ガイド通し(糸通し)付きトップカバーは意外な便利グッズ

ロッド(釣り竿)のガイドにライン(道糸)を通す便利グッズに、ガイド通し糸通しと呼ばれる釣具があります。

釣りの現場となる波止では風も吹くので、ラインが思ったようにガイドを通ってくれず、特にマイクロガイドにラインを通す時は一苦労する時があります。

ガイド通しは、そんな釣り人の手助けとなる便利グッズで、目の悪い方の中には使っている方も多いことでしょう。

ルミカ(日本化学発光) レベルワインダー・ガイド通シ グリーン

ガイド通しには様々なタイプの製品があり、ガイド通しだけでなくベイトリールのレベルワインダー通しにも使えるので、安い小物の割に重宝するのですが、一つ大きな難点があります。

それはガイド通しそのものを落としてしまったり、知らないうちに無くしてしまうことです。

上記の製品はカラープラスチックで、マイクロガイドに対応していないぶんある程度の径があるので、まだ無くすリスクは小さいのですが、それでも4本入りというのがその失いやすさを物語っています。

それ以上に、マイクロガイドに対応した製品は、ピアノ線や極細のステンレス製なので、よほど気を付けて使わないと、すぐになくなります。

そんなガイド通しの宿命ですが、振出竿を使う場合には、余計な小物を増やさずに済む利便性の高い道具があります。

それは、ガイド付きの釣り竿には、トップカバーと呼ばれる折りたたんだ釣り竿の先端部分を保護してくれるカバーが付いていますが、これにガイド通しが付属している製品です。

ここでは、このガイド通し(糸通し)付きのトップカバーを使って、ガイド通しの利便性の高さを紹介していきましょう。

 

ガイド通し(糸通し)付きトップカバーは意外な便利グッズ

釣り場に到着し、あなたは逸る気持ちを抑えながら、いざ釣りの仕掛けを始めます。

お気に入りのロッドにリールを取り付け、スピニングリールならベールを外し、ライン(道糸)をフリーにして順次ガイドに糸を通していきます。

通していきます・・・通していきます・・・通して・・・なかなか通りません!!

ラインに癖がついていたり、張りの弱いラインだったり、あるいは冬の寒さで指がかじかんでいる時など、トップに近づけば近づく程、ガイドは小さくなりますので、思ったように作業が進まずヤキモキする時があります。

そもそも歳を取って目が悪くなってくると、ガイドに糸を通すのも一苦労です。

あるいは、通し終えたつもりで仕掛け作りを始め、いざ竿を伸ばそうとした時に糸が通っていないガイドがあることに気付いたり、リングではなくガイドの支えの三角部分に通っていたりして、仕掛けを切って再度作り直すといった経験は誰しもありますよね。

そんなチョンボをなくしてくれる便利グッズが、ここで紹介するガイド通し(糸通し)のトップカバーです。

 

ガイド通し(糸通し)付きのトップカバー

ガイド通し付トップカバーガイド通し付きトップカバー

上記の写真は汎用的な3号の磯竿ですが、トップカバーが付いています。

そして、ガイドの中を細い棒状のものが通った状態で保管されていますが、これがガイド通し(糸通し)と呼ばれるものです。

このガイドカバー付きのトップカバーは、始めからこの釣り竿に付属されていたもので、一昔前はこのタイプのトップカバーが付いているのは磯竿くらいでしたが、最近は磯竿以外でも付いているものが増えました。

 

ガイド通しの先端の穴ガイド通しの先端部分

ガイド通しの先端部分には、このように穴が空けられています。

この穴に道糸を通して、トップカバーを取り外せば、ガイド通しと一緒に道糸が引っ張られていき、道糸もガイドの中を通り抜けていくということです。

それでは実際にトップカバーに付いたガイド通しを使って、ラインをガイドに通してみましょう。

 

ガイド通し付きトップカバーの使い方

道糸を出す

通常通り、まずはリールのベールを外し、道糸をフリーの状態にします。

 

