和歌山青岸 タコ釣りは撃沈もアコウを釣って面目保つ!

投稿日:2014年10月14日 更新日:

運動会などのイベントが続き、また週末の雨や台風も重なり、長らく釣りはご無沙汰でした。

この日も台風が接近中でしたが、これを気に掛けつつも、強行してきました和歌山の西岸へ!!

台風接近前の釣行だったので、夜中のうちには釣り場へ・・・

『取りあえずは雨は大丈夫だから夜中のうちにタコを、日が出てくればガシラでも釣って帰るか!!』と勝手な意気込みだけは大きい。

 

さあ果たしてその思惑はいかに・・・

 

スポンサーリンク

和歌山青岸 タコ釣りは撃沈もアコウを釣って面目保つ!

【釣 行】

2014年 10月 12日(日) 04:00~10:30

天気:曇り 風少々あり(台風大接近中)

潮 :中潮

 

釣り場に付いたのは、午前4時前。

本来なら3時位には着いている予定だったのだが、途中1時間ほどロスする出来事が発生!!

サインするのに抵抗はしないが、言いたいことは言わせてもらう・・・どうやら30分以上ウダウダ言った模様。

皆さんも彼らのノルマ達成の餌食にならないように、道中はあまり飛ばし過ぎず気を付けて下さいな icon-warning 

 

タコ釣りの章 -釣り始めてわずか15分で撃沈-

タコゆらハンター

タコゆらハンター

急がねば・・・早速仕掛けを!

タコゆらハンター(L)20号相当

そして、この時過ちに気付く。

タコジグが1個しかない・・・

これは慎重を期さねば・・・

根掛かりを恐れるも、それでは釣りにならないので、思い切って底を中心に探っていく・・・

 

ハオコゼゲット

なんでオコゼ!?

コツっコツ!

『ん?なんでコツコツ?』、海藻が糸に触っている訳ではなさそう・・・

思い切って合わせるも「スカッ」

軽い、でもなにかしら抵抗も感じる。

一応上げてみると、ワカメならぬ【ハオコゼ】

仲間と思いタコジグに近づいたか??

 

結果的には、タコ釣りでの釣果はこれが最後。

この後、竿先がぐぅ~っと重くなったので、これは間違いなくタコが乗って来たと思い、有無を言わさず大合わせ「ブチっ!!

『あ~あ、やってしもた。』・・・始めてわずか15分程度、タコも釣れずタコジグ代もタコォついた icon-level-down 

オヤジっぽい言い回しはこの辺りにして・・・

 

アコウの章 - 夜明け間際のアコウ -

タコ釣りが予想以上に早く終了してしまい、夜中の内からテトラの穴釣りにシフトする羽目に・・・

結果的にはこれが功を奏したのかもしれない。

 

ブラクリ仕掛け

ブラクリを使用

夜の穴釣りで根掛かり率も高くなりそうなので、とりあえずはブラクリ仕掛けをセットすることにした。

エサはシラサとアオイソメを準備してきた。

なんか最近穴釣りばっかしてる気がするなぁ…安定重視にシフト!?

 

VIKING ST-44

今日のタックル

先日の記事に書いた古き良きリール【VIKING ST-44】にナイロンの4号を巻いて持ってきた。

穴釣りには贅沢も、『サミングテクで穴釣りでも使いこなして見せるぜ!』なんて勝手に浮かれちゃってます。

釣り始めてすぐに、バックラッシュで一回痛い目にあわされました icon-cut 

先日の記事についてはコチラをどうぞ

 icon-pencil-square-o 【チヌ用リール3種類】古き良き品をどう使いこなす!?

 

西岸のテトラポッド

穴釣り開始

和歌山西岸(白灯波止)のテトラは大型で足場の間隔が広い。

夜のテトラは危険を伴うので、おすすめ出来る場所ではない。

サイズに贅沢は言えないが、まずまず魚影は濃く、穴釣りにはもって来いの場所なので、日が昇っている時にお試しあれ!

 

西岸の夜明け前

青岸深夜の光景

最近はだんだんと日が昇る時間が遅くなってきました。

対岸は新日鐵住金の膨大な工場です。

休日も、夜中でも明かりと火を絶やすことなく、稼働しているのですね。

間もなく空が白み始めます。

狙い時が刻一刻と近づいてきます。

そしてその時は静かにやってきました。

 

コツコツっ』からの『ガガっ!

素早く肘を折りたたみ、鋭く合わせる・・・『ガチンッ』とヒット!!

思っていた以上に引く、楽しもうとすると潜り込まれそうになる。

遊べばバラす恐れも・・・一気に巻き上げ取り込んだ。

 

141012-007

少し小さいが嬉しい獲物【アコウ】

幸先よくアコウでのスタートだ。

『今日は中潮だし、台風接近前の大当たり日か?』と期待が膨らむ。

・・・が、後が続かない・・・ポツポツとカサゴ(ガシラ)は釣れるのだが、なんだか勢いが感じられない。

 

カサゴの章 - 底以外で食わないカサゴ サイズもウ~ム -

141012-008

和歌山西岸の南側向きの風景

そうこうしているうちに、完全に夜が明けた。

台風が接近している割には静かなものだったのだが・・・

こりゃあもうアコウはないか・・・と思わせる光景が・・・ icon-arrow-circle-down 

 

青岸での雨の後の状況

エライ状態

ゴミが邪魔をし、そしてうねりで穴から仕掛けがずれるのに、ずいぶんと悩まされた。

でも、それ以上にヒドイのは濁り。

視界深度10cmもないんじゃないだろうか。

シラサは全く食わず、アオイソメにだけ分があったのはこの為か!?

前日に上流で雨が降ったのだろう。

 

ガシラ

小さな小さなカサゴ

濁りのせいか、浅目狙いはダメで、この日は底以外では全く食わない。

シラサを使わず、アオイソメに絞って釣りをすると、ポツポツとカサゴは上がってくる。

しかし何とも小さい・・・半分以上がリリースサイズだ。

 

西岸白灯の全景

青岸白灯の全景

この日は台風の為か、あまり釣果が良くない為か、釣り人は少ない。

夜はタチウオ組が波止側にずらっと並んだが、釣果は無さげだった

先端まで歩いて様子を見に行くも、午前中に関しては、アジも周っていない模様。
チヌの紀州釣り師が少々いるだけだった。

 

シラサエビ

余ったシラサ

穴釣り用に用意したシラサをほとんど使わず、結構残っちゃってたので、『少しだけ餌撒き釣りでもするか?』とも思ったが、さすがにこれだけじゃあ少ないし、時合はすでに終わってそうだったので、諦めて潔く納竿した。

 

結局、本日の釣果は・・・こんな感じ icon-arrow-circle-down 

141012-013

 

アコウが22cm、カサゴが一番大きいやつで18cm。

これってアコウが釣れていなかったら・・・もしカサゴ(ガシラ)だけだったら・・・

「タコとガシラでも釣って来るわ!」と張り切って出掛けておいて、カサゴ4匹だけ持って帰ったら・・・

まあ、『たら・れば話し』は止めにしよう。

『少し小さいが、一応アコウがいるんだから胸を張って帰ろう』と決意し、釣り場を後にする管理人でした。

 

【関連記事】

 icon-pencil-square-o 【チヌ用リール3種類】古き良き品をどう使いこなす!?

 icon-pencil-square-o 和歌山青岸 マアナゴの穴釣りとタチウオのルアーフィッシング

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-青岸 釣行
-, , ,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 AllRights Reserved.