【謹賀新年】2018年も釣りのネタ帳を宜しく!!

投稿日:2018年1月3日 更新日:

謹んで新春のお喜びを申し上げます。

【釣りのネタ帳】も開設から4年目を迎え、釣りブログの運営に対する理解も随分と深まってきました。

それと同時に、多くの読者様にアクセスを頂けるサイトへとに成長しました。

本年もユーザーの期待に応えるよう取り組んで参りますので、変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

さて、新年の挨拶もさることながら、例年ワンパターンな大晦日から正月休みを過ごす管理人こと【ガチろっくん】ですが、実は昨年の最終投稿後に少々体調を崩しました。

これにより、恒例としていた大起水産への買い物後の、『釣り具のブンブン』での掘り出し物探しが出来なかったのは、非常に残念です。

買い物時のモチベーションも低く、今年は写真も数枚しか撮ってこれませんでしたが、少しだけ紹介しておきます。

 

スポンサーリンク

【謹賀新年】2018年も釣りのネタ帳を宜しく!!

大起水産 鮮魚流通センター【街のみなと】

大起水産 鮮魚流通センター【街のみなと】

体長不良ながら、正月の買い出しは管理人と管理人の弟君に与えられたお役目、例年通り大起水産鮮魚流通センター【街のみなと】へ正月の食材を買い出しに行く。

二日目のメイン食材となる肉類は、弟君がすでに買いそろえてくれていたので、初日の鍋のメインとなる魚介を見て回る。

去年はクエの1匹買いを敢行し、まずまずの評判だった。

クエの捌き
【謹賀新年】2017年の一発目はクエ、今年も宜しくです!!

謹んで新春のお喜びを申し上げます。 【釣りのネタ帳】は開設から3年目を迎えておりますが、当ブログサイトのみならず、昨年YouTubeに開設しました【釣りのネタ帳動画】チャンネルも含めて、多くの読者様・ ...

続きを見る

 

今年もカニやフグが高騰していれば、1キロ6,500円~7,000円のクエでも良いかと思っていた。

ざっと見て回ると、アラスカ産の生タラバは2肩3kgで26,500円、1昨年が2,3000円、昨年が26,500円・・・どうやらもうカニは今後も安くなることはなさそうだ。

そして、トラフグは・・・

2017年末のトラフグ価格

2017年末のトラフグ価格

白子入りの1匹買いで8,500円は、昨年より2割程度安い。

1.5kgサイズの白子なしが高騰していた昨年が15,000円で、今年は12,000円、これは1昨年前と同じ価格だ。

あれこれ迷うことなく、今年は一発でトラフグに決定した。

白子入り1匹(原魚を測ってもらって1.16kg)8,500円と、白子なし1.0kg2匹が11,600円で、合計22,000円(税込み)ほどの買い物となった。

 

大起水産では様々な鮮魚が取り揃えられており、人気はやはりカニとフグになるのだが、さすがにここまでカニが高騰してくると、カニコーナーの盛り上がりも年々悪くなってきている。

ロシア産はまだ価格の方は落ち着いているが、正直やはり味は数段落ち、総じて不評だった経験があるので、管理人としてはこれを購入することはない。

一昔前までは正月といえば、毎年カニを用意していたので、もう美味いタラバを買って来て食べることは、これから先にも出来ないのかと思うと、少し寂しい気もする。

なお、今年は1本で3万も4万もする氷見のブリを見なかったが、伊勢エビがたくさん水揚げされていた(いつもあったのかな?)。

伊勢エビの調理法を訊ねる

伊勢エビの調理法を訊ねる

その他にも実際には野菜を購入したり、もう少しあれこれと見回ったのだが、紹介できる写真が無い。

こんな短文で写真の少ない淡白な記事に仕上げてしまったのは、いつぶりかも思い出せないが、これにて買い物の紹介は終わります。

大起水産(株)【街のみなと】堺店のホームページと、場所を紹介しておきます。

 icon-home  大起水産(株)【街のみなと】堺店

 

元旦を迎えると、お袋様が作ったお節料理に、大量の筑前煮、お雑煮の他、北海道から取り寄せたボタンエビや、淡路の親戚から送ってもらった赤ナマコ、そして150個以上もあるサザエなどが食卓に上がった。