ガイド通しの穴に道糸を通す

ガイド通しの穴に道糸を通しやすくするために、トップカバーを固定するゴムだけ先に取り外し、道糸をガイド通しの先端にある、穴の中へ通します。

20cmから30cmほど折り返す感じで、道糸を通しておきましょう。

因みに、この道糸はナイロンの6号なので、少し太めではありますが、それでも楽に通ります。

 

トップカバーを外す

トップカバーを外して、ガイド通しがトップガイドから出る程度まで引き上げます。

 

ガイドに糸を通す

ガイドが動かないように、トップガイドを軽く指で押さえ、一気にガイド通しを引き抜きます。

 

ガイドにラインが通りました

一瞬の出来事ですが、全てのガイドにラインが一発で通りました。

釣り竿の収納時にガイド通しがガイドを通っていなかった・・・などというボケがない限り、迅速かつ正確に全てのガイドにラインを通せます。

 

この操作は仕掛けを作り始める際に、トップカバーを外す前にラインをガイド通しの穴に通すだけですので、まったく労力も時間も掛かりません。

それでいて、ガイドにラインを通すという面倒な作業から解放されるので、このガイド通し(糸通し)は非常に有用な便利グッズです。

ところが、このガイド通し付きのトップカバー、自分の持っている釣り竿にもついているのに、収納時にガイドを安定させるためについている棒か何かだと思って、実は使い方を知らなかったなどという方が結構多いようです。

実はそんな声を耳にしたことが、今回本記事で糸通し付のトップカバーを紹介するキッカケになっていたりします。

心当たりのある方は、自分のロッドについているトップカバーを一度確かめられてはいかがでしょうか。

ちなみに、このガイド通し付きのトップカバーですが、釣り竿購入時に始めから付いているものだけではなく、別途ガイド関連の有名メーカーから、製品として販売されているものもありますので、2点だけ紹介しておきます。

 

ガイド通し(糸通し)トップカバーのおすすめ製品

磯竿の購入時には必ずトップカバーが付属されていますが、軟弱で頼りないものも多く、場合によってはサイズも合っていないなんてこともあります。

知らないうちにトップカバーが外れて、車内やロッドケースの中で穂先が折れていたなんて事故を経験した方も結構いて、それゆえ個別に販売されているトップカバーを買い直す方も多いと思います。

ロッドの価値に見合ったトップカバーを付けておきたいところですが、その際は是非ともガイド通し付のトップカバーを選択されることをお勧めします。

なお、ガイド通しの有無によらず、トップカバーを選ぶ時は、ロッドの径に応じたものを選ぶ必要があります。

同じ製品のサイズ違いがありますので、トップカバーに付いたゴムの留め具付近の竿の径を測って、適切なものを選びましょう。

 

コチラは磯上物竿用のトップカバーで、かなり凝った造りになっています。

まず、スライダーがベルトの位置まで出てくる仕様になっており、糸通しバーも開くので非常にガイドに差し込みやすい仕様になっています。

ベルトを出す位置も従来品から改良されており、ガイドバーの操作の邪魔をしないように調整されています。

また、海釣りでは釣行後にロッドに付着した塩を洗い流したりしますが、ロッドカバーの上部に穴があけられており、乾燥を早めるだけでなく、保管中の通気性も向上しています。

クイック着脱を可能にした新機構満載のトップカバーなので、価格もそれなりですが、高価なロッドに対して使用するのであれば十分な価値があります。

 

コチラも磯上物竿用のトップカバーですが、汎用性の高い標準クラスのトップカバーです。

トップカバーをセットしていると、時折トップガイドがカバーの最奥に挟まるといったアクシデントが発生します。

本製品は、挟まり防止構造をになってはいますが、それでも万一の際は、L字型ラバーキャップがトップカバーの先に着脱式でセットされているので、これを外せば簡単に解消できるようになっています。

先に紹介したIDTCほどではありませんが、QTCタイプも糸通しバーは開くので、ガイドに差し込みやすい仕様になっています。

ロッドの価値にもよりますが、エントリークラスのロッドの付属製品からの付け替えなら、コチラの製品でも十分に満足いくのではないかと思います。

 

