忠岡木材コンビナート中波止でタコエギのタコ釣り

どうもガチろっくんです。

ここ2週間で3度目の釣りですが、自身の若かりし頃の全盛期を思わせる釣行の連続です。

理由はいくつかあり、1つ目は雨がちな天気が続いているで外出を控えていること、2つ目はコロナでの自粛でインドアの家族サービスを控えていること、3つ目は家族が一緒に釣りに行きたがらないこと・・・

そして何より大きいのは、ボウズはないものの最近の釣果での満足度は低く、特に前回忠岡コンビナートの高場では釣果よりもエギのロストで痛い目に合わされたことです。

因みに前回のタコ釣り釣行はコチラ icon-arrow-circle-down 

500gのマダコ釣果
忠岡コンビナート高場でタコ釣りも釣果より損失大!

忠岡コンビナートの高場でタコエギを使ったタコ釣り(オクトパッシング)釣行です。辛うじてマダコの釣果は得るの、タコエギロストの損失が大きく失意の釣りとなりました。今年はタコの当たり年と言われますが、新子のサイズも日々良くなっているようです。

続きを見る

 

このままでは終われない、忠岡での借りは忠岡で返す。

忠岡木材コンビナートの中波止でリベンジに臨んだタコエギ仕掛けを使ったタコ釣り(オクトパッシング)、果たしてその釣果やいかに・・・

 

忠岡木材コンビナート中波止でタコエギ仕掛けのタコ釣り(オクトパッシング)

【釣 行】

2020年 7月 23日(木) 16:00~19:00

場所:忠岡木材コンビナートの中波止(貯木整理場)

天気:曇り

潮 :中潮

 

タコエギに巻くエサを携え、釣りエサ店ティーポートへ安いエギを探しに行く

今回は負けられぬ戦いだが、前回釣行で散財してしまったため予算的に余裕はない。

タコエギはたくさん所有しているが、3.5号に限定すれば5本程度とそう多くなく、価格的には高めのタコやんがメインだ。

今回更にタコやんを2つ3つ失うのも避けたいし、これ以上はタコエギのロストで在庫を圧縮したくない。

少し考えた結果、今回は安いタコエギにエサを巻いて釣る戦法を取るという結論に達した。

まずエサだが、タコのエサを釣りエサ店で購入するのは馬鹿らしいので、家にあるもので代用しようと考える。

 

鶏皮と豚の脂身

鶏皮と豚の脂身

鶏のモモ肉は常に必ずストックしてあるので、1枚の半分くらいの皮をめくる。

タコエギに巻くと3本分くらいだがこれで十分、およそ3等分にカットする。

豚はロースがあったので、その縁の脂身になった部分だけカットした。

エギに巻くには少し小さくなるが、コチラも3等分にした。

上出来上出来・・・『何してくれんねん!』という奥方様の苦言が飛び出すが、これでタコを釣ってくると受け流す。

 

さあ準備もできたし、時間ももう15時、急いで出発だ。

行き先はかなりの寄り道になるが、フィッシングショップTポートだ。

ここへ行けばオクトパスタップが安く手に入る可能性が高い。

ところが、この日のオクトパスタップは他店と変わりない価格だった。

その代りに安く入手したのは・・・

 

マルシン漁具のビッグゲーム『BIG GAMEⅡ』

マルシン漁具のビッグゲーム『BIG GAMEⅡ』

オクトパスタップと同じメーカーであるマルシン漁具のビッグゲーム『BIG GAMEⅡ』だ。

驚くことなかれ、特価税抜きで168円、税込みでも190円を切る価格だ。

このタイプのシンカーが付いた餌木は底が取りにくく、追加のオモリが必要になるがそれを考慮しても安い!

オクトパスタップと違って尻尾の部分にタコベイトまで付いているのだから買わない理由がない。

本来なら7種類のカラーラインナップがあるが、4種類しか置いてなかったので写真の4種類を購入した。

さすが貧乏人の味方ティーポート、ここへ来ると期待に応えてくれる何か安い物が見つかる。

寄り道した甲斐があったと喜びつつ、忠岡釣り場への道中を急ぐ。

 

忠岡木材コンビナートの中波止到着 あれ・・・これ大丈夫!?

