジが釣れれば電気ウキ釣りで、オセンしか釣れなければヤエン釣りをと考えていた。

時間帯は真昼間なので、取り合えず急いでも仕方ないかと、まずは晴天の下、他の釣り人さんの様子を覗いながら弁当を食べ始める。

先端ではアジを使ったヤエン釣りをしていたので、『あぁ、朝のうちにアジ回ってたんやね。それなら夕方の時合も心配ないかな。』と思っていた。

しばらく見ていると、その釣り人さんはブッコミサビキ仕掛けをセットしたロッドに持ち替え、仕掛けを投入した。

すると、なんとアジが釣り上がってくるではないか。

『なぬぅ!この釣り場はエサのアジをその都度調達できるのか!?』

急いで弁当を食べ、ウキサビキの仕掛けを準備する。

しかしまだアミエビが溶けておらず、とりあえず溶けている分だけ(8つ切の1/4程度)を吸い込みバケツに開け、サビキ釣りを開始した。

 

アジのサビキ釣り開始

アジのサビキ釣り開始

近年では例え秋シーズンであっても、日中にアジが釣れる釣り場は珍しく、朝夕のマズメ時でも確実にアジが釣れる釣り場は多くない。

日中にサビキをしようものなら、オセン、ウリボウ、ベラ、カワハギ、コッパグレ、バリコ、サンバソウ、フグなどのエサ取りのオンパレードで疲れる。

この釣り場の水深は20mほどあるようだが、取り合えず棚は4ヒロ~5ヒロでやってみた。

すると面白いようにウキがボッコボッコ沈み、素針なしでアジが釣れてくる。

久々のアジの爆釣が楽しく、エサだけでなくお土産用のアジも釣って帰ることにする。

途中、数匹のオセンと大きめのバリコが掛かったが、ほとんどアジのみのヒットだったので、かなり大きな群れが居ついていることが分かった。

1時間~1時間半ほど夢中になって釣り続け、3桁近く確保できた時点で開始時に出したアミエビ(100円分くらい)がなくったので、ここでサビキ釣りを終えた。

 

久しぶりのアジの爆釣

久しぶりのアジの爆釣

ちなみに、2年以上も手つかずでほったらかしにしていた『釣りのネタ帳動画』というYoutubeのチャンネルですが、最近またこれへの動画投稿を再開しました。

日中で人も少ないし、ちょうど良い機会だと思い、このサビキ釣りの模様を動画に収めてきました。

宜しければ、本記事と合わせてご覧いただければ幸いです。

 

思いもよらぬ早い段階でアジが確保でき、時間に余裕もできたので、夕方までの間に違う釣りをすることにした。

 

カワハギ釣りと泳がせ釣りで一応の釣果

カワハギ釣りと泳がせ釣り

カワハギ釣りと泳がせ釣り

時期が時期なので、いつでもどこでもできるカワハギ釣りのタックルと仕掛け、エサのアサリは持参していた。

あと、この日は夜釣りメインならアコウでもしようかと、船釣り用の強度のあるタックルを持ち込んでいた。

そこで、せっかく早い時間帯にアジが釣れたのだから、呑ませ釣り(アジの泳がせ釣り)をしながら、カワハギ釣りをすることにした。

 

呑ませ釣りの方はアタリは多いものの、アジが食いちぎられることが多発し、これは前回も同じように苦しめられたシロサバフグかサンバソウのせいだろう。

小アジと言うよりも、豆アジサイズが多かったこともあり、結構な頻度でエサ取りにつかまってしまう。

しかしながら、続けているうちに、竿先をグゥ~と抑え込み、ドラグが走るアタリが出た。

竿先できいてやると、それほど大きくはなさそうだが、潜らずに沖へ走っていく。

ツバス?と思いつつ、大きく合わせると、上手くヒットした。

船竿仕様でベイトリールにはPE2号、リーダーは5号を巻いているので、何の心配もなく寄せてくると、前回の釣りでも見た魚体が姿を現した。

 

