「テクニック」 一覧

短い釣り糸でも楽にサルカンへ結べる方法

仕掛けを扱う際に、釣糸が短すぎて結ぶ操作に手こずる場合があります。 エダスの短い枝針や、穴釣り用に用意したハリスなどが良い例です。ここでは、ハリスのコスト削減などを含め、様々な理由で結び難い長さになった釣糸でも、サルカン(スイベル)のような環になっているものであれば、簡単に結べる方法について紹介します。

三連ウキ止め

【仕掛けの小ネタ】カゴ釣りや投げサビキ仕掛けのウキ止めの結び方

遊動ウキ釣りで使うウキ止めですが、カゴ釣りや投げサビキなどのオモリの重い仕掛けを使うと、ズレたり、解けてしまうことがあります。ここでは、ウキ止めがズレないように結ぶ方法のうち、二連ウキ止め、三連ウキ止めと呼ばれる方法について紹介します。ウキ止めは、棚を固定する重要な仕掛けの一部ですので、是非とも覚えておきましょう。

クリンチノットインプルーブド(3)

サルカン(スイベル)への釣り糸の結び方【クリンチノット】

サルカン(スイベル)に釣り糸を結ぶ方法は幾つかありますが、もっとも基本的(ポピュラー)で簡単な手順の【クリンチノット】を紹介します。この方法は初心者さんでも結びやすく、サルカンだけでなく、環状のものなら、どんなものへも結ぶことが出来ます。釣り糸の結びに関する基本テクニックの一つなので、ぜひマスターしておきましょう。

釣り竿の修理

釣り竿(ロッド)の穂先修理(ここでは一番の交換)と便利グッズ

釣り竿(ロッド)の穂先が折れた場合の修理の方法と、修理に必要な道具や、修理が楽に行える便利グッズについて紹介します。ここでは一番の交換だけとなりましたが、自分で修理ができると、余計な出費が必要なくなり、新たな釣りの楽しみにもなりますので、是非とも修理の知識と技術を身に付けておきましょう。

スポンサーリンク


ダメなウキ止め

【仕掛けの小ネタ】シモリがウキ止めを越えてしまう場合の対処方法

遊動ウキ釣り仕掛けに必要なウキ止めですが、ガチろっくんとしては、糸タイプの製品を使い自分で結ぶことを推奨しています。ただし、ウキ止めが小さ過ぎると、シモリが抜けてしまい用を成さない場合があります。穴の小さなシモリを持っていればOKですが、持っていない場合に、ウキ止め糸の結び方で対処する方法を小ネタとして紹介します。

穴釣り用の釣り針を量産

穴釣りで使う釣り針(交換針)を手軽に量産する方法

釣りのネタ帳では、穴釣りの記事をいくつか紹介してきましたが、一番反響が大きかったのは、『根掛かり対策』の記事です。穴釣りは、カサゴやメバル、アイナメなどのロックフィッシュ(根魚)の釣りが楽しめる反面、根掛かりが多い釣りでもあります。ここでは、労力とコストを抑え、気軽に穴釣り用の釣り針を量産する方法を紹介します。

釣り針の結び方 内掛け結び(4)

釣り針の結び方【内掛け結び】

釣り針を釣り糸で結ぶ方法は幾つかありますが、基本テクニックながら結節強度に優れた【内掛け結び】を紹介します。最も基本的で簡単な【外掛け結び】に比べ、結びの難易度は多少高くなりますが、大物狙いでも信頼できる結びの方法です。釣り針は自身で結べば、利便性・コストともにメリットがありますので、ぜひともマスターしておきましょう。

道糸沈め

【仕掛けの小ネタ】ブッコミ釣りや投げ釣りでオマツリを避ける道糸沈め

道糸沈めは、投げ釣りやブッコミ釣りで航路や船道近くを狙う際に、仕掛けが船に巻き込まれないようすることがメインの使用方法で、強風で糸ふけが大きい場合にも使用されます。更に、混雑する波止での釣りでは、オマツリを回避する方法としても使用できます。ここでは、そんな道糸沈めの使い方について、【仕掛けの小ネタ】として紹介します。

スポンサーリンク


ベール道糸通し忘れ(1)

【仕掛けの小ネタ】道糸をベールに通し忘れた場合の対処方法

長く釣りを行っていれば何度も起こす【ベールに道糸を通し忘れるミス】。初心者さんの多くは、このミスのカバー方法を知らず、仕掛けを切って、再度一からやり直したりしています。このミスは、スピニングリールのスプールの脱着によって、簡単にカバーすることが出来ます。作った仕掛けもそのままでOKですので、是非とも覚えておきましょう。

紀州ヌカでバッカンを汚さない方法

チヌ紀州釣りのヌカでバッカンを汚さずに使用する方法

近年ではチヌ(クロダイ)の紀州釣りも、全国的に知られるようになりました。紀州釣りでは、様々な配合餌を加えたヌカダンゴを使用します。このヌカダンゴ、主にバッカンの中に開け、海水を加えて混ぜ合わせますが、バッカンは汚れ、匂いも着くし、後片付けが大変。ここでは、少しの工夫でバッカンを汚さずに使用できる方法を紹介します。