忠岡木材コンビナートの中波止に到着したのは16時前だった。

ちょうど堤防から階段を下ってきて自転車に乗り込もうとしているタコ釣りの常連さんっぽい人がいたので釣果を尋ねた。

釣果は200gが2杯、かなり渋いようだと言っている。

地元のおいやんが言うのだから間違いないのだろうが、それでも一応釣れたことを聞いてホッとする。

前回7/18に覗いた時は、大雨の後だったこともあり恐ろしく濁った水潮で、一目見てこれはダメだろうと思い高場へ向かったのだ。

もう高場までの道のりを歩くのは勘弁して欲しいので、よほど混雑していない限り中波止で釣ろうと思ってきた。

おいやんはホクシン白灯へ向かうということで、お互いに頑張って下さいと声を掛け合い階段を登った。

 

忠岡コンビナート中波止の様子

忠岡コンビナート中波止の様子

『エッ!』

まさかの展開に驚いた。

波止の中ほどに散歩中の3人、釣り人は波止の先端付近に2人だけだ。

ここへ来る途中、車からフィッシングマックスを見るとスゴイ車の数だったので、当然何処へ行ってもある程度は混んでいるだろうと思っていたので、嬉しい誤算だ。

 

忠岡コンビナート中波止横のテトラ帯

忠岡コンビナート中波止横のテトラ帯

波止の中ほどからテトラの方を眺めてみたが、見える範囲に一人だけとコチラもほぼ人がいない。

水潮はソコソコ解消されていそうだが、これ大丈夫かと不安になる。

しかも管理人が釣りを始めようと準備していると、先端の2人も帰ってしまった。

『え~、まだ4時で満潮が21時半やから今からやん!』

 

忠岡コンビナートのホクシン白灯の様子

忠岡コンビナートのホクシン白灯の様子

遠目にホクシンの白灯を見ると、まあそれなりに釣り人はいるようだ。

おいやんはホクシンへ向かったが、釣り座は確保出来ても狭いでぇ。

中波止に一人ボッチとなってしまったが、まあ好きな場所へ投げれるからエエわ。

取りあえず先端へ移動するか。

 

忠岡コンビナート中波止の先端

忠岡コンビナート中波止の先端

労せずして先端へ入ることが出来た。

向かい側は岸和田渡船でないと渡ることが出来ない中波止だが、どうやら釣り人は乗っていないようだ。

釣り人が多いと煩わしいが、いなきゃ居ないで不安になる。

まあプラス思考でラッキーだと考えるようにしよう。

 

豚の脂身を乗せたタコエギで開始 確かに渋そうだが釣果は出た

豚の脂身を巻いたタコエギ

豚の脂身を巻いたタコエギ

取りあえず豚の脂身を銅線で巻いたレッドヘッドで始めてみた。

潮の流れは緩いようだったが、今日はガッツリ底を取りたいので三方サルカンを使い少し重めの8号のナス型オモリをセットした。

開始から30分ほどアタリはなかったが、ガチャガチャのシモリを攻めても根掛かりは1度きりだった。

跳ね上げた時に上手く抜けたので、オモリが挟まっていたのかもしれない。

そうこうしているうちに、掛け上がりを重苦しく引いて来る途中に抵抗を受けてロッドが曲がる。

3呼吸ほど置いてロッドを跳ね上げると、ソコソコの重さはあるようだ。

 

ファーストヒットのタコは280g

ファーストヒットのタコは280g

ファーストヒットのマタコは280gだった。

早くもボウズのがれとなる1匹を釣り上げ、気分は上々だ。

やっぱりエサは強いなぁと思いつつ続けていたら、早くも次の抵抗が・・・

ある程度の所まで重かったのだが、途中でフッと軽くなる。

何・・・!?

 

根掛かりで切れたエギゴミの回収

根掛かりで切れたエギゴミの回収

あ~、なるほど、このパターンだか。

タコ釣りに出ると大抵遭遇する、根掛かりで切れたラインやタコエギとの引っ掛かり。

この日のエギゴミの回収はこの1個だけだった。

この後、数投するもアタリは続かなかったのでここで仕掛けをチェンジする。

 

鶏の皮を巻いたタコエギが正解で釣果を伸ばす

鶏皮を巻いたタコエギ

鶏皮を巻いたタコエギ

鶏皮も持参していたので、ピンクのタコエギに巻いて仕切り直す。

この日は根掛かりは多くなかったが、一応ロスト対策としてホゴオモリの6号を捨て糸を使ってセットする。

今日は安いタコエギを使っているので、それほどロストは恐くないが、それでも三方サルカンとオモリと合わせれば300円以上にはなる。

前回釣行のロスト分を補うため、今日は徹底的にコスト削減だ。

この仕掛けチェンジが功をそうしたのか、しばらくぶりにロッドが曲がる。

 