アジの呑ませでアイブリ釣果

アジの呑ませでアイブリ釣果

アジを使ったヤエンやウキ釣りでも、釣れたことがあるアイブリだった。

ブリと同じ科目だが、大きくても50cm程度の魚で、これは33cmあったのでまずまずのサイズだろう。

美味しい魚なので、お土産に持ち帰ることにする。

 

ちなみにカワハギ釣りの方は、最近頻繁に釣りの模様を届けているので、今回は割愛する。

というか、サイズが小さくリリースばかりで、その中で子マシなものを数匹だけ持ち帰ることにした。

そのかわりに珍しい魚が釣れたので、そちらの写真を掲載しておく。

 

アコウとカゴカキダイの釣果

アコウとカゴカキダイの釣果

京都では珍しくないかもしれないが、アサリを使った胴突き仕掛けでアコウとカゴカキダイが釣れた。

アコウは20cmもないので、大阪湾なら放流サイズだが、京都は魚影が濃くサイズの制限はないと思うので、お土産にすることにした。

カゴカキダイの方も20cm近くあったが、見た目上、こちらは食用に持って帰るのは気持ち悪いのでリリースだ。

こんな感じで、あれこれと日中の釣りを楽しみつつ、夕方からのアオリイカの本番に臨んだ。

 

アオリイカの電気ウキ釣り ~後ろ髪を引かれつつ納竿~

ヤエンでも電気ウキ釣りでもどちらでもできたが、夕方を迎えて人が増えてきたので、予定通りウキ釣りにした。

それに前回初めて使って掛かりが良かったがまかつの『お墨つき』という仕掛けを再度使って検証しておきたいというのもあった。

17時前にはウキを流し始めるが、ここから小一時間ほどはたまにエサ取りのフグがアタルだけで、沈黙の状態が続いた。

10月も下旬に入れば、随分と陽も短くなり、18時ともなればあたりはもう真っ暗だ。

ここでアオリイカからの最初のアタリが出るが、ヤエンと違ってあれこれ気にする必要はない。

しばらくするとウキが大きく沈んでいったので、一応跳ねあげ式の仕掛けなので、ラインの弛みをとって、軽い感じで大きく合わせる。

それなりの重みが乗り寄ってきて、水面の近くで抵抗するが、海面まで引き上げると、もうコッチのものだ。

ヘッドライトで照らしてフックの掛かり具合を確認し、問題なさそうなので抜きあげた。

 

ファーストヒットのアオリイカ釣果

ファーストヒットのアオリイカ釣果

胴長20cmに及ばないが、400gくらいあるアオリイカだ。

幸先の良いスタートで、早くもボウズを逃れ、アオリイカ釣りでの連戦連勝も継続できた。

しかし、このあと再び厄介なエサ取りに少しのあいだ絡まれる。

 

エサ取りのシロサバフグ

エサ取りのシロサバフグ

やっぱりシロサバフグだった。

結構サイズがあるので、これに目をつけられると、あっという間にアジがやられる。

アジがやられるだけならまだ良いが、アジの掛け針がフロロハリスの場合は、これがバンバン切られて針が飛ぶ。

今日使っている仕掛けは、強度の高い編み込み糸が使われているので、仕掛けは切られずに済んだので幸いだ。

先に釣れたポイントへキャストしたいが、フグが居ついていそうなので、仕方なく遠投することにした。

すると、これが功を奏し、確実にアオリイカだと分かる2度目のアタリがでる。

居食いしているのか、ウキが入っていかないので、ラインスラッグを取り、竿先で少し引いてやった。

すると、すぐさま反応を見せ、ウキが深く沈み込んでいき、それに合わせて竿を大きく振り上げる。

掛かったアオリイカは軽く、明らかに先よりもサイズダウンしており、波止際まで寄せて墨を吐かせた後、すぐに抜きあげた。

 