投げ釣り仕掛けの一例

基本的な釣り糸の結びの種類を知る【投げ釣り仕掛け編】

釣り入門時から必要とされるテクニックで、釣り糸の結び方の種類に焦点を当てました。今回はカレイやキスなどの底物狙いで人気の高い『投げ釣り仕掛け』を作る際に発生する糸の結びの種類を紹介します。ここで紹介する方法は、手軽で汎用性が高く、初心者・上級者を問わず、多くの人が使っている方法なので、ぜひマスターしておきましょう。

胴突き仕掛けの一例

基本的な釣り糸の結びの種類を知る【胴突き仕掛け編】

釣り入門時から必要とされる釣り糸の結びについて紹介します。特に今回はロックフィッシュ(根魚)を釣るのによく使う『胴突き仕掛け』を作る際の糸の結びの種類です。ここで紹介する結び方は、手軽で汎用性が高く、釣りの初心者・上級者を問わず、多くの人が使っている方法です。基本となるこの結び方を、ぜひともマスターしておきましょう。

2本ヨリの作り方

2本ヨリ(2本撚り糸)の作り方

投げ釣りでよく使う撚り糸の作り方を紹介します。2本ヨリの特徴は、ヨリを入れた糸の部分に張りができ、モトスに張りを持たせることで仕掛けの絡みを防止できます。また、2本ヨリ部分を【砂ずり】と呼ぶように、砂利やテンビンとのスレをガードし、仕掛けの痛みも防ぎます。投げ釣りで有用な基本テクニックなので、ぜひマスターしましょう。

ハリスチチワの結び方

ハリスにチチワを作る方法【8の字結び(エイトノット)】

ハリスに8の字結び(エイトノット)でチチワを作る方法を紹介します。チチワを出せれば、釣り糸と釣り糸の結びでチチワ同士の連結が可能となり、サルカン(スイベル)のような環のものにも、手軽に連結させることが出来ます。投げ釣りのように、針の交換を頻繁に行う仕掛けに役立つ基本テクニックなので、ぜひマスターしておきましょう。

モトスチチワの結び方

モトスにチチワを作る方法

モトスにチチワを作る最も簡単で一般的な方法を紹介します。モトスにチチワを出せるようになれば、好きな位置に枝針を出せます。特に投げ釣りで重宝されますが、根掛かりやフグによって釣り針を失った場合に、同じ位置に簡単に仕掛け直すことが出来ます。釣り糸の結びに関する基本テクニックの一つなので、ぜひマスターしておきましょう。

アメリカ結び(ブラッドノット)

道糸と力糸の結び【アメリカ結び(ブラッドノット)】

投げ釣りによく使用される道糸と力糸の結び方のうち、【アメリカ結び(ブラッドノット)】と呼ばれる方法を紹介します。この方法は、結び目の結束力が強く、コブを小さく仕上げ、結節部分の屈折がないメリットがあります。道糸と力糸に限らず、異なる太さの釣り糸同士を結べる方法なので、ぜひともマスターしておきたいテクニックの一つです。

ウキ釣り仕掛けでの結び方

基本的な釣り糸の結びの種類を知る【ウキ釣り仕掛け編】

【釣りのネタ帳】では【釣りの種類や状況に応じた釣り糸の使い分けを知る】という目的のもと、シリーズで記事を紹介中です。今回は『ウキ釣り仕掛け』を作る際の、糸の結びの種類です。ここで紹介する結びの方法は、手軽で汎用性が高く、釣りの初心者・上級者を問わず、多くの人が使っている方法なので、ぜひマスターしておきましょう。

エダスの出し方【エイトノット】

エダスの出し方【8の字結び(エイトノット)】

モトスにエダスを出す方法は幾つかありますが、ここでは、もっとも基本的で簡単な手順の【8の字結び(エイトノット)】を紹介します。エダスを作ることで、サビキ仕掛けや胴突き仕掛けのような、複数本の釣り針で、幅広い棚を探れる仕掛けが作れます。釣り糸の結びに関する基本テクニックの一つなので、ぜひマスターしておきましょう。

釣り針の結び方【外掛け結び】

釣り針の結び方【外掛け結び】

釣り針を釣り糸で結ぶ方法は幾つかありますが、もっとも基本的で簡単な手順の【外掛け結び】を紹介します。釣り針を自分で結べれば、ハリス切れ時や、針の大きさ・種類を変える際にも、新たなハリス付きの針を必要とせず、コスト面でもメリットがあります。釣り糸の結びに関する基本テクニックの一つなので、ぜひマスターしておきましょう。

サルカンの結び方【ユニノット】

サルカン(スイベル)への釣り糸の結び方【ユニノット】

サルカン(スイベル)に釣り糸を結ぶ方法は幾つかありますが、もっとも基本的(ポピュラー)で簡単な手順の【ユニノット】を紹介します。この方法は結び目の結束強度が強く、サルカンに関わらず、環の部分に対して糸を結ぶものなら何でも結ぶことが出来ます。釣り糸の結びに関する基本テクニックの一つなので、ぜひマスターしておきましょう。

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 AllRights Reserved.