セカンドヒットは185gのマダコ

セカンドヒットは185gのマダコ

セカンドヒットは185gのマダコだった。

200gに届かないとは思っていたが、今日は他に人がいないので小ダコを計量するのも気楽だ。

OK、OK、悪くない。

納竿予定は19時、時間は17時半だから、まだ半分残っている。

気分的に余裕が持てれば釣果に好影響を与えることもある。

ここへ来て調子が上がって来たのか連続ヒットだ。

 

150g以下の新子ダコ

150g以下の新子ダコ

釣れる度にサイズが下がっていくのが気になるが、次は150g以下の新子のタコだったので計量はなし。

ただお土産には出来るサイズなので、リリースはなしでクーラーボックスにしまう。

連続ヒットともなると、いよいよ時合に突入かと期待したが、そううまくは続かず少し時間が空く。

しかしながら、この日はこれで終わりではなかった。

今度は根掛かりかと思いシャクッっていると、どうもロッドに掛かる負荷が直接的ではなく、若干伸びる感触がある。

ロスト覚悟でバァーンと跳ね上げると、ロッドのしなりに変わった。

重くはないのでサイズは知れたものだが、間違いなくタコだ。

 

4杯目は235gのタコ

4杯目は235gのタコ

4匹目は235gのマダコだった。

根に張り付いたのを剥がしたのに、上げてくると再度エギに巻き付こうとする。

これって鶏皮のパワーなのか、仕掛けが良いのか、時合なのか!?

まだ時間はあるし、もう一度仕掛けを戻してみるか・・・ただし鶏皮に巻き替えて。

たぶん仕掛けは関係なかろうが、もう4杯上がってるので、今後のための実験だ。

ここから、また少し時間は空いたので、時合で一気に来たという感じでは無さそうだ。

それでも、期待に応えてキッチリとタコは乗ってきた。

 

5杯目は265gのタコ

5杯目は265gのタコ

5杯目のマダコは265gだった。

落ち目になっていたサイズも、ここへ来て連続で上向いてきている。

ただこの日は、300gの壁がこんなに高いかと・・・唯一その点については残念だった。

それでも改めて写真を見直してみると、やっぱりタコの吸盤がガッツリと鶏皮の沿って張り付いているようだ。

どうやら、この日は鶏の皮を持参したのが正解だったということなのかもしれない。

この後、おそらく同じ300gに届かない程度のタコがヒットしたが、フッキングされていなかったのか、海面に出るかどうかというところでバラしてしまった。

続ければまだヒットは期待できる状況だったが、予定通り19時を迎えたところで納得の納竿とした。

 

本日の釣果とタックル

本日の釣果(忠岡コンビナート中波止)

本日の釣果(忠岡コンビナート中波止)

【お持ち帰り】

マダコ:5杯(280gまで)

【リリース】

なし

 

今日はマダコ5杯の釣果となりましたが、すべて300g以下とサイズ的には物足りないものでした。

ただし、エギのロストなしというのは珍しく、コスト重視の釣行だったこともあり、その点では納得の釣りになりました。

 

【本日のタックル】

オクトパッシングではタコジグとタコエギのどちらでも使えるコスパの高いベイトリールを使っています(普段はタイラバにも使っています)。

上記のリールは、まだ入荷があるかどうか分かりませんが、人気のアブガルシア (Abu García) ベイトリール ブラックマックス (BLACKMAX)と同等なスペックをもつリールです。

あとラインは安価なPEラインの3号を使いましたが、これもタコジグとタコエギの切り替えを考えてのもので、タコエギなら2号程度でもOK、タコジグだけなら5号がお勧めです。

この日は珍しく1種類のエギしか使いませんでしたが、これまで入手した中で最も安いビッグゲームⅡで、通常の販売価格はおそらく最安クラスのオクトパスタップと同じ価格帯だと思います。

このタイプのタコエギはシンカーが小さく総重量も軽いので、アイの部分に6号程度のナス型オモリ、もしくはホゴオモリを付けるのがお勧めです。

 

今回はリベンジの意味合いもあった忠岡木材コンビナートでのタコ釣り釣行でしたが、3時間6ヒットで5杯ゲットなら結果は上々だと言えるでしょう。

サイズ的には新子の成長を確認できませんでしたが、こればかりは時期的なものと運もあってのことなので致し方なしです。

まあ何よりも前回、価格にして3,000円分ものエギを失った分を、今回はロストなしで終えれたことに満足しているので良い釣行になりました。

今回はエギにエサを巻くという背水の陣で臨みましたが、豚の脂身よりも鶏皮への反応の方が良かったようです。

タコは触手で触れるだけで味が分かると言われているようですが、確かに張り付きの良さを感じます。

まあそれほど手間になることもないし、財布が軽い時はローコストの釣りを楽しむ方が釣果も得やすくなるので賢い選択ですね。

これからマダコの成長が楽しみな時期に入ってきますが、今シーズンはもう一度くらいはオクトパッシングに出られそうかな。

財布に余裕ができれば岸和田一文字に行きたいのですがね。。。

 