2杯目の新子のアオリイカゲット

2杯目の新子のアオリイカゲット

150g程度の新子のアオリイカだ。

9月中旬までなら喜べるサイズかもしれないが、秋のアオリシーズンも中盤に入っており、このクラスは最低ラインであってほしい。

ヤエンなら100g以下のミニアオリサイズは掛けないようにアジを離させることができるが、ウキ釣りの場合は掛けるまでサイズが分からない。

また、竿先で聞いて仮にサイズが分かり故意に仕掛けだけ回収しようとしても、結局イカが掛け針に掛かってしまうことが多い。

秋シーズン序盤にウキ釣りをしないのは、一応そういった面も考えてのことだ。

 

1杯目を釣ってから、30分程空いて2杯の釣果となったが、この頃になるとちょうど時合いがやってきていたのだろう。

風も波も落ち着いたことで、絶好の気配が漂い、遠目に確認できる周囲の電気ウキにも、ちょこちょこと反応が見られた。

 

アオリ狙いの電気ウキが並ぶ

アオリ狙いの電気ウキが並ぶ

特に波止の付け根近くの磯向きは一級ポイントなので、多くの電気ウキが並んでいた。

棚が浅く沈み根が多いので、よく知った人でも根掛かりで仕掛けを飛ばすらしい。

ちなみに管理人は水深のあるポイント、かつ中層でやっていたので、根掛かりとは無縁の釣りだった。

それでも、ここから、およそ一時間足らずの間に3杯のアオリイカを追加する。

 

順調にアオリ釣果を伸ばす

順調にアオリ釣果を伸ばす

ただし、残念ながら、サイズはいずれも150g~250gほどのアオリイカだ。

そして、時間はすでに19時を過ぎており、早々にキリの良い5杯をクリアしたことで、納竿のタイミングについて迷いが生じる。

前述のとおり、20時までに高速に乗ろうと思えば、もうボチボチ片付けを始めねばならない。

しかしながら、今ちょうどアオリが寄っている時間帯で、このまま良い時間が続けば2桁釣果も難しくはないだろう。

『なんで、20時からやねん!』

通行止めになる時間が早いのが腹立たしい。

『まあエエか、まだ前の釣りで釣ったイカも冷凍庫に残ってるし・・・』

釣れている時間帯に納竿するという残念な結果となるが、3時間半かけて下道で帰るのはしんどいので、後ろ髪引かれる思いのなか釣り場を後にした。

 

伊根網干場での本日のアオリイカ釣果とタックル

網干場での本日の釣果

網干場での本日の釣果

【お持ち帰り】

アオリイカ:5杯(胴長18cmまで)

小アジ:65匹(13cmまで)

アイブリ:1匹(33cm)

アコウ:1匹(18cm)

カワハギ:4匹(15cmまで)

【リリース】

エサ取り:20匹程度

午後からの釣りということを考えれば、本命のアオリ含め、大漁といっても良い釣果になりました。

特にまとまったアジをお土産にできたのは久しぶりで、納竿タイミングは悪かったですが、満足のいく釣りにはなりました。

今回ヒットしたエサ取りは、オセン、コッパグレ、バリコ、フグ、カゴカキダイ、ベラ、ミニカワハギなど種類は豊富でしたが、釣った総数は少なめでした。

 

【電気ウキ釣りタックル】

*ホリデー磯とフリームスは、実釣で使用したものではなく、その後継機を記載しています。

電気ウキはとにかく明るく、遠投したいという方におすすめですが、自立式ながら浮力調整のために1号もしくは1.5号のオモリ負荷を乗せるとアタリも出やすく、より使いやすくなります。

あと、前回に続き『がまかつのお墨つき』を使いましたが、かなり針掛かりが良い仕掛けで、今回もおそらくアオリのアタリだと思われるもの6回か7回に対して、5杯のゲットとなりました。

