「 初心者さん 」 一覧

環境によって発生する潮

海釣りで魚が釣れない赤潮(夜光虫)・青潮(苦潮)・水潮

海釣りで、魚の活性と釣果に影響を及ぼす要因に潮(潮汐)があります。大潮、中潮、小潮、長潮、若潮の5つの潮ですが、他にも赤潮(夜光虫)や青潮(苦潮)、そして水潮と呼ばれる海の状況を表す潮があります。ここでは、釣果に悪影響を及ぼすこれらの潮について紹介します。

ラインとリーダーの結び方【オルブライトノット】

PEラインとショックリーダーの結びで、【オルブライトノット】と呼ばれる結び方を紹介します。結びに慣れない初心者さんや、ライトゲームを楽しむルアーマンには、簡単で速く結べるこの方法はお勧めです。現場でラインとリーダーを結び直す時などにも重宝します。

海釣りエサの種類と使い方~初心者さん必見!!~

海釣りで使う釣りエサの中で、初心者からベテランまで最も汎用的に使われている人気の釣りエサがあります。波止釣りの基本とも言えるエサで、初心者さんの場合、まずはこれらの釣りエサの種類と、釣り方に合わせた使い方や付け方を覚えるのがおすすめです。

海釣りの万能虫エサ 青イソメ(青虫)の付け方

虫エサの青イソメ(青虫)は、釣り方や対象魚を選ばない最も汎用的な釣りエサです。ここでは、青イソメの付け方(刺し方)で、通し刺し、チョン掛け、縫い刺し、房掛けの4種類の方法を紹介します。初心者さんやゴカイ系に弱い女性の方も、是非一度ご覧下さい。

釣りネタPC/SPインフィード

タコジグ仕掛けを使ったタコの釣り方【オクトパッシング】

海釣りにおけるタコ釣りの方法の一つに、タコジグを使ったオクトパッシングと呼ばれるルアーフィッシングがあります。初心者さんでも手軽に防波堤でタコが釣れる釣法です。ここでは、タコジグの具体的な仕掛けや釣り方、そしておすすめのタックルを紹介します。

タコエギを使ったオクトパッシング

タコエギ仕掛けで釣るタコの釣り方【オクトパッシング】

海釣りのタコの釣り方に、タコテンヤやタコジグ、タコエギを使ったオクトパッシングと呼ばれるルアーフィッシングがあります。ここでは防波堤のタコエギを使った釣法について、初心者さんでもできる具体的な仕掛けや釣り方、おすすめのタックルを紹介します。

魚の釣れる時期と旬

波止釣りで釣れる魚の時期と旬

海釣りをする上で、魚種ごとに釣れる時期と旬があることを知るのは重要です。ここでは、波止釣りで良く釣れる魚の中から、アジ、サバ、イワシ、カサゴ(ガシラ)、メバル、アイナメ、チヌ(クロダイ)、グレ(メジナ)、カレイ、キス、アオリイカ、タコ、タチウオ、スズキ(ハネ)、アイゴ、カワハギの釣れる月と旬の月を一覧表で紹介します。

波止の際釣り -胴突き仕掛けで挑む五目釣り-

海釣りの防波堤(波止)で行う人気の高い釣法の一つに、五目釣りが楽しめる胴突き仕掛けを使った釣りがあります。その中でも、様々な魚を狙える際釣りと呼ばれる釣り方について紹介します。主なターゲットはメバル、カサゴ、アイナメなどのロックフィッシュと、チヌやセイゴ、カワハギなど人気の魚が盛りだくさんの釣法です。

ウキ釣りで使うオモリ

ウキ釣りで使うオモリの種類と基準(重さ)

釣りで使うオモリの重さの基準については、統一された基準がありません。特にウキ釣りでは、一般的な号数表示のオモリを含め、ガン玉(ジンタン)や割ビシ(カミツブシ)など、独自の重さの基準を持ったオモリが使用されます。ここではウキ釣りで使うオモリの種類や使い方、そして、それぞれの重さの基準について紹介します。

釣りネタPC/SPインフィード

投げサビキのメリット

アジの投げサビキ釣り 仕掛けの種類と効果的な使用条件

防波堤(波止)に回遊・接岸してくる青魚(アジ、サバ、イワシ)を狙うサビキ釣りは、初心者さんやファミリーフィッシングに最も向いた釣りといえます。サビキ釣りには投げサビキ(飛ばしサビキ)と呼ばれるものもあり、諸々の条件次第ではコチラの釣法の方が効果的です。ここでは、投げサビキの仕掛けや効果的な使用条件について紹介します。

伊勢尼針

海釣りで良く使われる釣り針の種類(基本形状)

釣り針は、チモトの形状、胴の長さ、腰曲げや先曲げの角度、フトコロの広さ、針先の形状やカエシの有無、重さや色など様々な要素で構成されています。人気の魚種に対しては、専用の釣り針が販売されており、釣り針の特徴と特性を、あまり知る機会はないでしょう。ただ、実はこの釣り針の種類は、元をたどれば5種類の形状に集約されます。

