和歌山下津港で紀州釣り、飛ばしサビキ チヌよ来い!!

投稿日:2015年7月1日 更新日:

どうも、ガチろっくんです。

この日は競馬上半期GⅠ総決算の宝塚記念の開催日、勿論管理人は恒例の競馬前夜予想の【ろっくんガチ予想】の記事をアップし、あとは直前気配を見て追加馬券を購入しながらレースを観戦するつもりだった。

しかし何の因果か、GⅠ競馬を観戦するつもりの日に限って、両親から釣りの誘いが入る。

 

この日もウチの若君が両親の家に泊りに行っていたのだが、これが釣りのお誘いの可能性をアップさせるようだ。

用事がない限り断ることもないので、前回釣行時同様に、またまた急いで当日分の馬券を追加購入し、釣行準備を整える。

競馬と釣果の2頭を追うものは・・・にならないよう祈るばかりだったが、結果的に競馬は少しながら勝ちをゲット出来た!!

 

管理人の宝塚記念予想と結果についてはコチラをどうぞ icon-arrow-circle-down 

 icon-pencil-square-o 【宝塚記念】ガチ予想 今日見た夢を明日叶えうよう!!

 

さて余談はこの辺にして、それではこの日の釣行の様子を・・・

 

スポンサーリンク

和歌山下津港で紀州釣り、飛ばしサビキ チヌよ来い!!

【釣 行】

2015年 6月 28日(日) 14:30~18:30

場所:下津港 住友大阪セメント裏

天気:曇り 風強く波高し

潮 :中潮

 

相も変わらずホームの【下津港 住友大阪セメント裏】へ

3週間前に下津へ来た時には、お土産として豆アジを100匹ほど持って帰った。

現在、大阪や和歌山北部での釣果情報だと、イワシや子サバの釣果が多いようだが、比較的豆アジも釣れている。

一部のポイントを除いて、まだまだサイズは期待できないようだが・・・

 

この日は南港南から高速に乗り、一気に海南まで車を飛ばした。

道中お約束の下津の紀の国屋に寄ってエサを購入し、14:00過ぎに釣り場へ到着。

今日の【和歌山下津港 住友大阪セメント裏】はこんな感じ icon-arrow-circle-down 

 

150628-001

下津港(住友大阪セメント裏 港湾側)の様子

 

150628-002

下津港(住友大阪セメント裏 外海側)の様子

いつもながら、この釣り場は閑散としており、管理人の前回釣行時のブログアップも集客という点では、功を奏しなかったようだ。

ただ、この日は風が強く、波も少し高めであったので、それが原因なのかもしれない。

というのも、港湾内の釣りがし易い場所には、数人の釣り客が入っていたのを見たからだ。

 

今日は紀州釣りと飛ばしサビキ釣りのエサを準備!!

今日の釣りだが、管理人は久しぶりに【紀州釣り】でチヌを狙うことにした。

両親とウチの若君は前回に続き、【飛ばしサビキ釣り】で豆アジ狙いの、オマケ針仕掛けのようだ。

 

150628-003

紀州釣りで使う予定のエサ

前回釣行時のオキアミ(Gクリル)が残っていたので、これを紀州釣りに使うつもりで持参した。

あと冷凍ボケ(サイズバラバラ)を購入したが、これはエサ取りが多かったり、食いが渋いことを想定して準備した。

大粒アミエビについては、メインは飛ばしサビキのオマケ針用に購入したものだ。

そしてヌカは時間もそれほど無いので、アミ入りのものを1袋だけ購入し、これに飛ばしサビキで使用するアミエビを追加で配合した。

 

150628-004

飛ばしサビキで使うアミエビ

 

150628-005

アミエビ拡大写真

何度か記事に書いているが、紀の国屋のアミエビはなかなか質が良い。

拡大写真も一緒に載せたが、エビの形状、粒の揃いも良好で、プロテアーゼ阻害剤も良く効いているので、変色しにくい。

 

この日のエサの価格はこんな感じ

  • 冷凍ボケ 270円
  • 大粒アミエビ 280円
  • チヌヌカ 515円
  • アミエビ大 620円
  • オキアミ(持参) 330円

紀の国屋のエサは、全体的にリーズナブルで、個人的には気に入っている。

 

若君は釣り場に着くなり【妖怪ウォッチ2】を開始!!