【あれば便利な小物】

アジ掬い:第一精工 アジネットDX

ブクブク:ハピソン(Hapyson) YH-735C 乾電池式エアーポンプミクロ

アオリイカをするのであれば、アジ活かし用のポンプとアジ掬いを用意しておくことをおすすめします。

 

今回は秋イカのベストシーズンである10月のアオリイカ釣行ということでしたが、人気・実績ともに高い伊根の網干場は、評判通りの良い釣り場でした。

もう少しアオリのサイズが良ければ文句なしだったのですが、こればかりは釣行日にもよりますね(当日は若潮なので、翌日から良い感じかな。)。

年内でもう少しアオリがサイズアップした頃に、もう一度くらい遠征できれば良いのですが、さて11月は釣りに出掛けられるかどうか・・・。

 

その他の京都でのアオリイカ釣行もお楽しみ下さい  

  養老漁港でアオリイカのヤエン釣りと電気ウキ釣りの釣果

  京都の漁港でアオリイカの電気ウキ釣りとカワハギ釣り

  伊根町の網干場でアオリイカ新子のヤエン釣りとウキ釣り釣果

  間人城島公園でアオリイカのエギングとヤエン釣り

  宮津の養老漁港でアオリイカ新子のヤエン釣り釣果

  養老漁港でアオリイカのエギングとヤエン釣り

  養老漁港でヤエン釣りのアオリイカ、ロックフィッシュゲームのアコウ釣果

 icon-pencil-square-o 京都の伊根にある新井崎漁港でアオリイカ釣り

 icon-pencil-square-o小橋漁港でアオリイカのヤエン釣りも再び大時化!! 

 icon-pencil-square-o 間人港でアオリイカのヤエン釣りも貧釣果で疲労困憊

 icon-pencil-square-o 田井漁港でアオリイカのヤエン釣り~釣果もサイズが!?

 icon-pencil-square-o 舞鶴の白杉漁港でアオリイカ釣りのはずがアジ釣果のみ

コチラの人気記事もどうぞ


関連記事も読まれています

海釣りおすすめロッドシリーズ3選

万能磯竿 ダイワ リバティクラブ磯風

信頼のメーカーが送り出す、波止釣りの万能ロッドは、初心者からベテランまで幅広く使用されている人気のロッドです。
軽快な振り調子、汎用ロッド中No.1の持ち軽さ、相反する最高レベルの強度を兼備した通常モデルは、ウキ釣りなどの軽い仕掛けはもちろん、サビキ釣り、カゴ釣りやチョイ投げなど負荷の掛かる仕掛けに至るまで、幅広い強度の釣りに対応可能です。
売れ筋No.1は、もっとも使いやすく汎用性の高い3号4.5mの遠投モデルです。

シマノ(SHIMANO) モバイルロッド 20 ルアーマチック S86ML-4

大人気シリーズのシマノ(SHIMANO)ルアーマチック待望の新モデルが、コンパクトな仕舞寸法になって帰ってきました。旧モデルを凌駕するパフォーマンスは、発売後間もなくベストセラーの様相を呈しています。シーバス/エギング/ロックフィッシュ/ワインド/ショアジギング/バス/トラウトなど幅広いルアーゲームに対応するオールラウンダーロッドで、他のエントリーモデルを凌ぐ操作性の高さと飛距離を兼ね備えています。実売価格10,000円を切る、このコストパフォーマンスの高さは圧巻だと言えるでしょう。

ライトSWロッド ダイワ 月下美人

アジング、メバリングの専用ロッドと呼ぶに相応しい、繊細なアタリを食い込ませる機能が、ふんだんに盛り込まれた最先端ロッドです。
食い込み性能に優れたソリッドトップのSモデルと、高速フッキングを可能にするパワフルなチューブラートップのTモデルの2タイプがあります。
おすすめは76UL-Sで極細ソリッドがもたらすフッキング時の食い込みの良さ、キャスト時のシャープな振り調子は、初心者でも扱い易いロッドです。

-京都 釣行
-, , ,

© 2022 釣りのネタ帳