カーボンロッド銀狼王芽

釣り竿の種類でカーボンロッドを取り扱う時に注意すべきこと

現在の釣り竿の種類の中心は、カーボンロッドです。カーボンロッドは、軽量で非常に感度が良く、弾性率に富んだ釣り竿です。ここでは、始めにカーボンロッドの特徴を簡単に説明します。それを踏まえた上で、カーボンロッドを取り扱う際に、破損や折れ、感電や怪我などを招かないように、どのような事に注意すれば良いのかを紹介します。

遊動仕掛けで使用するウキ止めの種類

誘導ウキ釣り仕掛けに必要なウキ止めの種類(タイプ)

海でウキ釣りをする際には、誘導仕掛けといって、道糸(ライン)上をウキが自由に移動できる仕掛けを使用します。この時、ウキの移動を止めるストッパーの役割を持つ釣り具を【ウキ止め】と言います。ここでは、取り付けタイプ、素材(ゴム・糸)、カラー、形状、サイズなど、様々な要素を含むウキ止めの種類について、詳しく紹介します。

釣り針の基本知識

釣り針の特徴と特性に対して身に付けておきたい基本知識

釣り針の種類は多種多様で、長年の試行錯誤の結果、ターゲットに合わせた形状で開発されています。もちろん対象魚を選ばない汎用性の高い釣り針もありますが、知れば知るほど釣り針の奥深さを感じ、自身の選択基準についても幅が拡がります。ここでは、そんな釣り針の、形、大きさ(号数)、色などに対する基本的な知識について紹介します。

釣りネタPC/SPインフィード

吸い込みバケツは便利グッズ

サビキ釣りでアミエビをカゴに詰める便利グッズ【すいこみバケツ】

サビキ釣りはファミリーフィッシングの代表格ですが、初心者でもアジ、サバ、イワシなどの青魚をお手軽にゲット出来る人気の釣法です。 この釣りでは撒きエサにアミエビを使用しますが、独特の匂いとベタ付きで少々使い辛い面も・・・ここで【すいこみバケツ】なる便利アイテムを使用すれば、問題は解消し、効率的な釣りが満喫できます。

投げ釣り仕掛けの一例

基本的な釣り糸の結びの種類を知る【投げ釣り仕掛け編】

釣り入門時から必要とされるテクニックで、釣り糸の結び方の種類に焦点を当てました。今回はカレイやキスなどの底物狙いで人気の高い『投げ釣り仕掛け』を作る際に発生する糸の結びの種類を紹介します。ここで紹介する方法は、手軽で汎用性が高く、初心者・上級者を問わず、多くの人が使っている方法なので、ぜひマスターしておきましょう。

胴突き仕掛けの一例

基本的な釣り糸の結びの種類を知る【胴突き仕掛け編】

釣り入門時から必要とされる釣り糸の結びについて紹介します。特に今回はロックフィッシュ(根魚)を釣るのによく使う『胴突き仕掛け』を作る際の糸の結びの種類です。ここで紹介する結び方は、手軽で汎用性が高く、釣りの初心者・上級者を問わず、多くの人が使っている方法です。基本となるこの結び方を、ぜひともマスターしておきましょう。

2本ヨリの作り方

2本ヨリ(2本撚り糸)の作り方

投げ釣りでよく使う撚り糸の作り方を紹介します。2本ヨリの特徴は、ヨリを入れた糸の部分に張りができ、モトスに張りを持たせることで仕掛けの絡みを防止できます。また、2本ヨリ部分を【砂ずり】と呼ぶように、砂利やテンビンとのスレをガードし、仕掛けの痛みも防ぎます。投げ釣りで有用な基本テクニックなので、ぜひマスターしましょう。

ハリスチチワの結び方

ハリスにチチワを作る方法【8の字結び(エイトノット)】

ハリスに8の字結び(エイトノット)でチチワを作る方法を紹介します。チチワを出せれば、釣り糸と釣り糸の結びでチチワ同士の連結が可能となり、サルカン(スイベル)のような環のものにも、手軽に連結させることが出来ます。投げ釣りのように、針の交換を頻繁に行う仕掛けに役立つ基本テクニックなので、ぜひマスターしておきましょう。

釣りネタPC/SPインフィード

モトスチチワの結び方

モトスにチチワを作る方法

モトスにチチワを作る最も簡単で一般的な方法を紹介します。モトスにチチワを出せるようになれば、好きな位置に枝針を出せます。特に投げ釣りで重宝されますが、根掛かりやフグによって釣り針を失った場合に、同じ位置に簡単に仕掛け直すことが出来ます。釣り糸の結びに関する基本テクニックの一つなので、ぜひマスターしておきましょう。

Copyright© 釣りのネタ帳 , 2018 All Rights Reserved.