その他にも、ガイド製品で有名な富士工業からは、様々なタイプのトップカバーが販売されています。

トップカバーの持つ機能だけでなく、価格の高い安いを含めて、いろいろとご検討される方はコチラからどうぞ  

  富士工業 トップカバー

詳細サイズまで確認したうえで購入される方向けに、公式サイトへのリンクも貼っておきます  

  富士工業 トップカバー 対応サイズ一覧表

 

実演動画 - ガイドに一発でラインを通す便利道具 【ガイド通し付トップカバー】 -

最後に、ここで紹介したガイド通し付きトップカバーの使い方は、YouTubeの【釣りのネタ帳動画】チャンネルで、実演動画として紹介していますので、宜しければ合わせてご覧下さい  

 

管理人もそうなのですが、だんだん歳を取ってきますと、目も悪くなってきて、指先の細やかな作業も器用さが失われてきます。

これまで指を使ってやってきたガイドの糸通しですが、多少ヨレがあるラインでも一発で通してきたのに、最近は穴を外すことが多くなりました。

ガイド通し付きのトップカバーは意外と便利な釣り道具ですので、特に新しいロッドの購入時などには、トップカバーにガイド通しが付いているかどうかもチェックしておいてはいかがでしょうか。

 

~その他のおすすめ便利グッズ~

 icon-pencil-square-o 【高速リサイクラー】リールのライン巻き替えの人気便利グッズ

 icon-pencil-square-o 釣り針を結ぶ便利グッズ【針結び器】

 icon-pencil-square-o 【釣り用プライヤー】おすすめ便利グッズの種類と使い方

 icon-pencil-square-o チチワ作りの便利グッズ【速攻8の字結び】

 icon-pencil-square-o 波止釣りで使う【竿受け】の種類(タイプ)と利便性(メリット)

 icon-pencil-square-o 海釣り道具で一番の便利アイテムは【水汲みバケツ】では!?

 icon-pencil-square-o サビキ釣りでアミエビをカゴに詰める便利グッズ【すいこみバケツ】

 

コチラの人気記事もどうぞ


関連記事も読まれています

海釣りおすすめロッドシリーズ3選

万能磯竿 ダイワ リバティクラブ磯風

信頼のメーカーが送り出す、波止釣りの万能ロッドは、初心者からベテランまで幅広く使用されている人気のロッドです。
軽快な振り調子、汎用ロッド中No.1の持ち軽さ、相反する最高レベルの強度を兼備した通常モデルは、ウキ釣りなどの軽い仕掛けはもちろん、サビキ釣り、カゴ釣りやチョイ投げなど負荷の掛かる仕掛けに至るまで、幅広い強度の釣りに対応可能です。
売れ筋No.1は、もっとも使いやすく汎用性の高い3号4.5mの遠投モデルです。

シマノ(SHIMANO) モバイルロッド 20 ルアーマチック S86ML-4

大人気シリーズのシマノ(SHIMANO)ルアーマチック待望の新モデルが、コンパクトな仕舞寸法になって帰ってきました。旧モデルを凌駕するパフォーマンスは、発売後間もなくベストセラーの様相を呈しています。シーバス/エギング/ロックフィッシュ/ワインド/ショアジギング/バス/トラウトなど幅広いルアーゲームに対応するオールラウンダーロッドで、他のエントリーモデルを凌ぐ操作性の高さと飛距離を兼ね備えています。実売価格10,000円を切る、このコストパフォーマンスの高さは圧巻だと言えるでしょう。

ライトSWロッド ダイワ 月下美人

アジング、メバリングの専用ロッドと呼ぶに相応しい、繊細なアタリを食い込ませる機能が、ふんだんに盛り込まれた最先端ロッドです。
食い込み性能に優れたソリッドトップのSモデルと、高速フッキングを可能にするパワフルなチューブラートップのTモデルの2タイプがあります。
おすすめは76UL-Sで極細ソリッドがもたらすフッキング時の食い込みの良さ、キャスト時のシャープな振り調子は、初心者でも扱い易いロッドです。

-釣り道具
-, ,

© 2021 釣りのネタ帳