妖怪ウォッチ2を始める若君

いきなり妖怪ウォッチ2を始める若君

ウチの若君は前回同様、釣果が出始めてから参戦すると言って、釣り場に着くなり自分だけシートを敷いて、いきなり妖怪ウォッチ2をやり始めた。

まあ注意散漫なところがあり、ほっておくと危なかしいので、ゲームでもして大人しくしていてくれる方が安心は出来る。

家にいると奥方様からゲームの時間を制限されるので、きっと『釣りに行きたい』と言って一緒に来ても、半分以上はゲームをするのが目的なのだろう。

因みに若君は後に少しだけ、お袋様と一緒に釣りを楽しむのだが、残念ながらこの日の釣果は、フグを2匹と豆アジを数匹ゲットするだけに終わった。

 

管理人は紀州釣り、両親は飛ばしサビキ(投げサビキ)で釣り開始!!

よくあるケースだが、今日の両親は桟橋右側の際に近いところで、二人並んで飛ばしサビキを開始した。

 

親父殿の初ヒットは子サバ【初ヒットは親父殿】

波止より30mほど投げた場所で、まずは親父殿が3投目くらいで初ヒット。

少し引きがあるとの事だったので、一体何だろうと期待をしたのだが、上がってきたのは・・・

 

子サバ

【残念ながら子サバ】

上がってきたのは残念ながら子サバだった。

ただし、3週間前に来た時よりはかなり成長しているようだ。

親父殿はこの後もサバを立て続けに釣り上げ、一日中コイツに苦しめられる羽目に陥った。

この日豆アジの群れは小さく、ポツリポツリと上がるだけだった。

 

150628-009

管理人の今日の釣り座は桟橋右側

親父殿がサバと戯れている間に、管理人も配合ヌカを練り上げ、仕掛けを終えてようやく釣り座を構えた。

さあ紀州釣り開始!!って・・・もうすぐ15時なんですけど。

 

ミニチャリコ

【管理人初ヒットはミニチャリコ】

まずはオキアミエサを使って紀州釣りを開始したが、しばらくしてもエサは残ってくる。

小一時間ほどしてエサを冷凍ボケに変更・・・するとようやくこの日の初ヒットがチャリコ・・・って小さい。

 

イソベラ

【今度はイソベラ】

その後も冷凍ボケを使うと、エサ取りの食いが予想に反して旺盛で、フグやベラが立て続けに上がってきた。

ただし、ベラは写真サイズの15cm程度のものが多く、サイズの良いものは釣れなかった。

冷凍ボケを使うことで、アタリが増えただけでなく、針掛かりも良くなったので、この後は冷凍ボケの一択で勝負することにした。

 

両親、管理人ともに釣果をゲットし始め、最後の最後にようやくチヌがお目見え!!

 

豆アジダブルヒットのお袋様

【お袋様のダブルヒット】

親父殿と同じようにこの日はお袋様も相当サバに悩まされた。

そして、スズメダイ(オセン)とのダブルヒットの片割れに待ちに待った可愛らしいあの子が・・・

 

豆アジ

【待ちに待った待望の豆アジ】

どうやら今日も豆アジはいるようだ。

しかもサバと同じように、3週前に較べるとそこそこ成長しているようだ。

しかしながら、どうにもアタリが続かない。

ポツリポツリとは釣れ出したのだが、爆釣の気配がない。

群れも小さいのだろうが、小サバの邪魔も悪影響を及ぼしたのだろう。

この後も、両親の飛ばしサビキは特に見せ場もなく、豆アジを少しづつ確保していくのみだった。

 

ここからは、管理人の紀州釣りの釣果に移っていこう。

この日は水深5ヒロ程度の場所で釣っていたが、波が荒く潮も動いていたので、ハワセを1.5m近くとっており、合計6ヒロで紀州釣りをしていた。

それでも全体的にウキにはしっかりとしたアタリが多く出たので、魚の活性は低くなかったように思う。

 

150628-014

【まずまずのサイズのカサゴ(ガシラ)】

夕方になり、ようやくウキを押さえ込むようなアタリが出て、一瞬チヌを予感させたが、上がってきたのは良型のガッシーだった。

ベラやフグが多く当たったので、エサの浮き上がりを心配していたが、「どうやらエサはちゃんと底を這っていてくれているようだ」と安心した矢先に・・・

 

150628-015

【まずまずのサイズの木っ端グレ】

次はうって変わって、ウキが消し込んだ!!

