仕掛けで使う結び方や釣り方のコツ、その他テクニックなど

釣りのネタ帳では、海釣りの中でも主に堤防釣りで行うエサ釣りとルアーフィッシングについて記事にしています。

ここでは、仕掛けで使う結び方を中心に、釣り方のコツや、その他様々なテクニックについて紹介しています。

釣りに使う仕掛け作りの完成度は、結びに始まり結びに終わるといっても過言でないほど、重要な要素です。

当サイトではエサ釣りとルアー釣りを問わず、数多くの結び方について、初心者でも分かりやすいように、画像と動画で出来るだけ詳しく紹介しています。

その他、チョットした釣り方のコツや、日常的に役に立つテクニックなども紹介していますので、是非とも参考にして頂ければ幸いです。

なお、釣り方に対するコツについては、当サイトの【釣法・仕掛け】のカテゴリーの中で、個別に記事を用意して詳しく紹介していますので、合わせてご覧頂ければ幸いです。

【釣法・仕掛け】へ移動

簡単で速い釣り針の結び方【外掛け結び】

テクニック

一番簡単で速い釣り針の結び方【外掛け結び】

釣り針を釣り糸で結ぶ方法の中で、もっとも基本的な簡単で速く結べる【外掛け結び】の結び方を紹介します。外掛け結びの結束強度はほどほどですが、初心者でも結べるオーソドックスな釣り針とハリスの結び方なので、是非マスターしておきましょう。

砂ズリの作り方(2本ヨリの作り方)

テクニック

【砂ズリ】2本ヨリ(2本撚り糸)の作り方

投げ釣り仕掛けで使う砂ズリ(2本ヨリ)の作り方を紹介します。撚り糸は釣り糸に張りを持たせ、仕掛けの絡み防止や、砂利やテンビンとのスレをガードし、仕掛けの痛みを防ぎます。ここでは、ナイロンラインを使った砂ズリ(2本ヨリ)の結び方を紹介します。

道糸と力糸の結び方【ブラッドノット(アメリカ結び)】

テクニック

道糸と力糸の結び方【アメリカ結び(ブラッドノット)】

投げ釣りの道糸と力糸の結び方で、【アメリカ結び(ブラッドノット)】と呼ばれる方法の紹介です。結び目の結束強度が強く、コブは紡錘形で小さく、結節部分の屈折がない有用な結び方です。釣り糸(ライン)同士を結べる方法としてマスターしておきましょう。

8の字チチワ結び

テクニック

8の字結びで作るハリスチチワとチチワ結びの結び方

ラインやハリスに8の字結び(エイトノット)でチチワを作る方法と、チチワの箱掛けでサルカンのような環の部分へ連結させる結び方(チチワ結び)を紹介します。8の字チチワ結びは、仕掛け作りに役立つ基本テクニックなので、ぜひマスターしておきましょう。

ウキ止め糸の結び方

テクニック

ウキ止めの糸の結び方(ウキ止めの作り方)

道糸(ライン)へのウキ止め糸の結び方を紹介します。遊動ウキ釣り仕掛けに必須のウキ止めですが、ウキ止めの糸を結ぶ方法は簡単で小さく結べ、ガイドへの引っ掛かりも軽減できます。ただ、ウキ止めがずれることもあるので、結び方をきちんとマスターしておきましょう。

サルカンの結び方【ユニノット】

テクニック

【ユニノット】サルカン(スイベル)やスプールの結び方

サルカン(スイベル)に釣り糸を結ぶ方法で、最もポピュラーで簡単な【ユニノット】の紹介です。ユニノットは結束強度が強く、スプールにラインを結ぶ方法としても知られています。結びの基本テクニックの一つなので、ぜひマスターしておきましょう。

胴突き仕掛けと穴釣り仕掛け

テクニック

【穴釣りマスター】仕掛けの工夫で根掛かり対策を!!

穴釣りの最大の敵は【根掛かり】だと言えます!!ポイントがテトラなどの岩場の隙間からロックフィッシュ(根魚)を釣ろうと思えば、ある程度の仕掛けのロストは避けられません。ここでは、仕掛けの工夫で根掛かりを回避・軽減できる方法を紹介します。

タコエギのアイに先端から通す

テクニック

タコエギにPEラインを直結で結ぶ方法【8の字チチワ結び】

ルアーであるタコエギを使ったタコ釣り(オクトパッシング)が人気です。ここでは、ショックリーダーを使わずに、8の字結び(ダブルエイトノット)とチチワ結びでタコエギをPEラインで直結する方法(簡単で速くタコエギ交換も可能な結び方)を紹介します。

簡単最速ノット手順(10)

テクニック

ラインとリーダーの結び方【簡単最速ノット】

PEラインとショックリーダーの結びで、【簡単最速ノット】(10秒ノットや10ノット)と呼ばれる結び方の紹介です。特にライトゲームを楽しむルアーマンには、簡単で速く結べるこの方法はお勧めです。入門者や初心者向きでもあり、釣り場でのラインとリーダーを結び直しにも役立ちます。