管理人一族の正月のお昼の一部

管理人一族の正月のお昼の一部を紹介

そんなわけで、夜のてっちりを頂く前に、みんな一旦は『もうエエわ』となってしまうのですが、それでも鍋が始まると再びすごい勢いで食べ始めるから恐ろしい。

とにもかくにも、本年もワイワイがやがやと例年と変わらぬお正月を過ごせたことに感謝したいと思います。

 

因みに、管理人が大晦日にブンブンで物色したかったのは、実はフィッシングウェアで訳アリでした。

その原因は、釣行時はいつも決まった貧乏たらしい格好をしている管理人ですが、『それだけアクセスの集まるブログサイトの運営者になったのなら、もう少し身なりを何とかしろ!』と弟君に言われたこと。

管理人としては釣りで汚れたり、嫌な匂いが付いても全然OKな、使い古したシャカシャカジャンパーにキャップを着用しており、実用性を考慮した結果なのですが、どうにもこうにも素人くさいと・・・いや、一応紛れもない素人なんですがね。

ただ、確かに他の釣りブログサイトの管理人さんの姿かたちを見ていると、『なるほど、釣り師のようでカッコいい』と思うのも事実です。

実力を示すのに釣果はもちろん必要でしょうが、それに本格的な釣り人としての外見が加われば、ブログに書いてあることに、より強い説得力が加わる印象もあります。

これからも長く快適な釣り環境と、ユーザーに受け入れてもらいやすいブログ環境を維持していく上では、これは必要な投資かもしれないと、少しばかりそういう思いに至りました。

そうはいっても、素人貧乏釣り師の代表的存在である管理人が、数万円もするフィッシングウェアに投資できるのかどうかは微妙。

キャップくらいならいつでも投資できますが、それでも5,000円位するでしょ・・・ホント2大某釣りメーカーの製品って高いですよね。

取りあえず、見て、聞いて、触ってと、釣り場で地元のオジサンに色々と教えてもらういつものスタイルで、ブンブンへ乗り込もうと思っていました。

ところが、実際には確認に行けなかったので、今現在は熱した鉄も少し冷えてしまい、『寒くて格好悪いけど、まあいっか』といつもの貧乏釣り師気分に逆戻りです。

普段はかなり太っ腹なのに、なぜか自分の好きなことに対してはセコイ管理人、さあ、果たして今年の管理人の釣行時のスタイルに変化は生まれるのでしょうか!?

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その他の人気コンテンツ

海釣りおすすめロッドシリーズ3選

万能磯竿 ダイワ リバティクラブ磯風

信頼のメーカーが送り出す、波止釣りの万能ロッドは、初心者からベテランまで幅広く使用されている人気のロッドです。
軽快な振り調子、汎用ロッド中No.1の持ち軽さ、相反する最高レベルの強度を兼備した通常モデルは、ウキ釣りなどの軽い仕掛けはもちろん、サビキ釣り、カゴ釣りやチョイ投げなど負荷の掛かる仕掛けに至るまで、幅広い強度の釣りに対応可能です。
売れ筋No.1は、もっとも使いやすく汎用性の高い3号4.5mの遠投モデルです。

万能ルアーロッド アブガルシア クロスフィールドXRFS

コンセプトである「様々なフィールド、ターゲット、釣り方を一本のロッドで」をさらに突き詰めた結果、誕生したのがXRFSシリーズの9ft台モデルです。
強固なシーバスロッドでありながら、エギング2.5号~、ワインド1/4oz~の適用範囲となる本ロッドは、まさに万能ルアーロッドと言えます。
実売価格10,000円を切る、このコストパフォーマンスの高さは圧巻です。

ライトSWロッド ダイワ 月下美人

アジング、メバリングの専用ロッドと呼ぶに相応しい、繊細なアタリを食い込ませる機能が、ふんだんに盛り込まれた最先端ロッドです。
食い込み性能に優れたソリッドトップのSモデルと、高速フッキングを可能にするパワフルなチューブラートップのTモデルの2タイプがあります。
おすすめは76UL-Sで極細ソリッドがもたらすフッキング時の食い込みの良さ、キャスト時のシャープな振り調子は、初心者でも扱い易いロッドです。

-気まぐれ日記
-, , ,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2018 All Rights Reserved.