上がってきたのは、これまた良型の木っ端グレ・・・というか、良型の木っ端というのは変な言い回しか・・・

 

ただ、この時期この場所では、なかなか20cmオーバーの木っ端グレは釣れないから、納得の釣果なのだ。

まあ前回ヌカ切りで狙って釣った時もブログに書いたが、グレは大きくても小さくても全てリリースなんだけどね。

グレが上がったことで、また少しエサの浮き上がりが気になったが、付けエサはボケだしちゃんと這ってくれていると信じて、このままの棚で続けることにした。

 

この後、またベラやフグが邪魔をしてきたが、中途半端にエサが残る頻度が上がってきた。

そして感覚的にチヌの存在を思わせる状況が続き、アタリっぽいのも出て期待は高まるが、もうダンゴがない。

両親は釣りを終えた様子だが、管理人はなかなか納竿の踏ん切りが付かない。

『次ラスト』の言葉を3回ほど続け、もうダンゴも終わり、ホントのラスト1投になった時に、ドラマティックな展開が!!

 

ラスト一投でチヌゲット【やはり寄っていた待望のチヌ】

寝ウキが弧を描き、立ち上がった状態を一瞬保ち、綺麗に海中へ引き込まれた。

掛けた瞬間は軽い手応えだったが、引いてくる途中に締め込んだので、チヌだと確信できた。

 

残念ながらサイズは小さかったので、すぐに浮き上がり、タマを使うことなく引き抜いたので、やり取りを楽しむ時間はほとんど無かったのだが・・・

今日一の釣果だし、待ってくれていた若君にチヌを持たせて撮影を行う。

何はともあれ、しつこく粘った甲斐あって、気持ち良く納竿することが出来て良かった。

 

150628-017

【豆アジは前回釣行時より少しばかりサイズアップ】

両親と若君がゲットした豆アジについては、家に着いてから撮影した。

大した数にはならなかったが、ポツリポツリでも一食分は釣れていたようだ。

 

チヌとガシラの調理

【チヌとガシラの調理】

 

チヌとガシラの煮つけ

【チヌとガシラの煮付け】

豆アジ以外にチヌとガシラを持って帰ったが、こちらは翌日煮付けにして食べた。

まあこの時期のチヌなので、大袈裟に美味しいとは言えないが、臭みも無く普通の煮魚として食べられたので良しとしよう。

 

【本日の釣果】

チヌ(クロダイ):1匹(26cm)

ガシラ(カサゴ):1匹(20cm)

グレ:1匹(20cm)

豆アジ:39匹(5cm~9cm)

子サバ:30匹(8cm~12cm)

スズメダイ:5匹(10cm程度)

イソベラ:5匹(12cm~15cm)

フグ:5匹(10cm程度)

 

この日の釣り場の状況は決して良いものでは無かったと思うが、なんとか無事に釣果は確保できた。

サイズを考えると物足りなさはあるが、エサ取りも含めて五目釣りは達成し、終始アタリやヒットが有ったので、十分楽しめた釣行になりました。

ではまた・・・

 

【この場所での釣行記録】

 icon-pencil-square-o 和歌山北部へカゴ釣りに ~結局は下津か~【1/2】(2014年9月15日)

icon-pencil-square-o 和歌山北部へカゴ釣りに ~結局は下津か~【2/2】(2014年9月15日)

icon-pencil-square-o 和歌山下津港 カゴ釣り・サビキ・紀州釣りで五目釣り(2014年11月24日)

icon-pencil-square-o 【初釣り】和歌山下津港は釣り人を寄せ付けない!?(2015年1月18日)

icon-pencil-square-o 和歌山下津港の釣り ヌカ切り釣果【ガチろっくん編】(2015年6月7日)

icon-pencil-square-o 和歌山下津港の釣り ウキサビキ釣果【両親・若君編】(2015年6月7日)

icon-pencil-square-o 和歌山下津港 親父殿とのチヌ紀州釣り対決 軍配は!?(2015年7月12日)

この釣り場での釣行記録は、上記の他にもたくさんありますので、ご興味のある方はコチラをどうぞ

 icon-caret-square-o-right 「 下津港 釣行 」 一覧

 

A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




A釣りネタPC記事下ダブル-336-280-default

スポンサーリンク




その他の人気コンテンツ

コチラの関連記事も読まれています

-下津港 釣行
-, , , ,

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2017 AllRights Reserved.