ルアーの結び方【パロマーノット】

テクニック

【最強ノット】パロマーノット - ルアーの結び方 -

2021/3/21    , ,

ルアーやスナップ、スプリットリングやサルカンなど、環になった部分へのラインの結び方で、最強ノットと名高いパロマーノットの紹介します。パロマーノットは強度の高い太糸リーダーに向いた釣り糸の結び方で、少しばかり使い方と結び方にコツが必要なノットです。

釣り針の漁師結び

テクニック

【最強ノット】漁師結び - 釣り針の結び方 -

2021/1/11    , ,

釣り針の結び方で、最強ノットとの呼び声高い【漁師結び】を紹介します。釣り針の結び方で、一般的な外掛け結びや内掛け結びに比べて、簡単で速く、そして結束強度が高いと3拍子揃ったノットです。コツを覚えると、初心者でも結べるので、是非お試し下さい。

テクニック

ラインとリーダーの結び方【オルブライトノット】

PEラインとショックリーダーの結びで、【オルブライトノット】と呼ばれる結び方を紹介します。結びに慣れない初心者さんや、ライトゲームを楽しむルアーマンには、簡単で速く結べるこの方法はお勧めです。現場でラインとリーダーを結び直す時などにも重宝します。

エビ撒きカゴの自作方法

テクニック

エビ撒きカゴ(底撒き器)を簡単に自作する方法

活きエビ(シラサエビ)のマキエを使う釣法に、エビ撒き釣りやズボ釣りと呼ばれる釣り方があります。 活きエビを途切れさせないマキエワークが重要な釣りですが、その際にマキエを行う方法は大きく分けて2種類あります。 エビ撒き杓を使う上撒きと呼ばれる ...

サルカンの完全結び(漁師結び)

テクニック

【最強ノット】完全結び(漁師結び)-サルカンの結び方-

サルカン(スイベル)に釣り糸を結ぶ方法は多々ありますが、結束強度が最強クラスで、漁師御用達とも言われる【完全結び(漁師結び)】を紹介します。ブログ記事の画像だけでなく、動画でも紹介していますので、強いノットをお求めの方は、是非ご覧下さい。

テクニック

短い釣り糸でも楽にサルカンへ結べる方法

仕掛けを扱う際に、短すぎる釣り糸を結ぶ操作に手こずる場合があります。 エダスの短い枝針や、穴釣り用に用意した極短ハリスの針などが、良い例ではないでしょうか。 当サイトでは過去に、針結び器を使うことで穴釣り用の釣り針を、コストをかけずに簡単迅 ...

三連ウキ止め

テクニック

【仕掛けの小ネタ】カゴ釣りや投げサビキ仕掛けのウキ止めの結び方

釣りのネタ帳ではこれまで、遊動ウキ釣り仕掛けに必要なウキ止めについて、その種類の関する紹介や、ウキ止め糸の結び方についての紹介を行ってきました。  icon-caret-square-o-right 遊動ウキ釣り仕掛けに必要なウキ止めの種類 ...

サルカンの簡単な結び方【クリンチノット】

テクニック

【クリンチノット】サルカン(スイベル)とラインの結び方

サルカン(スイベル)に釣り糸を結ぶ方法で、最もポピュラーでオーソドックスな【クリンチノット】を紹介します。ラインノットでは最も簡単で速い結び方で、初心者でも結びやすい方法です。強度もある汎用性の高い最速ノットをマスターしておきましょう。

釣り竿の修理

テクニック

釣り竿(ロッド)の穂先修理(ここでは一番の交換)と便利グッズ

2018/3/25    ,

どうも、ガチろっくんです。 先日、深日漁港へサビキ釣りに出掛けた際、ウチのチビ助が車の電動ドアで奥方様の波止竿を折ってしまいました。 その時の釣行記事はコチラ  icon-caret-square-o-right 深日漁港でイワシとアジのサ ...

ダメなウキ止め

テクニック

【仕掛けの小ネタ】シモリがウキ止めを越えてしまう場合の対処方法

遊動ウキ釣り仕掛けに必要なウキ止めですが、皆さんはどのようなタイプのものを使用されていますか。 釣りのネタ帳では過去に、このウキ止めの種類について詳細に紹介し、とりわけその中でも自分で巻く糸タイプのウキ止めの汎用性の高さから、これをお使いす ...

穴釣り用の釣り針を量産

テクニック

穴釣りで使う釣り針(交換針)を手軽に量産する方法

釣りのネタ帳では、これまで、穴釣りを楽しむためのハウトゥ(How to)に関する記事をいくつか紹介してきました。 その中で一番反響が大きかったのは、『根掛かり対策』に関する記事であり、日々たくさんの方にご愛読頂いております。 2016年7月 ...

© 2021 釣りのネタ帳