タコエギを使ったマダコの釣り方(オクトパッシング)については、当サイトでも詳しく纏めた記事を用意していますので、この釣りにご興味のある方は以下の記事をご覧下さい。

ライトタックルしかお持ちでない初心者さんでも気軽に楽しめますよ。

オクトパス
タコエギを使ったオクトパッシング
タコエギ仕掛けで釣るタコの釣り方【オクトパッシング】

海釣りのタコの釣り方に、タコテンヤやタコジグ、タコエギを使ったオクトパッシングと呼ばれるルアーフィッシングがあります。ここでは防波堤のタコエギを使った釣法について、初心者さんでもできる具体的な仕掛けや釣り方、おすすめのタックルを紹介します。

続きを見る

 

忠岡コンビナートの高場はこの時期は非常に魚影の濃い人気の釣り場ですが、釣り場そのものが圧倒的な広さで釣り座を確保するのに困る事はありません。

海面までの高さはあり釣り難しさはありますが、ファミリーフィッシングを楽しまれる方も多く、一応トイレもあります。

当サイトでも釣り場紹介の記事を用意していますので、この釣り場についてご興味のある方はコチラをどうぞ icon-arrow-circle-down 

釣り場案内
海面までの高さは6mオーバー
【釣り場ガイド】忠岡テラスと高場は魚影濃いが難多し

忠岡町にある『忠岡のテラスと高場』の釣り場ガイドです。ここは海面までの高さが難点で釣り人はほどほどですが、タチウオの時期は大人気の釣り場です。チヌ、ハネ、アジ、サバを中心に、ハマチ、メバル、グレ、サンバソウ、アコウなど大阪近郊では屈指の魚影を誇ります。

続きを見る

 

【関連記事】

 icon-pencil-square-o タコエギ仕掛けで釣るタコの釣り方【オクトパッシング】

 icon-pencil-square-o 【釣り場ガイド】忠岡テラスと高場は魚影濃いが難多し

 icon-check-square-o 忠岡コンビナート高場でタコ釣りも釣果より損失大!

 icon-pencil-square-o タコエギのタコ釣り~貝塚人工島水路から阪南港へ~

 

コチラの人気記事もどうぞ


関連記事も読まれています

海釣りおすすめロッドシリーズ3選

万能磯竿 ダイワ リバティクラブ磯風

信頼のメーカーが送り出す、波止釣りの万能ロッドは、初心者からベテランまで幅広く使用されている人気のロッドです。
軽快な振り調子、汎用ロッド中No.1の持ち軽さ、相反する最高レベルの強度を兼備した通常モデルは、ウキ釣りなどの軽い仕掛けはもちろん、サビキ釣り、カゴ釣りやチョイ投げなど負荷の掛かる仕掛けに至るまで、幅広い強度の釣りに対応可能です。
売れ筋No.1は、もっとも使いやすく汎用性の高い3号4.5mの遠投モデルです。

万能ルアーロッド アブガルシア クロスフィールドXRFS

コンセプトである「様々なフィールド、ターゲット、釣り方を一本のロッドで」をさらに突き詰めた結果、誕生したのがXRFSシリーズの9ft台モデルです。
強固なシーバスロッドでありながら、エギング2.5号~、ワインド1/4oz~の適用範囲となる本ロッドは、まさに万能ルアーロッドと言えます。
実売価格10,000円を切る、このコストパフォーマンスの高さは圧巻です。

ライトSWロッド ダイワ 月下美人

アジング、メバリングの専用ロッドと呼ぶに相応しい、繊細なアタリを食い込ませる機能が、ふんだんに盛り込まれた最先端ロッドです。
食い込み性能に優れたソリッドトップのSモデルと、高速フッキングを可能にするパワフルなチューブラートップのTモデルの2タイプがあります。
おすすめは76UL-Sで極細ソリッドがもたらすフッキング時の食い込みの良さ、キャスト時のシャープな振り調子は、初心者でも扱い易いロッドです。

-岸和田 釣行
-, ,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2020 All Rights Reserved.